« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

甲武トンネル越えを目指したけど川島でせんべいを買って帰った

5:30起床。薄い雲が広がっていますが明るい空です。昨日の走行疲れが足に残っていますが明日は雨らしいので走れる時に走っておきます。目的地は第1を甲武トンネル越え、第2を生越梅林として頭に思い浮かべ疲れの様子を見ながら目的地を変える作戦でした。
Map20140329結局こうなった
足の疲労は思ったよりも大きかったようで第1、第2目標とも未達成となり川島の笛木醤油のせんべいを買って帰ったのでした。




6:30出発。多摩川CR~羽村(40km)
P50_20140329_084037奥多摩温泉群の足湯
羽村の堰では桜まつり。まだ花はチラリ程度でした。会場には奥多摩地区にある温泉6か所の足湯が楽しめる趣向が用意されていました。足湯は1つしかないので6か所同時ではなく1か所ずつ順番にお湯を入れ替えていくようです。なので6温泉をすべて堪能しその違いを知るためには1日がかりなのでした。


羽村出発~新奥多摩街道~青梅~R411~梅郷~都45~都238~梅ヶ谷峠~都31~五日市~都7~都165~都29~羽村(70km)
梅郷から梅が谷峠を越えてみたものの醜くヘタったので甲武トンネルはあきらめ五日市から一旦羽村の堰に戻り缶コーヒーを注入。砂糖効果なのか疲労の一時回復に速効性があるようで急に元気に足が回るようになりました。これなら第2目標に向かえると判断してまずは飯能へ。
10:30羽村出発~新奥多摩街道~東青梅~都28~県195~11:20飯能休憩~R299~豊水橋~入間川CR~R254落合橋~13:00川島の笛木醤油~入間川北岸の道。
飯能まで来たものの缶コーヒー効果はすぐに切れてまたヘタリました。東飯能駅のコンビニであんぱんなどを注入しましたがもはやこれまで。入間川荒川沿いに標高を下げていくしかありません。
P50_20140329_130104笛木醤油
入間川では南風が吹き始め追い風効果で元気になったように勘違いして勢いで笛木醤油までかけせんを購入に行きました。せっかくここまで来たのですがサドルバッグには300円のかけせん1袋しか収容できないのです。



P50_20140329_131051入間川北岸に茅葺発見
笛木醤油を後にして入間川北岸の集落沿いを荒川方面へ。堤防のすぐわきに茅葺屋根をトタンで覆った古民家がありました。スバラシイですけどちょっと惜しい。




~荒川CR~羽根倉橋~志木~県36~ひばりが丘~都12~都9~多摩川CRで16:00帰宅。
荒川CRに入ると正面からの向かい風です。大した風ではないのですがヘタリ切った体には猛烈な抵抗です。しかも気温が不必要に上昇して暑くて仕方ありません。ロード乗りの人たちにバンバン追い越されていったのでした。
走行時間:8h18m、距離:175.0km、AV.21.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

桜が咲いたので小田原にかまぼことあんぱんを食べに行った

5:20起床。快晴です。昨日1日天気の回復が遅れたおかげで低気圧通過後のバカ風が吹くこともなく静かな朝です。近所の公園では桜が咲き始めたし日も長くなってきたので今日は休みを取って小田原までかまぼことあんぱんを食べに行きます。
6:10出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR~遊行寺~R467~R134~大磯~R1~小田原~10:30風祭のかまぼこ屋(97.2km)
Map20140328小田原あたり
かまぼこを試食し、あんぱんを買って浜辺で食べるのです。






平日なので出発を早くして津久井道が混雑する前に境川まで突破したかったのですが、思いのほか車の出足は早くプレッシャーを受けながらオーバーペースとなりました。
藤沢の海岸沿いに出るまで、風は緩やかな追い風でした。最初はひんやり感じた空気も日差しとともに上昇し始め、手袋をはずしウェア1枚で走っても汗が出るくらいです。
P50_20140328_103954かまぼこ屋
R134、R1は平日パターンの信号で赤信号でつかまる信号がいつもと違うことに気づかされたりしながら途中トイレ休憩1回だけでかまぼこ屋に到着。予定よりだいぶ早いので試食コーナーは4種類のかまぼこしかありませんでした。かごに発送用のかまぼこを放り込みながら3周ほどめぐって試食を繰り返して満足。

