« 岡本太郎の「であい」をみる | トップページ | 岡本太郎の「未来を拓く」と「歓喜の鐘」をみる »

2015年8月20日 (木)

岡本太郎の「歓喜」と「若い太陽の塔」をみる

8月10日(月) 3日目
5:00起床。薄雲が広がっていますが晴れています。女将さんはまだ起きてきていませんが部屋に格納された自転車を玄関前に出しバッグを搭載して出発準備です。名古屋岐阜では猛暑日が予想されているので少しでも涼しいうちに先に進んでおく必要があります。
Map20150810今日のコース
三重県の伊勢湾岸を北上して愛知県に入り目的達成のため名古屋市と犬山市にある岡本太郎作品を鑑賞します。名古屋市内を初めて自転車で走るので緊張します。




5:30松阪出発~R42~6:50津(26.7km)~県645~サーキット道路~7:40鈴鹿サーキット~県643~鈴鹿川沿い~県103~R1~10:10木曽川の尾張大橋(75.2km)で愛知県に入る
P50_20150810_073732鈴鹿サーキットをみる
稲生の地名が出たので左折するとそれは鈴鹿サーキットへ向かう「サーキット道路」でした。1994年から2006年まで毎年F1日本GPに友人と車でテント持参で観戦に来ていました。レース後に入ったサーキット内にあるクアハウスも健在でした。入るまでに2時間並び、洗い場でも裸の行列するというイモ洗い温泉。懐かしいなぁ。今年も開催されるようですがなぜかあの頃の情熱は冷めてしまっています。

P50_20150810_100909愛知県に戻る
進路は北から東に変わると揖斐川、長良川、木曽川の順に渡ります。その3本目木曽川の真ん中あたりで愛知県に入りました。三重県には1泊しましたが24時間は滞在しませんでした。




~R1~中川運河沿い~11:30名古屋市慶和幼稚園(95.9km)~名古屋高速4号線下の道~県107~名古屋城~県215~12:30久国寺(108.9km)~R41沿い~県102~県27~犬山~15:20犬山モンキーパーク(139.7km)
P50_20150810_112645名古屋市港区の慶和幼稚園
ここには「あそび」という陶版画の作品があります。鑑賞させてもらうために幼稚園に電話をかけてみましたが留守電にもならず呼び続けです。完全夏休みに入っているようです。せっかくここまで来ましたが諦めるしかありませんでした。ザンネン



P50_20150810_122655久国寺の「梵鐘・歓喜」をみる
名古屋城を目指してまっすぐ北上し名古屋城わきを通過しても目もくれず久国寺に向かいました。幹線道路から奥へ入った静かな住宅地にありました。山門を入ると右手に鐘楼がありそこにトゲトゲの梵鐘がぶら下がっていました。スバラシイ。鐘を突いてみたかったですがグッと我慢。鐘から飛び出しているトゲは鐘に描かれている人間の手なのです。

P50_20150810_123035太郎サイン
梵鐘には写真の漢字とTAROとローマ字のサインがありました。1965年の制作です。まだこの頃のサインはおとなしい太郎フォントですね。




久国寺から犬山に向かう間は猛烈な暑さに襲われました。水分を飲んで腸で吸収させて体中をめぐって汗として絞り出し、蒸発するとき奪われる気化熱で体温を下げるという自然に備わった仕組みでは到底間に合いません。こんな時のために大きめのバンダナを用意してきました。こいつを水道水でひたひたに濡らして首に巻いて走るのです。スーッと冷涼感を感じます。20分もすると乾いてしまうので水道を探してまた濡らしての繰り返しで一向に前に進みません。
P50_20150810_151605日本モンキーパークの「若い太陽の塔」を遠くからみる
ようやく犬山に到着しモンキーパークへの上り坂を駐車場まで上りました。駐車場からでも塔の上部に付いている金色の顔を見ることができました。1969年の完成で高さ26m、顔の直径4mでその周りに炎の髭が生えています。間近で全体を鑑賞するためには入園料1100円を払って園内に入園する必要があります。もともとそのつもりでいたのですが人が多いのと暑さにやられてしまったためか入園する気にならずこの写真を撮ったら下ってしまいました。写真は28mm固定のものを縮小しているのであまりにも小さいので左上に原寸のものを貼り付けておきます。金色の顔が逆光のためくすんでしまいました。到着した時間が悪かったです。
~木曽川沿い~ライン大橋で岐阜県に入る~県95~市道~R23~16:00各務ヶ原の岩田屋旅館着
P50_20150810_153051犬山城下の素掘りトンネル
木曽川沿いの道を犬山城のすぐ下を通っていると素掘りのトンネルを通過。奥多摩に向かうR411の旧道にあるトンネルを思い出します。




