« リアディレイラーを捻る | トップページ | 祝!渋井橋開通 »

2015年6月14日 (日)

リアディレイラー交換

5:40起床。雨音で目が覚めました。降り始めたばかりのようで路面は乾いていましたが間もなくウェットに変わりました。もっとも今日はリアディレイラーを交換しない限り自転車で走ることはできないので安心して二度寝に入りました。
8時前に目覚めると雨は止んで路面もまだらに乾いていますがまずは修理です。
P50_20150614_104856ディレイラーハンガー部を直す
曲がったリアディレイラーは修理不能なので取り外されて床に散っています。問題はハンガー部の曲がりでした。幸いフレームはクロモリなので曲げ戻すことが可能。昔ペダルが取れなくて買った300mmの大きなモンキーが役立つ時が来ました。きっちり挟み込んでグーッと力をかけて少しずつ広げていきます。塗装がはがれて痛々しい限りでした

P50_20150614_121715ディレイラー交換
ハンガー曲がりの戻し作業は数値的に確認できるわけではないので一発では決まりませんでした。ハンガーが折れはしないかとおっかなびっくり力をかけてモンキーで外側に広げてはディレイラーを組みつけます。プーリーとスプロケットの角度を確認すること4回目にしてようやく満足いく形になりました。







P50_20150614_103410リアシフトワイヤーがやられていた
ディレイラーを外したついでにシフトケーブルの確認もしてみました。ワイヤーを抜いてシフターのタイコ部分を引っ張り出してみると何となんと3分の2以上のワイヤーが引きちぎれているではないですか。危ない所でした。こんなこともあろうかとシフトワイヤーは在庫してあるので即交換。前回の交換が2014年1月に22700kmで切断。それから21800kmほど走行した結果がこれでした。後から思えば最近ギアをロー側にダウンするとき一発で決まらないことが多くなっていたのはこのせいだったのですね。2万km走ったら無条件で交換という教訓を得ました。
整備終了後、昼食。ハンガー曲がりの戻しに神経を使ったので軽く昼寝を楽しんでから是政橋、多摩河原橋、多摩水道橋間を周回しながらシフト調整。フロントディレイラーもアウターから外にチェーンが落ちないよう調整して終了。
走行距離:70kmほど

|

« リアディレイラーを捻る | トップページ | 祝!渋井橋開通 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/61742708

この記事へのトラックバック一覧です: リアディレイラー交換:

« リアディレイラーを捻る | トップページ | 祝!渋井橋開通 »