~11:00かまぼこ屋出発~R1~小田原守谷ぱん店~11:30御幸の浜休憩
P50_20140328_113201御幸が浜で守谷のあんぱん
小田原駅前の守谷パン店であんぱん4個購入。平日昼間なので並ばずにすぐ購入できました。さっそく浜辺まで移動してあんぱんを食します。相変わらずズッシリとしたアンの重さを受け止めてガブリ。甘さ控えめでアズキの味がしっかり出ています。2個を食べて帰途につきます。


御幸の浜~R1~40大磯~R134~13:10江の島休憩
P50_20140328_131506江の島ねこ
まだ時間が早いので江の島に立ち寄りました。平日なのに人がいっぱいで驚き。奥の駐車場に茶トラ発見。近くまで寄ってしゃがんでいるとねこのほうからすり寄ってきました。よしよしということで首周りをマッサージ中です。



江の島~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで17:00帰宅。
その後、あんぱんは境川遊水地公園の休憩所で1個、府中市郷土の森公園で1個食べて全滅し、家に持ち帰ることはできませんでした。あーウマカッタ。
走行時間:8h46m、距離:204.9km、AV.23.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

1都6県めぐり

3月22日(土)
6:30起床。快晴の朝ですが北西風が昨日ほどではありませんがそれなりに吹いているので完全休養日。

3月23日(日)
6:10起床。快晴の朝です。弱い北西風が吹いています。自宅に戻るため南下するには好都合です。今日は久しぶりに1都6県めぐりをして自宅に戻ります。
7:10羽出発。利根川CR~昭和橋~R122~館林~渡良瀬川CR~利根川CR~境大橋~9:50関宿城休憩
P50_20140323_073742埼玉県から群馬県に入る
R122昭和橋を渡って群馬県に入ります。館林の北を流れる渡良瀬川に出るまでしばし向い風区間です。





P50_20140323_085039栃木県に入る
渡良瀬川CRに出ると結構な西寄りの風が吹いています。ここから江戸川河口までほぼ追い風をいただくことになります。渡良瀬川CRからそれて遊水地内に入り込みました。先週に葦の野焼きが行なわれて黒ずんだ見通しの良い平原になっていました。


P50_20140323_090144茨城県に入る
渡良瀬遊水地から抜け出しR354三国橋あたりに来ると茨城県です。茨城県側の渡良瀬川CRはそのまま利根川CRになだれ込む「一般県道503号線 古河坂東自転車道線」です。標識の坂東の文字は後から書き換えられたもので、元は古河岩井であったはず。


P50_20140323_094632千葉県に入る
利根川の境大橋を渡ると千葉県に入ります。堤防上CRを北西へ風に逆らって関宿城公園に向かいます。この付近が千葉県の最北端の地になります。自転車の位置には江戸川河口からの距離を示すキロポストが59.75kmとなっています。これで「千葉県の最北端の地に立つ」と宣言できるなぁと思っていましたが・・・。

Map20140323そこは茨城県だった
帰ってから調べるとこの位置は茨城県になっていることが判明。県境は江戸川の真ん中に引かれていうのではなく昔の川の跡に沿っているようです。CR上では上の写真の位置から90mほど南東を県境が通っているのでした。かなりガッカリ。



~江戸川右岸CR~12:40葛西臨海公園休憩(130.5km)。13:00出発。荒川河口橋~R357沿いの道~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~昭和島~羽田~多摩川CRで多摩河原橋まで周回して17:00帰宅。
P50_20140323_114546東京都に入る
埼玉県側の江戸川CRを堤防工事で数か所迂回させられながら南下し、河口からの距離が20kmになったあたりが埼玉東京都県境です。正面は葛飾橋。




P50_20140323_153403神奈川県に入る
ガス橋を渡って神奈川県に入ります。これで1都6県めぐり達成です。前を行くおじさんはだいぶ左に傾斜していますな。

羽田に着くころには南風に変化していたので多摩川CRも追い風で今日は大いに風得しました。


走行時間:8h46m、距離:200.6km、AV.22.8km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

