« 羽村まで行けず | トップページ | 神奈川の最東端に行く »

2014年2月22日 (土)

曽我の梅を目指したけど羽村に着いたこと

6:00起床。キレの悪い雲がかかりどんよりしています。予報ではこの後晴れてくるようなので気にしないで出発準備。2月に入ってから週末に風邪をひいたり大雪豪雪を繰り返すうちにもう最後の週末。今日は距離を稼ぐため小田原曽我の梅園に梅の花見走行を企画。
Map20140222_02今日のコース
2月初めには出来上がっていた確定申告書を税務署に提出するタイミングが延び延びだったのでまずはこの用事を済ませてから(税務署のポストに投函するだけ)雪の無い湘南を目指して出発しました。しかし結果的には前回未達の羽村の堰リベンジとなりました。


7:00出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR
P50_20140222_081723忠生あたり
多摩水道橋から津久井道を西へ進んでいくと少なかった残雪の量が次第に増え始め、町田市内の都57に入ると路肩に除雪されて積みあがった雪の壁が続くようになりました。わずかしか離れていませんが全然雪の量が違います。また、雪の解けた道路の端はチェーンで削られた路面の砂が除雪時に雪と一緒に道路脇に積み上げられ、雪の消えた後に砂の層が残され結構スリッピーです。

P50_20140222_082414境川CRが~
車の巻き上げるホコリに苦しめながらようやく境川に到着。ここから江の島に向けての走行のはずだったのですがいきなり雪のシングルトラックでビビってしまい小田原梅まつりはキャンセルとなりました。予想外の展開でした。



~尾根道~都158~都503~多摩ニュータウン通り~野猿街道~野猿峠~北野あたり~浅川CR~多摩川右岸CR~都169~都69~多摩大橋~多摩川CR~羽村
P50_20140222_084251_2尾根緑道が~
境川CRから尾根緑道に向かいましたがCRよりも標高が高く日陰の多い緑道はご覧の通り。白いから雪のようですがガリガリの氷です。もちろんここからも撤退。せっかく気合を入れて早出してきたのにこのまま家に戻るのは不完全燃焼。頭に浮かんだ目的地は羽村の堰


八王子市や日野市にあるビニールハウスも所々雪により圧壊している姿が見受けられました。被害に遭われた方々は本当に大変だと思います。
P50_20140222_105148福生の五日市線沿い
う~ん、デジャブです。11日と景色が変わっていないではないですか。踏まれていない場所の積雪は30cm以上あります。前回は小雪の舞う極寒の天気だったので戦闘意欲を失ってここから撤退しましたが、今日は晴天、迂回すれば道は開けています。気持ちを切り替えて前進です。


P50_20140222_110945羽村堰
CR上はクリアでしたが河川敷は雪に覆われていました。堰の下流には市内の雪捨て場になっていて、トラックが運んできた雪を重機で積み上げていました。雪国の風景ですな。ここから先に進んでも状況は悪くなる一方でしょうから早いですが帰途につきます。


11:10羽村折り返し~多摩川CRで13:10帰宅。
今日も自転車は泥水のハネでドロドロでした。帰宅後遅い昼食を食べ、軽い昼寝をし、自転車掃除、チェーンメンテ後16:00多摩水道橋~多摩河原橋2周回して17:00帰宅。
走行時間:6h26m、距離:134.6km、AV.20.9km/h

|

« 羽村まで行けず | トップページ | 神奈川の最東端に行く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/59179744

この記事へのトラックバック一覧です: 曽我の梅を目指したけど羽村に着いたこと:

« 羽村まで行けず | トップページ | 神奈川の最東端に行く »