« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

カラダ測定2014/02/04

2014/02/04に受けた人間ドックの結果が届きました。カッコ内は2012/12/21の値。
①体重               :64.7kg     (64.9kg)
②身長               :174.8cm  (175.7cm)
③BMI                :21.2        (21.0)
④視力(左-右)    :0.3-0.4    (0.5-0.5)

今回、受診した病院が変わったため身長が1cm縮みました。
視力は悪くなる一方です。自転車走行に度入りのサングラスが必要かもしれません。
受診した日は休暇を取って自転車で病院へ行く予定だったのに、この時も朝からミゾレが降る天気で自転車は断念しました。2月は10日間も休日があったのに自転車で走れたのはたった3日だけでした。最後の週末は2日続けて走れたわけですが、あれだけの走行で今日は足が張っていました。だいぶ弱っちくなってしまったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

神奈川の最東端に行く

6:00起床。曇っています。昨日の朝よりどんよりしています。やる気を無くさせるようなどんより感です。ガッカリです。でも雲のおかげで気温は0度まで下がっていないようなのでのろのろと出発準備をします。
Map20140223今日のコース
昨日の曽我の梅リベンジで臨みましたが起きた時の曇り空でやる気をなくし中止決定。神奈川の東の極地訪問に切り替えです。




8:00出発。多摩川CR~多摩河原橋~多摩川右岸CR~R409~浮島町公園
P50_20140223_095657R1とR15間の川崎側多摩川土手上
川崎市側の多摩川CRはR1で途切れます。そこから下流方向は15年前くらいに1回走ってダートだったのでそれ以来近づかなかったのですが、21世紀に入って14年経過して時代は変化したし様子を見に行ってみました。確かにリバーサイドには立派なマンションが林立するようになりました。しかしその足元の堤防上はず~っと石ころのダート道でした。川崎市はCRに整備する気は無いのでしょうか。空は相変わらずのどんよりで、写真を撮っている時小雪がちらついていました。ダート道をのろのろと走っていたので体がすっかり冷えてしまいました。
R15の下流側に進んでも堤防上はダート道。味の素工場裏からは舗装路のCRが復活するのですが堤防工事で河川敷内のダート迂回路を走らされます。結局R15の下流側CRに出るまでマトモな道は無いのでした。
Map201402231神奈川の東端あたり
神奈川県の最東端の地は川崎市川崎区浮島にあります。地図上の最東端は浮島JCT敷地内のためその地に立つことはできません。一般人がたどり着けるのは浮島釣り園の一番奥のポイントです。



P50_20140223_104328神奈川の最東端(自転車で行ける)
自転車では浮島町公園まで行けます。今日は北風なので羽田空港のA滑走路に低空で進入する航空機がよく見えました。





P50_20140223_110017神奈川の最東端(歩いて行ける)
浮島釣り公園から浮島JCT沿いに釣り公園があります。その一番奥が到達できる最東端です。JCTの最東端から経度で20秒ほど西になります。千葉県の富津岬や館山の洲崎、野田市の関宿よりも東になります。



浮島釣り公園で歩きまわっていると羽田空港を超えて吹いてくる冷たい風に体をすっかり冷やされてしまい戦闘意欲を失いました。ちっとも日が差さないし楽しくないので早いですが帰途につきます。
浮島町公園~R409~多摩川右岸CR~大師橋~多摩川左岸CR~丸子橋~多摩川右岸CR~多摩河原橋まで周回して14:20帰宅。
14時を過ぎてやっと晴れてきましたがいまさら遅いのじゃ。走行距離1000km以上を目標とした2月は結局330kmちょっとという惨憺たる結果に終わりました。
走行時間:5h04m、距離:100.2km、AV.19.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

曽我の梅を目指したけど羽村に着いたこと

6:00起床。キレの悪い雲がかかりどんよりしています。予報ではこの後晴れてくるようなので気にしないで出発準備。2月に入ってから週末に風邪をひいたり大雪豪雪を繰り返すうちにもう最後の週末。今日は距離を稼ぐため小田原曽我の梅園に梅の花見走行を企画。
Map20140222_02今日のコース
2月初めには出来上がっていた確定申告書を税務署に提出するタイミングが延び延びだったのでまずはこの用事を済ませてから(税務署のポストに投函するだけ)雪の無い湘南を目指して出発しました。しかし結果的には前回未達の羽村の堰リベンジとなりました。