強風を避けて秩父へ迂回する

3月21日(金)
5:30起床。晴れています。雨は昨夜のうちに止んで路面は半乾きですがハネが上がるほどではありません。昨日雨を降らせた低気圧が東海上で猛烈に発達する予想で関東平野では北西風が強まりそうです。さいたまのポイント予報では日中10m/sの北西風が予想されていたので、風よけのため青梅から秩父への迂回ルートで羽生に向かいます。すでに風が吹き始めているので強まる前に出発です。
6:30出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~小沢峠~名栗~10:50山伏峠(72.1km)~R299~11:30秩父~県72~県44~県43~皆野~県37~県82~寄居~R140~13:50熊谷
P50_20140321_091320吹上峠の道
2月の豪雪の爪痕が残されていました。旧吹上トンネルを抜け成木側の下りでは幹の折れた杉の木が数か所で道路をふさいでいました。




P50_20140321_104752山伏峠
久しぶりの600m超えの峠です。数人の自転車乗りに追い越されながらも何とか到着。ここまで来れば羽生まで下るだけです。
山伏峠から少し下ると旧道の正丸峠に向かう道が分岐しますが、こちらは路面一面雪が残り走行不能でした。下りは山蔭が多く除雪された雪が道路わきに山となって残り解け出した水が路面に流れ泥水を跳ね上げながらの走行となりました。
山伏峠から秩父へは2011年以来です。そのときはセンターライン上に車両はみ出し防止のポールが設置されていてダンプやトレーラーは自転車を大きく避けられず、右側ギリギリを追い越して行き怖い思いの連続でした。それ以来ここの走行は避けていたのですが今日走ってみるとセンターポールは全て姿を消していました。ドライバーに不評で撤去されたのか、ダンプに弾き飛ばされて消えたのか?。おかげで大きな車両は右側に間隔をあけて追い抜いてくれます。
P50_20140321_113429秩父
先月の豪雪では市街地でも1m近い積雪を観測しました。秩父ハープ橋から見た武甲山は等高線状に石灰岩が採掘された跡に雪が残りしましまです。標高の高い所は雪解けはまだまだです。



P50_20140321_114731秩父札所22番
茅葺の山門です。スバラシイ。






P50_20140321_120934茅葺民家
県44から細道にそれて走っていて発見しました。実は県44の脇に建っているのですが樹木に隠されて県道からはほとんど見えないのです。既に居住はしていないようで北側の屋根は崩れ始めていました。なんとなく悲しい。



P50_20140321_135244ホコリ舞う
秩父盆地から抜け出して寄居に到達するころには北西風が強烈に吹きまくる状態となりました。3月のばか風です。昨日雨が降ったのにもう畑の土はカラカラに乾き黄色い土埃が空を覆い始めました。進路は東なので追い風成分ですが左からの横風で車道左端からセンターライン側へ飛ばされそうになり要注意です。熊谷の荒川堤防上から秩父方面を見ていますが山並みがホコリでかすんでいます。

熊谷~県128~利根大堰~利根川CR~15:40羽生着。
P50_20140321_145946行田サイクリングセンター
強風帯は寄居と熊谷の間に存在したようで熊谷から先では風もやや弱まり空も青に戻りました。秩父迂回ルートは強風と真正面から戦わずに済み作戦成功です。ねこでもいじるかと行田サイクリングセンターで休憩しましたが、強風のためかねこの姿は無し。ここからどこかへ寄り道するには風と戦わねばならず時間が早いですがこのまま羽生に向かいました。

走行時間:7h48m、距離:164.0km、AV.21.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

春の彼岸

寒い寒いと思っているうちに春の彼岸です。近所のハクモクレンも開花直前まで膨らんできました。今年はずいぶん遅い開花です。秋の彼岸のころはまだ真夏日だったりしますので、同じ太陽光の強さでありながら春の彼岸は気温がずっと低いのであります。
彼岸なので羽生に行ってきました。
P50_20140323_11030321日:自宅~羽村~名栗~山伏峠~秩父~寄居~熊谷~羽生
22日:北西風が強いので完全休養日
23日:羽生~館林~渡良瀬川CR~利根川CR~江戸川CR~湾岸~多摩川CR~自宅

走行距離:364.5km
GPSロガーは不調につき記録無しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

チェーンを4本も買った

消費税増税前の駆け込み購入というわけではないのですが自転車消耗品を購入しました。
P50_20140317_074314買っておいても腐ることの無い金属物を中心に
現在の自転車生活のパターンは当分崩れないという前提に立ち必ず交換が発生するチェーンを4本。いずれブチ切れるシフトワイヤーを2本。絶対パンクするのでパンクパッチ49枚入り。タイヤは半ナマモノなので今履いているタイヤの交換用に
23Cと28Cを1ペアずつ。その他、速乾性パーツクリーナー、チェーンクリーニング用のフィルタークリーナーなど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月17日 (月)

