« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

足立区の茅葺屋根を見る

5:20起床。3月最後の日曜日は快晴の暖かい朝です。以前から日曜日は雨の予報が出ていましたが近づくにつれて雨の降り出し予想が遅れ、朝の予報では15時以降からと言っています。そこそこ走れそうなのでいそいそと出発準備。
Map20150329今日のコース
冬の間に見に行こうと思っていた足立区にある茅葺民家を訪問します。コースは多摩川CRから湾岸沿いを進んで荒川CR。





6:30出発~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357沿い~荒川河口橋~9:40葛西臨海公園休憩(63.6km)~荒川CR~鹿浜橋~足立区都市農業公園
P50_20150329_072300等々力競技場あたり
多摩川の堤防沿いのさくらは冷気の通り道のため開花は遅れ気味ですが少し川から離れた公園ではかなり咲き揃ってきました。早朝は人が少なくて静かに花を眺められて良いですな。




P50_20150329_105924旧和井田家住宅
11時頃到着。荒川の芝川水門のそばにある足立区都市農業公園内に移築保存されています。江戸時代後期の建築だそうです。手前にはこぶしの花が咲いています。ハクモクレンに似ているのは同モクレン科だからです。花弁が6枚で横向きに大きく開いていますね。


~新荒川大橋~荒川CR~羽根倉橋~県36~都12~多摩川CRで14:10帰宅。
新荒川大橋を渡って右岸CRに戻ると空は雲が増えてきました。羽根倉橋あたりまで進むと灰色の雲もたなびいてきています。そろそろ雨が近づいてきているようなので今日はここで進路を南に向けて帰途に着きました。
雨は15時前から降り始めました。良いタイミングで帰宅できました。
走行時間:6h25m、距離:142.1km、AV.22.1km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

立川運動公園脇多摩川CR開通

5:30起床。全天明るい薄曇りです。しばらく覆っていた寒気は昨日には退散し上ってきた太陽はすりガラス越しのようで光が弱々しいですが寒くはありません。
Map20150328今日のコース
今年初めての小田原蒲鉾買い出しツアーです。湘南方面は2月21日の曽我梅林以来で1カ月以上開いてしまいました。3月前半の天気が悪かったせいです。




6:20出発~多摩川CR~都3~都57~境川CR~遊行寺~R467~R134~大磯~R1~10:50小田原かまぼこ屋着(96.7km)。
P50_20150328_110918風祭到着
11時前に到着することができました。さっそく店内に侵入し試食を兼ねて羽生に送るかまぼこや干物を物色。箱根登山鉄道の風祭駅と繋がっているので電車を降りた人はみな店内に流れ込んできます。発送を依頼して20分で撤退し帰途に着きます。途中小田原城公園のお堀あたりを走ってみましたが桜はまだ咲き始め程度でした。南国小田原の梅は早いですが桜は都心より遅いのですね。

11:10かまぼこ屋出発~R1~大磯港休憩~R134~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~府中四谷橋~浅川CR~多摩川右岸CR~立日橋
P50_20150328_161913多摩川CR開通しました。
立川運動公園脇に構築中だった新しい堤防工事も終了して付け替えられたCRが走れるようになっていました。路面は大変良好なフラットな舗装で道幅も広いです。しかし前回も書きましたが堤防内への下りでヘアピンの折り返しとなるので衝突の恐れありです。しっかり前方を確認して走りましょう。


~多摩川CRで17:20帰宅。
3月最終週になってようやく200km走となりました。今年もスピードは遅いですが走力はあるようで一安心です。キックスタンドを外して初めて長距離を走ってみましたが振動が減ったように感じます。スタンドがあると振動を増幅してしまうようです。200km走の割には疲れが少ない感じがします。
走行時間:9h09m、距離:215.3km、AV.23.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

