« 元荒川源流をみる | トップページ | 拓郎LIVE2014その12 »

2014年5月14日 (水)

千葉県の最南端に立つ

先週の週末は好天2日が確約されたので南房総にお泊まりツーリングでした。
5月10日(土)
4:30起床。快晴の朝です。昨日の雷の後ちょっと冷たい空気が流れ込んだためひんやり感があります。今回は1泊の宿泊まりなので荷物はフロントバッグ1個にまとめ、前の晩にタイヤを28Cから23Cに変えて軽量化しておきました。
Map20140510今日のコース
このところ北の方ばかり走っているのでバランスを取るために南の方へ向かいます。南房総の林道、棚田、素掘りトンネルを巡ってくるお泊りツーリングです。




5:20出発。多摩川CR~都3~都57~境川CR~遊行寺~R467~R134~県24~9:10久里浜港着(83.8km)。9:25東京湾フェリー~10:10金谷港~R127~上総湊~県93~市道~鹿原林道~県182~県34~農道~12:40大山千枚田(116.7km)~嶺岡林道~県88~13:40道の駅三芳村昼食(135.6km)、14:20出発~県88~県286~農道~県187~県188~安房グリーンライン~畑第2林道~しましまトンネル~白浜~R410~16:00野島崎灯台休憩(160.5km)~R410~17:00鰹のたたき夕食~農道~17:50館山YH着
P50_20140510_092552東京湾フェリー
大人自転車1台で片道1050円ですが今回は往復割引にして1930円。それに南房総家族割で旅客運賃5%引きを適用させて1860円となりました。自転車は僕以外に12人くらいの年配の男女のグループがいました。今日は白浜の旅館に泊まって明日は勝浦まで走って特急電車輪行で東京に戻るそうです。十数人の電車輪行ってよっぽど車両を分散しないと輪行袋の置き場所が大変そう。
金谷港で出発前に水補給。フェリーターミナルの土産物売り場ではふなっしーのお菓子やグッズが売られていました。同じ千葉県とは言えここまで進出したかー。
P50_20140510_10544550円缶ジュース
上総湊から県93に折れさらに湊川を渡った林道区間に入る前の補給で売津の自販機に手書きに紅茶缶だけ50円の表示がありました。消費期限が2014.05.14であと4日に迫っていたための投げ売りだったようです。でも50円でも利益出てるんですよね。


P50_20140510_123716茅葺の建物があった
大山千枚田に向かう途中の大山不動尊近くにひょっこり茅葺屋根の立派な建物がありました。民家ではなく公共の施設のようです。




P50_20140510_124303大山千枚田
周辺の棚田も大山千枚田の全ての棚田も田植が終わっていました。圃場整備されていないゆるい形をした小さな田が等高線に合わせて配置され、稲はまだ小さく水面が多く見えていて空を映しています。陽光は明るく山の緑も新しく風は乾いて心地よく自転車で走って最も快適な季節です。


P50_20140510_134943かき揚げ丼
時間が押して14時ですが猛烈に腹ペコで道の駅三芳村で昼食です。いつものかき揚げ丼です。家族割を使うと5%引きが適用されて800円になりました。




P50_20140510_154013畑林道しましまトンネル
時間が押したので畑林道へは千倉から入るのはやめて安房グリーンラインで畑地区から入り込んで素掘りのしましまトンネルを鑑賞しました。地層のしましまがスバラシイ。このトンネルを抜けて少し下ると鬱蒼とした樹林帯からスポッと抜けて明るい白浜地区に出ます。


P50_20140510_160907千葉県の最南端に立つ
野島崎は千葉県の最南端に位置します。この碑の南にも海岸の岩場が続きますがまぁここで良いでしょう。この背後の南側岩場の上には海に向かってベンチが設置してあります。カップルなら良いでしょうが男一人ではちょっとね。



P50_20140510_165746布良漁港ねこ
夕食の時間調整で国道から布良に下りあたりをポタリング。すると相浜漁港の漁協直営相浜亭という食堂の横でまったりしているねこ発見。首にリボン巻いてるので飼い猫のようです。お腹が大きく赤ちゃんがいます。きっとこの食堂の魚をいただいている贅沢なねこに違いない。次回はここで海鮮丼でも食べてみよう。

P50_20140510_174930館山ユース
ここは3度目の利用です。南房総を走りに来たときは利用しやすい宿です。今年は会員になっているので素泊まり3400円。500円の割引券があったので実質2900円でした。今日は宿に着いてからまた出かけるのが億劫だったのでYHに向かう途中の魚料理屋で食べました。14時に昼食で17時に夕食はちょっとお腹にきつかったですが、カツオのたたきがとてもウマイので問題なく腹に納まりました。GW連休直後の週末なので皆さん休み疲れのためか空いていて他に宿泊客は無く僕一人の貸切だそうです。もう夕食は済ませてきたのでゆっくり風呂に浸かって疲れを癒します。フロ上がりにはコーヒーを飲んでカエルの声をバックグラウンドにペアレントさんとゆっくりおしゃべりして21時過ぎにはベッドに入っていました。
走行時間:8h19m、距離:175.1km、AV.21.0km/h

|

« 元荒川源流をみる | トップページ | 拓郎LIVE2014その12 »

コメント

ごぶさたしております。いつもすごいですね。
トンネルの断面、タービタイト のようで、見てみたいです(なぜか、地層を見ると血が騒ぐ)。2年前の房総半周の時に、知っていれば見に行ったものを、と残念無念。

私事ですが、昨秋よりオデキ発症を繰り返し、最近になってようやく、4ヶ月ぶりに多摩川を走ったところ、50kmでネが上がりました。初心者クラスです(笑)

投稿: sei5 | 2014年5月22日 (木) 23時43分

sei5さん、こんにちは。
南房総はこのしましまが多いですね。館山市の海軍赤山地下壕跡に入ったことがありますがここも素掘りのトンネル群で壁面はしましま。バウムクーヘンの中にいるような感じでした。三浦半島だと箱根や富士山の噴出物がはさまって白黒のしましまですが、房総は砂岩泥岩の互層ですね。
館山へは高速バスも輪行可能になったそうです。ぜひもう一度。

投稿: しいたけ | 2014年5月24日 (土) 00時22分

こんばんわ。
館山地下壕の、砂岩の斜めシマシマ。確かにバウムクーヘンですね。
房総は、茂原で帰って来てしまったので、九十九里まで再チャレンジしたいですが、体力が無理かな? と弱気です。
アクアラインのバス(川崎~木更津)では、空いていたので、自転車そのまま(バラさずに)荷物室に入れてくれたので、楽でした。
その前に、境川~湘南海岸をクリアせねば。

投稿: sei5 | 2014年6月 1日 (日) 22時10分

sei5さん、こんばんは。
>アクアラインのバス(川崎~木更津)では、空いていたので、自転車そのまま(バラさずに)荷物室に入れてくれたので、楽でした。
そんな特別サービスがあるのですか?
川崎-木更津間の高速バスで輪行できれば浮島~袖ヶ浦間を利用して980円なので近くて魅力的ですが。

投稿: しいたけ | 2014年6月 2日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/59642821

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県の最南端に立つ:

« 元荒川源流をみる | トップページ | 拓郎LIVE2014その12 »