P50_20150810_153532犬山城
木曽川のライン大橋を渡り始めると犬山城が見え始めました。県27で犬山市に入っても一向に犬山城の姿は見えませんが木曽川対岸の岐阜県側からは良く見えます。川幅が広いのは橋の下が堰になっていて堰止められているためです。なので流れが穏やかで13km上流の美濃加茂市からここまでライン下りの船がのんびりと流れていました。

P50_20150811_052425今日の宿
各務原市三柿野駅そばにある旅館岩田屋です。夕食付で5700円でした。到着が早かったので風呂の準備がまだでしたがすぐにシャワーだけ浴びさせてもらいました。まだ西日があるので3日分の下着靴下も一緒に洗濯しベランダで干せました。



旅の疲れは4日目あたりが一番つらい所です。明日の宿も予約して置こうと出発前に調べておいた越前陶芸村近くにある町営の若竹荘に電話してみると予約の受け付けは宿泊3日前までですとバッサリ断られました。出発前夜での予約状況は余裕ありだったので空きがあるはずなのに。しかもここは素泊まりしかないので宿側で特別な準備など必要ないと思われますが。これだから公共の宿は使えないんだよなー(自転車旅の場合にです)。もう潔く現地飛び込みで宿を決めることにしよう。
走行時間:7h21m、距離:148.7km、AV.20.1km/h

|

« 岡本太郎の「であい」をみる | トップページ | 岡本太郎の「未来を拓く」と「歓喜の鐘」をみる »

コメント

旅の記録、楽しみに読ませていただいてます。
しいたけさんが毎晩予約なしにどこに宿泊されるのか‥!まるで連載物のように。
テントを装備していないようなので、とにかく今夜泊まる宿をおさえなくてはでしょう?それもお盆連休の真っ最中に‥。
私には予約なしで一泊でも宿をとることなんてできませんよー。
しいたけさんの行動力には感心してしまいます。
こうして、宿探しをする中いろいろな人との出会いがあるのでしょうね。
うちは、いっぱいだけど知り合いの宿に聞いてあげる、紹介してくれる。など親切な方とのやり取りも旅のひとつなのでしょう。
私にも、登山道の下山を間違え、車を置いた駐車場まで日の暮れ始めた林道を8km歩かなくてはならなかったとき「乗りますか?」と車に乗せて駐車場まで送ってくれた親切な方がありました。
あのときの有り難さは、今でもよく覚えているし、いつか私も誰かしらに優しさのお返しをしたいと思っています。

あら‥なんだか関係ないようなことをコメントしてしまいました。

とにかく、旅の記録もう数日。楽しみにしています。
最後になってしまいましたが、おかえりなさいでした。よい自転車旅ができたようでよかったですね。

投稿: ソフィ | 2015年8月21日 (金) 11時10分

ソフィさん、コメントありがとうございます。
自転車旅での宿は旅の期間が長くなるほど予定が狂うのでなかなか予約しておくことが難しいですね。なので今回も予約なしで現地で探すことになりました。でもさすがに金沢は今が旬の観光地なので予約しておきましたけどね。なので12日金沢必着は至上命題だったのです。
今回も宿を紹介してもらったり、宿では自転車のことを心配してくれたりでいろんな人にお世話になりました。ウマイものを食べたなんてことよりそういうことのほうが意外と記憶に濃く残っています。

投稿: しいたけ | 2015年8月22日 (土) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/62121967

この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎の「歓喜」と「若い太陽の塔」をみる:

« 岡本太郎の「であい」をみる | トップページ | 岡本太郎の「未来を拓く」と「歓喜の鐘」をみる »