ミノウラ製連結式自転車展示台

自転車の部屋保管できない僕は走行を終えた後駐輪場にカバーをかけて止めています。
そのためにキックスタンドを取り付けて運用していました。
今回、駐輪させるのに良さそうなスタンドを見つけたので税金還付金で購入してみました。
P50_20150319_210148ミノウラ DS-110R 連結式自転車展示台
2843円でした。黒いパイプは長さ56cmで転倒防止用の突っ張りの役割を果たし両端にゴムキャップをはめて滑り止めとしています。細い2本のパイプの間にタイヤを入れスポークがパイプに引っかかって自立する方式です。スポークのあたる部分に何か緩衝材を巻いておいた方が傷にならなくて良いかもしれません。タイヤを挟むパイプの間隔は調整可能ですが一番狭くしています。
P50_20150322_173139さっそく運用してみました
前輪を差し込んで駐輪させてみました。取説では後輪を差し込んだ方が安定すると書いてありますが、これでも横方向に押してもバーの突っ張りが効いて倒れません。ハンドルがまっすぐな状態で駐輪するので自転車カバーもかけやすくなりました。



P50_20150325_212633自転車から外したキックスタンド
重さを計ったら310gありました。インフレーターの交換と合わせると0.5kg軽量化したことになります。今後走りが少しは楽になるかな?。今になって気付いたのですがこれもミノウラ製でした。キャンプツーリングのときは自転車が自立していないと荷物を搭載するときに苦労するので、その時はこのスタンドを取り付けることになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

インフレーターを買い替えた

待ちに待った確定申告の還付金が払い込まれましたのでさっそく自転車関係に投資しました。買ったのはサーファスセカ23Cのタイヤ3本、携帯インフレーター、長袖のウェア1枚、駐輪スタンド、パーツクリーナースーパージャンボ。今回は携帯インフレーターを紹介。
P50_20150321_071321TNI ハイプレッシャーマイクロフロアポンプ(ゲージ付)
2489円でした。下がこれまで使っていたTOPEAKのロードマスターブラスター。だいぶコンパクトになります。本体重量は190gでした。




P50_20150320_073557フロアポンプ的
買い替えた理由は安全に高圧に空気を入れることが可能だからです。ロードマスターブラスターでは高圧になると力が入れにくいのと力むことにより押さえている手がぶれてバルブ部分を痛めてしまい修理完了直前に首折れパンクさせてしまうことがありました。これならバルブ部分はホースになっているので押さえる必要無し。取っ手があるのでフロアポンプと同様に体重をかけて空気を入れることができます。
P50_20150321_074437搭載しました
今回はダウンチューブのボトルゲージ取付ねじ位置に固定しました。さらに脱落防止に付属のべロクロで巻いてあります。夏場に2本ボトルを使う場合は付属のアダプタをボトルゲージにかませばボトルの横に取り付けられるようです。



P50_20150322_115349空気を入れてみました
うたい文句は良いですが本当に空気を高圧にできるのか試してみました。空気を入れているときは写真の様になります。1回のポンピングで入れられる空気量は以前のものより少ないですがバルブ位置を押さえる必要が無いし両手で体重をかけられるのでスコスコと簡単に入ります。インフレーターの直径が小さいのでコンクリートやアスファルトの固い地面が必要でしょう。あと、まっすぐ下に押し込まないと空気入れがぶれてパワーがかけられませんので慣れが必要かもしれません。
P50_20150322_115433簡易な空気圧計付き
前輪はいつも7気圧で使用しているのでこれで良しです。簡単に労少なく高圧に空気を入れることができました。パンクはしたくありませんがその時には大いに役立ち、やる気まで漏れてしまうことも無くなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

