« 甲州ツーリングに行った | トップページ | 山梨県の最東端に立つ »

2014年4月21日 (月)

芦川の茅葺屋根をみる

4月19日(土)
4:20起床。雲が多いながらも月が見えています。ひんやりとした朝です。昨晩の天気予報では日曜日の雨マークが月曜日にずれたのでお泊りツーリングに出発します。
5:30出発~多摩川CR~浅川CR~R20~大垂水峠~9:20猿橋休憩(79.9km)~大月~R139~富士吉田~お姫坂通り~R137~河口湖~県710~11:25道の駅かつやま休憩(113.4km)~県21~県719~若彦トンネル~県36~芦川の茅葺~14:20市川三郷(152.1km)~県3~15:30甲府(168.8km)~R411~16:25石和YH着
出発する頃には空はべた曇りに変化しました。関戸橋下では6時過ぎという早朝なのに自転車フリマの人たちがもう集まっていました。僕は今のところ物欲は無いので素通りします。
P50_20140419_091958猿橋
いつもここでトイレ休憩。雲は相変わらず低いままで空を覆っています。それにしてもR20の路面は荒れてますね。2月の大雪の影響でしょう。




P50_20140419_113727河口湖
湖畔の桜が見頃でしたがどんより曇って富士山も見えずとても肌寒い。去年は陸続きだった六角堂は水位が上昇して島に戻っていました。




Map201404191芦川あたり
時間をかけて古い家が残る集落内を回ってみました。






P50_20140419_123715上芦川地区の茅葺1 珈琲の幟を出して営業中。
笛吹市芦川は東西に流れる芦川の谷に沿って主に3つの集落からなっています。笛吹市と合併する前は県内で一番人口の少ない村だったそうで住人は500人ほど。鳥坂峠を越えてきた県36が若彦トンネルから下って来た県719と合流して集落の一番谷沿いを通っています。最初に現れる集落が上芦川です。この民家はその集落の中でも上の方にあります。

P50_20140419_124219上芦川地区の茅葺2
藤原邸と呼ばれています。家の裏を流れる水路を利用して粉挽用の水車が回っています。笛吹市が古民家を整備して管理しているようです。誰もいなかったので中を見ることはできませんでした。



P50_20140419_125056上芦川地区の茅葺3
集落内の細道を辿っていて発見。空き家になってからかなり長いようです。芦川には兜造りの古民家がいっぱい残っていますがほとんど全て茅葺屋根を鉄板やトタンで覆っています。でも集落内を歩いてみるとタイムスリップしたような感じです。



P50_20140419_132652中芦川集落内のお寺
ほとんど車の通らない県道から集落の奥に入ると本当に静かな世界です。





P50_20140419_134504永泰寺山門
県36がR358と交差する本郷地区にあります。ここまで来ると桜の花は完全に散った後でした。
ここからは芦川に沿った緩い下りで交通量のほとんどないお気に入りのコースです。おまけに日差しもこぼれて今回のツーリングで一番気持ちの良いところでした。


YH到着して気付いたのですが自転車のワイヤー錠を忘れていました。夕食を兼ねて石和駅前のイオンに行ってワイヤー錠を購入。せっかくユース会員になって宿泊代が安くなったのに余計な出費となりました。
今日の同室は3名。京都を朝10時に出発して石和温泉で開催される映画マッドマックス出演者のトークライブと上映会を見に来た僕より年上のバイク乗りの熱いおじさんと千葉県から夜勤明けで電車に乗って初めての一人旅だというやや若い人。夕方到着するなりいきなりベッドに入って眠り始めたので何事かと驚きました。僕だって同室の人から見たらわざわざ自転車で来た変なおじさんだったでしょう。そのほか会社を引退したであろうご夫婦など6人の宿泊客でした。
走行時間:8h46m、距離:184.0km、AV.20.9km/h

|

« 甲州ツーリングに行った | トップページ | 山梨県の最東端に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/59508896

この記事へのトラックバック一覧です: 芦川の茅葺屋根をみる:

« 甲州ツーリングに行った | トップページ | 山梨県の最東端に立つ »