« 川島の笛木醤油まで | トップページ | リアディレイラーを捻る »

2015年6月 7日 (日)

検見川の廣徳院

5:10起床。昨夜の雨は止んで明るい曇り空です。路面はマダラに乾いた状態。
今日のコース
今日は久しぶりに拓郎の引っ越しの唄の現場訪問の旅です。拓郎が20歳のときに居候していた千葉の検見川にある廣徳院を訪ねます。ここは歌には出てきませんが。
残念ながらGPSロガー不調につき記録がとれませんでした。
6:10出発~多摩川CR~羽田~平和島~海岸通り~晴海通り~R357沿い~8:40葛西臨海公園~江戸川CR~9:20市川橋(73.5km)~R14~11:00検見川の廣徳院
ここまでのコースはGW連休初日に白子に向かったコースをずっと辿りました。
P50_20150607_110110廣徳院山門
「情熱大陸」で最初に訪れた廣徳院です。1966年といいますからほぼ半世紀前、拓郎はデビュー前の二十歳の学生のとき広島の河合楽器の店長実家であるこのお寺に居候して作詞、作曲、ビレッジシンガーの前座などをやっていた場所ですね。半年ほどの滞在だったようです。


P50_20150607_110315本堂
拓郎は本堂の中にある一間を借りて住んでいました。向かって左側の奥になります。現在本堂の修復作業のため足場が組まれその部屋を外から見ることはできませんでした。




P50_20150607_110409イチョウ
番組に中で秋になると大量の落ち葉で掃き掃除が大変だったと言っていたイチョウの巨木です。





~稲毛海岸~県15~R14~市川橋~都60~都315~平井大橋~荒川CR~羽根倉橋~志木~県36~都12~多摩川CRで16:30帰宅。
拓郎の住んでいた部屋を見るため再訪の要ありかな。
走行時間:8h55m、距離:206.0km、AV.23.1km/h

|

« 川島の笛木醤油まで | トップページ | リアディレイラーを捻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/61709885

この記事へのトラックバック一覧です: 検見川の廣徳院:

« 川島の笛木醤油まで | トップページ | リアディレイラーを捻る »