羽生に向かうついでに出張パンク修理する

3月21日(土)
5:50起床。何で雨が降ってるのー!、と声を出したくなりました。路面はウェット。今日は春分の日ですが土曜日と重なって無駄死にしています。甥の大学合格祝いと彼岸の墓参りに羽生に向かう予定なのですが出鼻をくじかれました。雨はポツポツ程度で雲の底も見えているので長引くようなものではなさそうです。レーダーを見ると箱根辺りで発生した雨雲が波状に広がりながら東北東進しその北端が通過しているようです。少し北西方向に走れば雨は降っていないと思われます。朝食を食べて出発準備。
P50_20150321_074416今回のいで立ち
久しぶりにフロントバッグ装着。合格祝い金が収納されています。今回から変わったところが2か所あります。インフレーターが小さくなりました。ダウンチューブに取り付けてあります。もう1点はキックスタンドを外しました。見た目スッキリしました。



Map20150321今日のコース
羽生に向かう途中狭山の入間川のほとりに出張パンク修理サービスを行います。





7:30出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~都249~都181~都187~R16~県8~入曾~県50~狭山~入間川CR~10:40狭山着。
パンクは後輪でスローパンクでした。チューブを取り出して空気を入れて調べるとかすかに傷のある部分から空気が漏れていました。パッチ修理して終了。これまで2800kmほど走行しているそうなので前後輪のタイヤをローテーション。
12:20狭山出発~県260~霞が関あたり~坂戸~川島笛木醤油~入間川北岸~荒川CR
P50_20150321_130835聖天宮
坂戸市にありました。実に派手派手な建物です。15年をかけて平成7年に完成したそうです。門の黄色い瓦と竜の彫刻がすごい。門の奥に見えるのは前殿の建物、その奥に本殿があるそうです。拝観料300円にて見学可能です。僕は先を急ぐ身でもあり300円で笛木醤油のかけせんを買う予定でもあったので駐車場から拝観いたしました。

P50_20150321_135444春になりました
14時近くなって北の空から青空が広がり春の日差しが差し始めました。荒川CRの堤防はいつの間にか菜の花の黄色い春の色に覆われていました。




~熊谷~スポーツ公園通り~県83~利根川CRで17:10羽生着。
走行時間:6h52m、距離:161.5km、AV.23.5km

3月22日(日)
6:30起床。快晴の朝です。朝食後近所をのんびり30kmほど走行。今日は渡良瀬遊水地で葦焼きが行われているそうで、遥か北東の空に黒煙が立ち上っていました。
甥の祝いも無事済んで昼食後自宅に戻ります。羽生を午後出発なので寄り道無しの最短コースです。運の悪いことに南風が吹き始めています。
12:30羽生出発~県32~鴻巣~県76~糠田橋~荒川CR~羽根倉橋~県36~都12~多摩川CRで17:00帰宅。
延々と南の向かい風との戦いでした。荒川沿いは北風のときも南風のときも風の通り道となっているので近隣のアメダスポイントで観測される風速よりも5割増し程度の風速となります。帰宅した時にはすっかりヘタってしまいました。
走行時間:5h30m、距離:115.4km、AV.20.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

自転車掃除にワイプオール

自転車のお掃除に使い古しのTシャツを適当な大きさに切ってウェスとして使ってきました。 仕事のストレスと汗を吸いこんでは洗濯を繰り返されたTシャツはクタクタになって柔らかく油脂や汚れの吸収力抜群で重宝します。しかし、古着の生産者は僕一人なのでそうそう使い古しが出るわけではなく、セコセコと汚れきるまで使っていましたが在庫が無くなってしまいました。
P50_20150316_195557ワイプオールX70 4つ折り(50枚入り)
キムワイプやキムタオルで有名な日本製紙クレシア社製。
材質はパルプ+ポリプロピレン不織布。サイズ335mm×343mm。愛用のフクピカよりも大きいサイズです。amazonで送料込710円でした。布の厚さの違いでX50からX80までの種類があります。
売り文句
「ハードにもデリケートにも使える安全性の高い接着剤不使用。高水圧でポリプロピレン不織布をパルプに絡めてシート化しているので、布の丈夫さと紙の吸水性を兼ね備えています。布のように耐久性があるため、濡らしてギュッと絞れ数回の拭き取り作業も可能です。
多量な油やグリスをガッチリ拭き取りたい時や、カウンターを優しく拭き取りたい時に。
高い吸水力…キムタオルより吸水性が高く、水に濡れた状態の強度はキムタオルと比較した場合は約3.3倍なのでハードな使用にも耐えられます。」
ということで自転車関係でも良く使われているようです。
届いたのが夜だったので家電の拭き掃除に使ってみました。手触りは不燃布よりもしなやかで柔らかい感じです。水にぬらしてギュッとねじり絞りしてもちぎれることはありません。8つ折りの適度な大きさにして面を変えながらいろんな場所を拭けます。拭きとった後に毛羽立って繊維が残ることもありませんでした。ひょっとすると風呂場で体も洗えるかも^^。油汚れで無ければ洗って再利用も可能です。
これなら惜しげもなく自転車掃除に使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

