« さいたま市と宮代町の茅葺を見ようとしたが | トップページ | 加須市の利根川北岸の茅葺屋根をみる »

2015年1月 5日 (月)

左手袋を失う

12月30日(火)
7:00起床。快晴の朝です。昨日降った雨の後夜間静かに晴れたため霜であたり一面真っ白。昨日ついて作った大副を食べているうちに陽が昇って太陽光が当たり始め屋根の霜が解けだしました。そろそろ出発しようかというところで北から濃霧が押し寄せてきてあたりは真っ白。
P50_20141230_091747濃霧で一旦撤退
9時過ぎて霧が薄れてきたので利根川CR目指して北上しました。すると再び濃霧に包まれました。路面はウェット、服はしっとり濡れはじめて空気は冷たくやる気喪失で家に引き返しました。



昼前には霧も消え風も弱くポカポカ陽気となったので近所周回に出発。
P50_20141230_134454旧騎西高校手前で左手袋を失う
少し汗ばんできたので騎西の玉敷神社前でウィンドブレーカーを脱ぐために一旦手袋を外して再出発。R122を渡って騎西高校校門で写真撮影。福島県双葉町の避難所として利用されていましたが1年前の昨年暮れに閉鎖となりました。ここで手袋をしていないことに気づきました。外した手袋はサドルバッグの上に置いたままここまで来てしまったので途中で落下したようです。急いで来た道を戻ると左手袋がR122「騎西高校前」交差点内で車に轢かれてペッタンコになっているのを発見。長い付き合いであったが見なかったことにして玉敷神社手前で右手袋を発見回収。以降右手袋だけで走行したのでした。
P50_20141230_141935わらアート
行田市古代蓮の里に巨大なわらアート出現。馬の埴輪をかたどったものです。隣にはマンモスもあります。





P50_20141230_145359行田CRセンターねこ
緑のヘルシーロードに沿って利根大関から行田CRセンターへ。主となっているねこが出迎えました。





手袋無しでは明日からの走行に差し支えるので一旦帰宅後市内のケーヨーD2に手袋購入に向かいました。
P50_20150104_154507ホーケンB-266豚皮甲メリMG
しなやかな豚皮と手の甲は通気性を持たせたメッシュで手首はマジックテープで固定できます。作業用手袋なので手に良くフィットしそこそこ細かい操作も可能です。これで税込み670円ほどなのでお買い得。



走行時間:3h51m、距離:82.5km、AV.21.4km/h

|

« さいたま市と宮代町の茅葺を見ようとしたが | トップページ | 加須市の利根川北岸の茅葺屋根をみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/60923680

この記事へのトラックバック一覧です: 左手袋を失う:

« さいたま市と宮代町の茅葺を見ようとしたが | トップページ | 加須市の利根川北岸の茅葺屋根をみる »