グリスガンを買った

ハブのグリスアップなどのとき、チューブ式のグリスを狙いを定めて絞り出すわけですが、このチューブが固くて握力が持ちません。前後輪4か所グリスアップすると震えが来てグリスがカップの外にはみ出したりして後が大変。そこでグリスガンの導入となったわけです。
P50_20140315_211104グリスとグリスガン
シマノのプレミアムグリスチューブ入りとこのチューブだけに合うグリスガンです。値段はグリスガンのほうが高い。





P50_20140315_211327ガンを装着
チューブのキャップを外してガンをねじ込んで合体。水色のばねの入った部分をシュポシュポ押せばガンの先端からにょろにょろとグリスが出てくるわけです。ハブのグリスアップは年末に行ったばかりなので無理に行う必要は無いのですが、あーグリスアップしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

多摩川荒川柳瀬川周回

6:00起床。快晴の朝ですでに朝日が射しています。昨日の朝よりも寒い感じですが太陽が出ていれば問題なし。今日も走力回復のために多摩川荒川入間側の周回に出発です。
Map20140316今日のコース
多摩川~湾岸~荒川の羽根倉橋までは予定通りでした。






7:10出発。多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357沿い~10:00葛西臨海公園~荒川CR
多摩川CR区間は北西の風で羽田に向けて追い風でしたが、葛西臨海公園に着くと風は海風で荒川河口から上流方向に変わりました。
P50_20140316_105723河川工事
荒川CRは堀切橋の上流側400mほどと千住大橋~扇大橋手前の2.5kmの区間が河川工事のため砂利ごろごろのダート迂回路となっていました。順調に進んできましたがこのダート区間ですっかりペースを乱して失速。



~13:00羽倉橋~県215~柳瀬川沿い~秋津~県40~府中街道~県128~多摩湖CR~多摩湖周回~東大和あたり~玉川上水沿い~都59~多摩大橋~多摩川CRで17:00帰宅。
羽倉橋まで来るとなぜか南風から北東の風に変化したため入間川まで進むことは断念し、柳瀬川沿いに周回しました。
走行時間:8h19m、距離:180.5km、AV.21.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月15日 (土)

藤沢の茅葺屋根をみる

6:00起床。ドヨ~ンとした雲が広がって曇っていますが、北側の空は青空が広がっています。気象の定義では天空の3割以上が青空なら天気は晴れと観測されるそうなので「曇っています。」というのは誤りなのです。でも僕の定義では太陽の光が射していなければ僕にとっては曇りなのです。
昨日吹いていた北風はおさまったようです。冷え込みもありませんでした。朝食を食べているうちに雲の切れ間が広がり朝日が射してきました。晴れたので出発です。
7:40出発。多摩川CR~都3~県57~境川CR~町田~県51~厚木~R246~善波峠~秦野~県71~県62~金目観音~県63~県609~花水橋~R1~11:30大磯港休憩~R134~12:30江ノ島休憩~R467~13:10藤沢新林公園
Map20140315今日のコース
今日も湘南方面へ。走力を回復させるための走行が続きます。





P50_20140315_103120善波峠(旧道)
東名高速をくぐるあたりで標高35m、旧道トンネルは170mほどなので135mの標高差。でも汗をかきました。





P50_20140315_115241大磯の海岸
日差しいっぱいですが風は冷たいです。大磯に到達するころには風が海からの南風に変化しました。帰路も追い風です。





P50_20140315_125054江の島ねこ
ねこの数が減ったかな?。みんな避妊手術を受けているので江の島の野良には2世が誕生しません。不法に捨てられるねこがいなくなるのは良いことですが野良がいなくなるのは淋しい。



P50_20140315_131618旧福原家長屋門
R467からそれて境川の右岸、藤沢市川名にある新林公園に2棟の茅葺屋根があります。長屋門は江戸時代後期の建築。移築前は瓦葺になっていたものを茅葺に再現したそうです。




P50_20140315_133545旧小池邸
谷戸の地形を利用して移築された古民家です。1841年建築の藤沢市柄沢の名主の住宅。家の右手にある梅の木は幹の中が空洞になっているのに枝の先まで花を咲かせていました。公園ボランティアのおじさんが「すごいじゃろ、すごいじゃろ」とお勧めしていました。


~R467~遊行寺~境川CR
P50_20140315_140710梅満開
境川CRで一番きれいに咲いている梅。空気はひんやりしていましたが日差しはずいぶん強くなっています。この数年、夏は秋に食い込み、冬は春に食い込んでいます。春と秋の期間が短く冬と夏が長くなっているように感じます。来週はもう春分です。


境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで17:00帰宅。
走行時間:7h16m、距離:165.6km、AV.22.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月11日 (火)

拓郎LIVE2014その2

4月に入るとチケットぴあでの先行受付が始まります。
前回も書きましたが、需要のほうが圧倒的に多いので抽選は苦戦が予想され抽選に当たる練習が必要であると考えています。その方法は、何か別の抽選に応募して当たり運を磨くことでしょう。
ちょうどよい時期に「井上陽水 氷の世界ツアー2014」の先行予約案内が来たのでさっそく応募してみました。全国ツアーで22回公演です。精力的ですね。
応募したびは以下の2か所です。
①神奈川 相模女子大グリーンホール
②東京  NHKホール

結果は①は落選、②のNHKホールは当選しましたヽ(´▽`)/。当選確率50%です。
20140309_01





おかげ様でチケット代と手続き料などで9100円ほどの出費です。練習もほどほどにしないと本番前に運と資金を使い切ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

相模川左岸沿いを海へ

6:00起床。曇っています。おかげで冷え込みはそれほどではありませんが、僕の中では日差しの無さが寒さを引き立たせてしまい始動に時間がかかってしまいます。昨日の疲れもありこのままぼーっと過ごすのも魅力的なのですが雲の隙間から弱々しくも太陽光が差し始めてきたので無理やり体を動かし始めました。
Map20140309_01今日のコース
たるみきった体を再生させるには体にムチ打って連日の走り込みが必要です。





7:40出発。多摩川CR~浅川CR~9:40八王子陵南公園休憩~町田街道~県48~昭和橋~相模川左岸沿い~11:10相模三川公園休憩
宮が瀬湖を目指して出発したものの浅川CR終点に到達するころはもうへろへろで足が全然回っていませんでした。とりあえず休憩してアンドーナツなど食べストレッチして日向ぼっこして回復させます。宮が瀬への道を思い出しイメージトレーニングしてみましたがこの調子では到達自体が危ぶまれたため相模原の台地をこえて相模川沿いに下るコースに変更です。
P50_20140309_104652相模川左岸沿い
県48で南下し相模川の昭和橋を過ぎてしばらくすると川沿いの道は遊歩道になり、川面を眺めながらのんびり走れる道に変わりました。対岸には丹沢の山並みが白く眺められます。ゆるい下りと弱いながらも追い風でパワーをかけなくても距離が稼げます。


P50_20140309_112436初めて春っぽさを感じる
相模三川公園で缶コーヒーを注入しストレッチして日向ぼっこし再びへろへろになった足を回復させます。相模川の土手には植えられた菜の花が黄色い花を咲かせていました。ようやく春っぽい花を見ることができました。



~県46~柳島~R134~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで多摩河原橋~多摩水道橋間を周回して17:00帰宅。
P50_20140309_155329破片突き刺さり
道路の左端は先の大雪のときのチェーン走行により舗装路が削られてできた砂が堆積しています。その中には当然チェーンの破片もまぎれているわけです。2日間の走行でタイヤ表面には細かな金属の突き刺さりができました。幸い小さいものなのでタイヤ表面にとどまりチューブには達していません。このままにしておくと走行するにつれて中に押し込まれやがてチューブにピンホールを開けてしまうので帰宅後コンパスの針でほじって撤去します。

ようやく土日2日間まともに走れる週末を過ごすことができました。なまった体を元に戻すにはまだまだ走り込みが全然足りません。
走行時間:7h42m、距離:168.0km、AV.21.8km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

青梅市梅郷に梅がない

6:00起床。日出時刻は6:02まで早まりました。氷点下の冷え込みで屋根の上は真っ白く霜が降りていますが空は快晴、風は微風。これまでの週末悪天と比べれば絶好の自転車日和といえましょう。走りたい気持ちは寒さに打ち勝ちそそくさと出発準備です。
7:00出発。多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~日向和田~梅郷
P50_20140308_084627福生の五日市線沿い
しつこく残っていた雪ですが熊谷の積雪がなくなったのが2/25、秩父の積雪がなくなったのが3/2でした。2度も行く手を阻んだ福生の五日市線沿いの道もいつもの風景に戻っていました。



P50_20140308_090033羽村堰の雪捨て場
何の障害もなく楽々と羽村に到着。前回積み上げ最中だった雪捨て場の雪は表面に土砂が浮き出してまるで残土の山のようです。このボリュームでは3月下旬までは残っていそうですが、雪の消えた後には土砂の山が取り残されるでしょう。



P50_20140308_094652_2梅郷のかやぶき屋根
梅郷の梅の公園では梅祭りが始まりました。青梅の梅の花は雪と寒さのためまだ2分咲きくらいでしょうか。北斜面にはまだ積雪が多く残されています。
2009年に青梅市の梅で発生したプラムポックスウイルス感染の広がりから今年で梅まつりはしばらく見納めで公園内全ての梅の木は伐採されてしまうそうです。

P50_20140308_094814梅の木の無い梅郷の果樹園
梅郷地区を走っても感染対策のためすでに果樹園内に梅の木は1本も残されていません。数年前は白い花を咲かせて広がっていた梅ですが普通の畑の風景に変わってしまいました。実に残念なことです。
スーパーで売っている中国産の梅干しは食べたくないので梅郷まで買い付けに来ていたのですが今年は梅干しの買い出しに来れないのでしょうか。

~都45~都31~青梅~都28~県195~飯能~R299~豊水橋~入間川CR~R254落合橋~12:00川島の笛木醤油~入間川北岸の道~荒川CR~羽倉橋~志木~県36~ひばりが丘~都12~都9~多摩川CRで多摩河原橋~多摩水道橋間を2周回して16:00帰宅。
走行時間:7h39m、距離:166.7km、AV.21.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

拓郎LIVE2014その1

待ちに待った2年ぶりのコンサートスケジュールが発表になりましたねぇ。

06月30日(月) 東京国際フォーラム・ホールA
07月04日(金) 千葉県文化会館
07月07日(月) 川口総合文化センター・リリアメインホール
07月14日(月) パシフィコ横浜 国立大ホール
07月22日(火) 東京国際フォーラム・ホールA

今年も関東1都3県の近郊ツアーで5本だけ。見に行きたいですねぇ。
ファンクラブの会員の先行予約が19日から始まるようですが抽選のようです。
僕はあえて入会していないのでイープラスとかぴあの先行予約があればそれに挑戦するのみです。まず当たらないでしょうねぇ。見に行けないでしょうねぇ。イープラスは抽選に当たっても席はいつも2階席の後ろのほうですからねぇ。最前列の人と同じ値段なのにちっちゃい拓郎しか見たことないんですよ。
チケット全席9500円です。高いですけど団塊の世代ばっかりだから痛くもかゆくもないんでしょうねぇ。チケットが出回るとオークションに出品されているのを見たことがあります。需要と供給の関係では供給が圧倒的に少ないわけですから入札金額は3倍4倍に跳ね上がりますね。これが市場原理ですねぇ。だったら最初からその価格で売り出してもチケットはさばけるんじゃないかなぁ。商売下手だなぁ。
まずは抽選に当たる練習からでしょうか。どんな練習でしょう?
ニューアルバムも6月リリースらしいです。こちらは抽選ではないので購入しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

「太陽の顔」を持って「月の顔」を見に行く

6:00目覚めましたが今朝も雨が降っていて路面はウェット。速攻で二度寝に入ります。8時には寝ていられなくなって起床。今週末も二日間使い物にならずです。でもずっと家に籠っていると精神的によろしくないので傘をさして外出することにしました。
P50_20140302_114615「太陽の顔」と「月の顔」
岡本太郎アートピース集~祝祭の復活~の中に入っていた「太陽の顔のマケット」を持ち出して川崎市多摩区役所玄関にある「月の顔」を見に行きました。右頬をビンタされたように顔が左にシフトしているのは同じ構図ですが、月の顔のほうが鼻が高く目の輪郭の中に瞳があることに気付きました。比べてみるものです。
雨は夜に入っても降ったり止んだりでしたが、夏の雷雨なら10分で降ってしまうくらいの量の雨を昨日から2日間かけてシトシトパラパラジメジメサムザムと自転車乗りへのいじめのように降りました。もう、イヤ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »