« 田植えに行った | トップページ | 宮が瀬 »

2014年5月28日 (水)

ベルを付けた

まず使うことのない自転車の警音器を取付けました。
羽生に帰ってジャンクBOXをのぞいていたら先代の自転車に付いてきた小さいベルを発見。今の自転車に取り付けることにしました。
P50_20140525_181805ハンドル周りには補助ブレーキがあるうえにフロントバッグ取り付けアタッチメント、GPSロガー、場合によってはGENTOSライトも取り付けるのでスペースは全くなし。ステム上はスピードメーターが鎮座。シートポストには空きがあるので可能ですがそれではあまりにもわざとらしい。ということで実用的な場所としてステムとヘッドパーツの間のスペーサーがはさまっている個所に付けてみました。

道路交通法(警音器の使用等)
第五十四条  車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一  左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二  山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
罰則
第一、二項 警音器吹鳴義務違反 5万円以下の罰金
第2項 警音器使用制限違反 2万円以下の罰金又は科料

54条をよく読むと警笛鳴らせ・警笛区間の道路標識がある場所以外で警音器(ベル)を鳴らした場合は罰則となるのですが、危険を避けるためやむを得ず鳴らすのは許されます。なので右側通行で正面から来る自転車に対しては危険回避のためバリバリ鳴らします。

|

« 田植えに行った | トップページ | 宮が瀬 »

コメント

そうです!
昨今、一番危険なのは、無秩序に暴走する自転車なのです。(汗笑

投稿: 齋藤電鉄ryu | 2014年6月 8日 (日) 13時55分

齋藤電鉄ryuさん、こんばんは。
今のところ幸いにもまだベルを鳴らすに至らずです。
それにしてもこの天気、何とかしてください。

投稿: しいたけ | 2014年6月 8日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/59721065

この記事へのトラックバック一覧です: ベルを付けた:

« 田植えに行った | トップページ | 宮が瀬 »