パンクしてやる気が抜けたこと

5:50起床。曇っています。冬が終わってから週末一日中スッキリ晴れる日が無くなりました。春先から南岸低気圧の通過ばかりで曇雨天が多く、おかげでバカ風が吹いて砂塵の舞う日はありませんが日本海低気圧のパターンが現れず春一番も吹かない湿っぽい春です。
とはいえ今日は雨の心配もないし暖かくなる予報なので昨日の分を取り返すべく荒川方面に向かいます。
7:30出発。多摩川CR~都19~都12~野川あたりでパンク
P50_20150315_082557刺さりました
野川を渡ったあたりからやけに乗り心地が良くなったと思ったら後輪がふにゃふにゃになりました。修理のため不時着地を探すため都12から脇道に入り込み適当な駐車場を発見してパッチ修理しました。原因はガラス片の突き刺さりでした。去年の11月以来4カ月ぶり、4000kmぶりのパンクです。僕としてはかなり久しぶりのことになります。
パンク修理は無事に終わりましたが、体が温まってこれからというタイミングでのパンクだったので、かなりやる気が抜けました。しかも走行してみるとタイヤの回転に合わせてトン、トンと周期的に突き上げるような縦振れ振動がでました。タイヤ内のチューブが均等になっていないようです。またタイヤを外して空気を入れ直すのも大変だし携帯のインフレーターで空気を目いっぱい入れても高圧にできないので一旦帰宅して整備することにします。
~三鷹、府中、調布あたり~多摩川CRで是政橋まで周回して10:20帰宅。

帰宅後さっそくタイヤを外してチューブをはめ直し無事タイヤの縦振れは直りました。天気は曇ったままで肌寒く体が冷えてしまったので早めの昼食。どうも走行後自宅で昼食をとると昼寝がセットになってしまう性格のようで久しぶりに電気を入れたホットカーペットの上で気持ち良く寝ていたのでした。

14:00目覚めると空は晴れて日差しが戻り暖かくなってきたので2度目の走行へ。
14:30出発~多摩川CR~立川折り返し~多摩川CRで16:30帰宅。
P50_20150315_152830完成しました
去年の秋から立川市の陸上競技場脇に新しい堤防を作る工事が行われていました。この期間、僕は羽村方面に向かうときは府中四谷橋から浅川CRを経由して多摩川右岸に迂回していました。この工事は2月末までの予定だったので今日見に行ってみると3月末まで延期されていました。工事というものは遅延するものなのね。堤防も出来上がり新しい自転車コースの舗装も完成しているようです。以前よりも3倍くらい幅が広くなっています。

P50_20150315_152851新しいコース
上の写真の道を直進して堤防上に出た後、上流に向かうと一旦ヘアピンカーブで河川敷内に下り日野橋の先で堤防上に復帰するようです。自転車乗りとしては堤防上からまっすぐ下らせてもらいたいところですが、施政者側はスピードが出すぎて危険と判断してこの措置を取ったのでしょう。


