« 夏休みツーリング | トップページ | 岡本太郎の「であい」をみる »

2015年8月18日 (火)

大崩海岸は通行止めだった

2015081今回の出で立ち
9日間のツーリングですが夏でもあり走行用のウエアは着たきり雀の毎日洗濯方式で1セット。下着靴下は3セット、部屋着上下1セットとタオル、洗面具、工具類、チェーンオイル、非常時夜間走行用のジェントスライト、充電器、100円カッパ(上半身)。これに貴重品(財布、携帯、カメラ)を身に着けるためのウェストバッグです。タイヤは23C。途中雨になったときのことを考えて輪行袋も用意しましたが出発する朝に降ろしました。
金沢に向けて往路東海道経由5日、復路信州経由4日の行程です。

8月8日(土) 1日目
4:00起床。雲が多いですが月が見えています。窓を開けるとこれまでよりは涼しさを感じる風が流れ込んできました。今日から9日間のお泊りツーリングに出かけます。初日はできるだけ距離を稼ぐ日なので御前崎あたりが目標です。途中御殿場の上り、サッタ峠、大崩海岸あたりが難所といえば難所でしょう。
Map20150808今日のコース(沼津から先)
富士川までは去年の秋に走っているので大体の距離感と所要時間は把握できています。そこから御前崎まで約100kmと読んでいました。




5:00出発~多摩川CR~都3~都57~境川CR~町田~県51~厚木~R246~松田~県72~8:20山北駅(71.5km)~県76~R246~9:00駿河小山(83.0km)~県149~足柄~県76~御殿場~県394~下戸狩~県22~県162~沼津~県380~R139~県396~12:00富士川橋(142.6km)
神奈川県内から御殿場まで東寄りの風で追い風、しかも雲が多く気温がいつもより低めなので順調です。神奈川から静岡に抜けるには箱根越えのR1東海道よりは御殿場を経由した方が楽に距離が稼げます。御殿場を過ぎると南寄りの向かい風に変わり日差しが出て暑くなりました。しかし沼津までは長い下りが続きます。
P50_20150808_120227富士川
今回の旅のファーストショットがこの写真でした。沼津から駿河湾沿いの県380を使いましたが海も見えず直線の単調な道で暑さも加わり眠気を覚えました。富士川はR1の歩道を使おうと思っていましたがうっかりR139から富士川橋に進んでしまいました。ここまで来れば今日のメニューの半分以上を消化しています。しかもまだ12時ですからこの先御前崎まで余裕と思われました。
~県396~由比~サッタ峠
P50_20150808_124821サッタ峠
サッタ峠から下を走るR1を見下ろすと歩道が繋がっていて自転車で通過できるようです。





~R1~清水~県67~静岡~R1~14:30安倍川(180.0km)
P50_20150808_142840安倍川
静岡県庁脇を通過してR1で安倍川を渡りました。橋の向こうに見えるのは静岡の市街地です。ここから海沿いの大崩海岸に向かいます。残り距離50kmほどなので今夜の宿に予定していた御前崎YHに電話を入れると今夜は団体貸切でいっぱいとのこと。ガックリ。途中に海水浴場があるので民宿でも探し当てることにして先に進みます。

~用宗街道~県416~14:50用宗で通行止め(185.7km)~県366~丸子川CR~R1~県208~15:40宇津ノ谷峠明治トンネル(196.9km)
P50_20150808_145003大崩海岸通行止め
用宗港を過ぎて県道に山が迫ってきた所にこの案内板がありました。徒歩も自転車も完全通行止めとなっています。2013年10月の台風26号により海岸道路途中で道路陥没が発生しそれ以来通行止めとなっているそうです。こうなると自転車はR1の通る宇津ノ谷峠まで迂回せざるを得ません。とんだ時間と体力のロスです。

P50_20150808_154305宇津ノ谷峠明治トンネル
前回は県道の昭和トンネルを通っているので今回は明治トンネルを通ってみました。さすがに明治トンネルのポータルは赤レンガがきれいに積まれて風格があります。




~県208~県81~焼津~いちょう通り~県416~県31~R150~18:10相良海岸のペンションリリカル着
P50_20150808_170642大井川
静岡県の旅は大きな川越えの旅でもあります。大井川を渡れば天竜川まで大きな川はありません。17時を過ぎ空には積乱雲崩れの雲が広がって薄暗くなり始めています。泊まる宿の決まっていない状態でこの時間帯走り続けるのは何とも心細いものですが、それもまた自転車旅の醍醐味と強がりながら先を急ぎます。

P50_20150808_174335静波海岸
宇津ノ谷峠への迂回で時間を取られ、焼津から向い風にあおられて明るいうちに御前崎到着は難しくなってきたので静並海岸あたりから走りながら適当な宿を探し始めました。海岸沿いに入り込んだりしましたがこのあたりは結構人が多いようで通過しました。小学校高学年のとき学校の遠足か何かでこの海岸に立ち寄った記憶があります。それが何だったのか思い出せずにいます。

P50_20150809_052103今日の宿
相良に入って国道わきに民宿の看板があったので立ち寄るとすでに廃業しているとのこと。でもご主人が親切にも知り合いに連絡してくれて素泊まり4000円の宿を紹介してくれました。こんなことがあるのもまた自転車旅の醍醐味と思うのでした。ペンション「リリカル」です。ペンションにおじさん一人でと思うでしょうが無理やり用意してもらった部屋は宴会場を仕切った畳の和室に布団で、お姫様チックじゃなくて助かったー。到着後すぐに入浴して汗を流しウエアはササッと水洗いして脱水機にかけ部屋干しです。
夜にわか雨がザーッと来ましたが自転車は玄関に格納されてあったので濡らさずに済みました。
走行時間:10h48m、距離:238.7km、AV.22.1km/h

|

« 夏休みツーリング | トップページ | 岡本太郎の「であい」をみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/62110428

この記事へのトラックバック一覧です: 大崩海岸は通行止めだった:

« 夏休みツーリング | トップページ | 岡本太郎の「であい」をみる »