« 青梅と五日市の茅葺屋根をみる | トップページ | 大磯あたりの茅葺屋根をみる »

2014年1月18日 (土)

埼玉県の最南端をみる

6:20起床。思いっきりドンヨリした曇り空です。曇っているのでそんなに冷えてはいませんがこのあと気温の上昇が鈍いでしょう。始動するのに時間がかかります。窓を開けると北の空は青空となっているので北上するコースを取ります。
Map20140118 今日のコース
埼玉県の最南端をみた後と所沢市の古民家を訪問。






9:30出発。多摩川CR~都19~都12~都12~ひばりが丘~埼玉県の最南端の地
Map201401181 埼玉県最南端の地あたり
埼玉県の最南端は新座市栗原5丁目にあります。西武池袋線のひばりヶ丘駅北口から北東へ直線で240mの位置です。





P50_20140118_105442 埼玉県最南端の地
その場所はフェンスとブロックの交差する場所でした。自転車のある場所は東京都西東京市ひばりが丘3丁目。フェンスの向こう側は埼玉県側新座市栗原5丁目で病院の建物。フェンスとブロック塀が交わるコーナーが埼玉県の最南端の場所になります。その先県境は白い塀沿いに直角に曲がり奥に延びています。


P50_20140118_110310 埼玉県最南端の地
回り込んで上の写真で右手茶色に見えている塀の反対側に来ました。こちらも塀で覆われていて最南端の地に”立つ”ことは出来ませんでした。記念の碑でも建てておけば良いのになぁ。




~県36~市道~志木街道~清瀬のうどん屋休憩
P50_20140118_113329 武蔵野うどん
清瀬あたりまで来たので武蔵野うどんを食べていきます。志木街道近くの「桂(かつら)」といううどん屋に入りました。注文はもりうどん。かなりコシの強いうどんでカツオだしの醤油ベースのたれにつけて食べます。ウマイ。



~県40~小金井街道~所沢~R463バイパス~小野家住宅
P50_20140118_125118 小野家住宅
所沢市林2丁目にある茅葺民家です。18世紀始め頃の築で国の重要文化財に指定されています。垣根の先に柿木があり、敷地内はお茶の木が植え込まれています。昔の雰囲気が残されています。



~農道~県8~県179~青梅街道~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで16:10帰宅。
走行時間:5h14m、距離:115.1km、AV.21.9km/h

|

« 青梅と五日市の茅葺屋根をみる | トップページ | 大磯あたりの茅葺屋根をみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/58967499

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県の最南端をみる:

« 青梅と五日市の茅葺屋根をみる | トップページ | 大磯あたりの茅葺屋根をみる »