また今日も中途半端な一日で終わってしまいました。
走行時間:4h12m、距離:90.3km、AV.21.5km/h

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

哀れ岩割の梅

5:50起床。快晴の朝です。いつの間にか日出時刻が5時台まで早まって来て今日は5:54でした。もう6時からの出発も可能な季節です。この先も一週間で10分ずつ早まって6周間後の4月25日には4:57となり、さらに1時間早く出発できるようになります。早起きが苦ではない僕にとっては好ましい季節の到来です。
このところ短い周期で雨降りの日が訪れて週末走行がグダグダにされてしまっていましたが久しぶりに朝から路面の乾いた土曜日です。しかし予報では今日も昼前後に雨が予想されています。2週かけて整備された自転車をいきなり汚すのも癪なので様子を見ながら昼頃帰ってくることにして青梅方面へ向かいます。
7:20出発~多摩川CR~羽村~奥多摩街道~青梅~R411~日向和田~梅郷
P50_20150314_101040岩割の梅
青梅市梅郷の梅林は病気のため全て切り倒されていますが、この梅の木も例外ではありませんでした。岩の割れ目から延びる幹だけ残して枝は全て伐採されていました。枯れているように見えますがもし根が生きていれば枝を伸ばして葉を付けるはずです。新緑の頃にもう一度見に来てみよう。


空は薄雲が広がりながらも日差しがありますが10時を大きく回ったので念のため家に戻る方向に進路をとります。
~都45~羽村~多摩川CRで12:40帰宅。
P50_20150314_141312後ろブレーキシュー交換
自転車購入後一度も交換していなかった後輪ブレーキシュー(下)。横着しすぎました。溝も無くなりペッタンコです。ブレーキの引き代も半端ないので交換です。上は先代の盗難に遭った自転車用に購入しておいたVブレーキ用のブレーキシューです。カンチブレーキには使えるので無駄にしなくて済みました。交換によりシューとリム間の距離が片側5mmは狭まったのでわずかな力の引きで確実にブレーキを当てることができるようになりました。

昼食、昼寝後16時から是政橋まで周回
結局、予想された雨は降ること無く再び晴れてきました。なにか中途半端な一日となってしまいました。
走行時間:6h28m、距離:145.8km、AV.22.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

スプロケット手抜きクリーニング

6:00起床。昨日に続いて雨降りの朝です。これで3月に入ってからの休日は3日連続で朝からの雨降りにたたられてしまいました。降るんだったら花粉を洗い流すくらいしっかり降ってくれればいいものをジトジトと路面をウェットにキープする程度のやる気のない降り方をされるのも好ましくありません。
午後になって雨は止み路面も乾いてきましたが相変わらずのどんより空で日差しは戻らず北風もあり、やる気が湧いてきません。
P50_20150308_160740汚れているスプロケット
先週の雨降りにはチェーンクリーニングと前輪交換をおこなって時間をつぶしました。今日はスプロケットを掃除します。本格的にやるにはスプロケットを外してバラし1枚1枚を洗浄すれば使うのがもったいないくらいにピカピカになりますが今日は手抜きです。


P50_20150308_160900クリーニング道具
ワコーズのフィルタークリーナーと刷毛を使います。フィルタークリーナーはチェーンの洗浄のときも通称「ガラガラ」に入れて使っています。「ガラガラ」専用の洗浄液よりも効果大です。それを湯呑にほんの少量あけて刷毛でスプロケットに塗ります。刷毛は奥に届くよう毛が長く固めのものをホームセンターで130円で購入してきました。

P50_20150308_162453手抜きクリーニングしたスプロケット
スプロケットがついたままのタイヤを壁に斜めに立てかけ、下に新聞紙を敷きます。こうすれば刷毛で塗ったクリーナー液がポタポタ垂れてもタイヤにかからず床面も汚しません。一通り塗り終えたらしばらく放置してボロ布でふき取って終了。ふき取りが甘かったのか一部に黒い汚れが残っていますが10分ほどの手抜きクリーニングですから十分効率的です。

走行時間:1h20m、走行距離:28kmほど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »