« 拓郎LIVE2014その2 | トップページ | 多摩川荒川柳瀬川周回 »

2014年3月15日 (土)

藤沢の茅葺屋根をみる

6:00起床。ドヨ~ンとした雲が広がって曇っていますが、北側の空は青空が広がっています。気象の定義では天空の3割以上が青空なら天気は晴れと観測されるそうなので「曇っています。」というのは誤りなのです。でも僕の定義では太陽の光が射していなければ僕にとっては曇りなのです。
昨日吹いていた北風はおさまったようです。冷え込みもありませんでした。朝食を食べているうちに雲の切れ間が広がり朝日が射してきました。晴れたので出発です。
7:40出発。多摩川CR~都3~県57~境川CR~町田~県51~厚木~R246~善波峠~秦野~県71~県62~金目観音~県63~県609~花水橋~R1~11:30大磯港休憩~R134~12:30江ノ島休憩~R467~13:10藤沢新林公園
Map20140315今日のコース
今日も湘南方面へ。走力を回復させるための走行が続きます。





P50_20140315_103120善波峠(旧道)
東名高速をくぐるあたりで標高35m、旧道トンネルは170mほどなので135mの標高差。でも汗をかきました。





P50_20140315_115241大磯の海岸
日差しいっぱいですが風は冷たいです。大磯に到達するころには風が海からの南風に変化しました。帰路も追い風です。





P50_20140315_125054江の島ねこ
ねこの数が減ったかな?。みんな避妊手術を受けているので江の島の野良には2世が誕生しません。不法に捨てられるねこがいなくなるのは良いことですが野良がいなくなるのは淋しい。



P50_20140315_131618旧福原家長屋門
R467からそれて境川の右岸、藤沢市川名にある新林公園に2棟の茅葺屋根があります。長屋門は江戸時代後期の建築。移築前は瓦葺になっていたものを茅葺に再現したそうです。




P50_20140315_133545旧小池邸
谷戸の地形を利用して移築された古民家です。1841年建築の藤沢市柄沢の名主の住宅。家の右手にある梅の木は幹の中が空洞になっているのに枝の先まで花を咲かせていました。公園ボランティアのおじさんが「すごいじゃろ、すごいじゃろ」とお勧めしていました。


~R467~遊行寺~境川CR
P50_20140315_140710梅満開
境川CRで一番きれいに咲いている梅。空気はひんやりしていましたが日差しはずいぶん強くなっています。この数年、夏は秋に食い込み、冬は春に食い込んでいます。春と秋の期間が短く冬と夏が長くなっているように感じます。来週はもう春分です。


境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで17:00帰宅。
走行時間:7h16m、距離:165.6km、AV.22.7km/h

|

« 拓郎LIVE2014その2 | トップページ | 多摩川荒川柳瀬川周回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/59297145

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢の茅葺屋根をみる:

« 拓郎LIVE2014その2 | トップページ | 多摩川荒川柳瀬川周回 »