« 相模川河畔の茅葺屋根をみる | トップページ | 曽我の梅を目指したけど羽村に着いたこと »

2014年2月11日 (火)

羽村まで行けず

6:30起床。どんより憂鬱に曇っています。氷点下の冷え込みではありませんが冷たい北風が吹いています。1月の寒さは晴れて放射冷却の寒さですが日中は日差したっぷりなので我慢出来ます。2月3月の寒さは厳しい冷え込みの寒さではなく、日差しの無い寒さなので嫌いです。レーダーを見ると南海上から千葉方面にエコーがかかり北東進。千葉アメダスの積雪深の値が上昇しているので真面目な雪が降っているようです。近所では路面の雪もなくなってきたので多摩川CRで羽村往復くらいはできるであろうと思い出かけることにします。
7:30出発。多摩川CR~福生のJR五日市線鉄橋付近で折り返し~多摩川CR~是政橋~稲城~中野島~多摩川CR~多摩水道橋~多摩河原橋を周回して12:10帰宅。
P50_20140211_090500多摩大橋あたり
国立の中央高速下までは順調でしたがその先からはCR上にも雪が残る状態となっていきました。ペースを落とすとたちどころに寒さが染みてきます。
多摩大橋の日野市側河川敷は林になっていましたが、久しぶりに来てみるとすっかり切り開かれて見通しが良くなっていました。川霧が湧いたときなど良い雰囲気だったのにちょっと残念です。

P50_20140211_093417福生の五日市線沿い
昭島あたりから確実に残雪の量が多くなってきました。R16から先のCRはもう使えません。幹線道路は乾いているのですが路肩に残雪があり道幅が狭くなっているので避けて一本裏道に入るともういけません。徐行の繰り返しで体は冷え切り走る熱意も冷めてしまいました。今日はここで撤退です。


P50_20140211_094638福生南公園
多摩川CRが通過する福生南公園は雪に埋まったままでした。おまけに空からは雪が舞い落ちてくる始末。早く夏になれ!





P50_20140211_122421ドロドロ
雪が降った後の道路ってなぜか埃っぽいんですよね。チェーン走行により路面が削られるためでしょうか。帰宅してみると自転車のフレームは泥水のハネでドロドロでした。久しぶりの走行だったのにあまり楽しくなかったなぁ。
今回の大雪は都心部は別として西部郊外では記録的なものであったようです。しばらく峠は無理そうです。

走行時間:4h00m、距離:78.8km、AV.19.7km/h

|

« 相模川河畔の茅葺屋根をみる | トップページ | 曽我の梅を目指したけど羽村に着いたこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/59113152

この記事へのトラックバック一覧です: 羽村まで行けず:

« 相模川河畔の茅葺屋根をみる | トップページ | 曽我の梅を目指したけど羽村に着いたこと »