7:00出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR
P50_20140222_081723忠生あたり
多摩水道橋から津久井道を西へ進んでいくと少なかった残雪の量が次第に増え始め、町田市内の都57に入ると路肩に除雪されて積みあがった雪の壁が続くようになりました。わずかしか離れていませんが全然雪の量が違います。また、雪の解けた道路の端はチェーンで削られた路面の砂が除雪時に雪と一緒に道路脇に積み上げられ、雪の消えた後に砂の層が残され結構スリッピーです。

P50_20140222_082414境川CRが~
車の巻き上げるホコリに苦しめながらようやく境川に到着。ここから江の島に向けての走行のはずだったのですがいきなり雪のシングルトラックでビビってしまい小田原梅まつりはキャンセルとなりました。予想外の展開でした。



~尾根道~都158~都503~多摩ニュータウン通り~野猿街道~野猿峠~北野あたり~浅川CR~多摩川右岸CR~都169~都69~多摩大橋~多摩川CR~羽村
P50_20140222_084251_2尾根緑道が~
境川CRから尾根緑道に向かいましたがCRよりも標高が高く日陰の多い緑道はご覧の通り。白いから雪のようですがガリガリの氷です。もちろんここからも撤退。せっかく気合を入れて早出してきたのにこのまま家に戻るのは不完全燃焼。頭に浮かんだ目的地は羽村の堰


八王子市や日野市にあるビニールハウスも所々雪により圧壊している姿が見受けられました。被害に遭われた方々は本当に大変だと思います。
P50_20140222_105148福生の五日市線沿い
う~ん、デジャブです。11日と景色が変わっていないではないですか。踏まれていない場所の積雪は30cm以上あります。前回は小雪の舞う極寒の天気だったので戦闘意欲を失ってここから撤退しましたが、今日は晴天、迂回すれば道は開けています。気持ちを切り替えて前進です。


P50_20140222_110945羽村堰
CR上はクリアでしたが河川敷は雪に覆われていました。堰の下流には市内の雪捨て場になっていて、トラックが運んできた雪を重機で積み上げていました。雪国の風景ですな。ここから先に進んでも状況は悪くなる一方でしょうから早いですが帰途につきます。


11:10羽村折り返し~多摩川CRで13:10帰宅。
今日も自転車は泥水のハネでドロドロでした。帰宅後遅い昼食を食べ、軽い昼寝をし、自転車掃除、チェーンメンテ後16:00多摩水道橋~多摩河原橋2周回して17:00帰宅。
走行時間:6h26m、距離:134.6km、AV.20.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

羽村まで行けず

6:30起床。どんより憂鬱に曇っています。氷点下の冷え込みではありませんが冷たい北風が吹いています。1月の寒さは晴れて放射冷却の寒さですが日中は日差したっぷりなので我慢出来ます。2月3月の寒さは厳しい冷え込みの寒さではなく、日差しの無い寒さなので嫌いです。レーダーを見ると南海上から千葉方面にエコーがかかり北東進。千葉アメダスの積雪深の値が上昇しているので真面目な雪が降っているようです。近所では路面の雪もなくなってきたので多摩川CRで羽村往復くらいはできるであろうと思い出かけることにします。
7:30出発。多摩川CR~福生のJR五日市線鉄橋付近で折り返し~多摩川CR~是政橋~稲城~中野島~多摩川CR~多摩水道橋~多摩河原橋を周回して12:10帰宅。
P50_20140211_090500多摩大橋あたり
国立の中央高速下までは順調でしたがその先からはCR上にも雪が残る状態となっていきました。ペースを落とすとたちどころに寒さが染みてきます。
多摩大橋の日野市側河川敷は林になっていましたが、久しぶりに来てみるとすっかり切り開かれて見通しが良くなっていました。川霧が湧いたときなど良い雰囲気だったのにちょっと残念です。

P50_20140211_093417福生の五日市線沿い
昭島あたりから確実に残雪の量が多くなってきました。R16から先のCRはもう使えません。幹線道路は乾いているのですが路肩に残雪があり道幅が狭くなっているので避けて一本裏道に入るともういけません。徐行の繰り返しで体は冷え切り走る熱意も冷めてしまいました。今日はここで撤退です。


P50_20140211_094638福生南公園
多摩川CRが通過する福生南公園は雪に埋まったままでした。おまけに空からは雪が舞い落ちてくる始末。早く夏になれ!





P50_20140211_122421ドロドロ
雪が降った後の道路ってなぜか埃っぽいんですよね。チェーン走行により路面が削られるためでしょうか。帰宅してみると自転車のフレームは泥水のハネでドロドロでした。久しぶりの走行だったのにあまり楽しくなかったなぁ。
今回の大雪は都心部は別として西部郊外では記録的なものであったようです。しばらく峠は無理そうです。

走行時間:4h00m、距離:78.8km、AV.19.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »