« すっかり秋になっていた | トップページ | 協力して草刈りしてほしい »

2015年9月12日 (土)

ギシギシ音に対応する

5:45起床。低い雲が多いながら晴れています。先週日曜日から降り始めた雨は連日続き大雨をもたらして木曜日まで続いてようやく一休みに入ったようです。実家の羽生では低い水田は水浸しで当分稲刈りは不可能。陸田だけは昨日今日の晴天でようやく明日から稲刈りとの指令が下りました。
窓とドアを開けて風を通し、いつものようにカップにナミナミと牛乳を注いで新聞を読みながらパンをかじり始めたときでした。「ゴゴゴゴゴ・・・」という地鳴りの音とともに縦微動が始まり強まっていきます。地震の初期微動です。緊急地震速報は間に合っていないのか震度が小さい予測なのか鳴動しません。でもそれなりに大きそうな初期微動の高まりです。何をするか迷いましたがドアは開けてあるので避難経路の確保はOK。では牛乳がナミナミしているカップからこぼれないようにと急いで二口飲んだ瞬間に主要動が到達し周期の短い強い横揺れに襲われました。座りながらカップは手に持ったまま牛乳をこぼさないように必死に耐えたのでした。久しぶりに感じる体を持っていかれるくらいの加速度でした。近所の震度は4でした。
P50_20150912_082856ギシギシ音の正体
先週長距離を走っていて走行中どこからかギシギシと建付けの悪いベッドのような音がずっとしていました。停車してフレームを調べてもヒビのようなものは無し。でも走りだすとまたギシギシ。今朝は原因究明のため近所を周回。スタート時に立ちこぎをしているときは無音ですがサドルに腰をおろしてペダルを回すと例の音。サドルが音源であることが判明しました。サドルで緩むような所があるとすればシートポストに固定するねじ。増し締めして試走すると全然変化無くギシギシ。まだ何かあるのかと良く見ると裏側に六角の小さなねじがありました。試しに全てをしめこむ方向に回して試乗してみると静かになりました。おぉ、自転車はこんなに静かな乗り物だったのかと再認識。
肝心の走行は「おまた」が痛くて30km弱で終了。

|

« すっかり秋になっていた | トップページ | 協力して草刈りしてほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/62268559

この記事へのトラックバック一覧です: ギシギシ音に対応する:

« すっかり秋になっていた | トップページ | 協力して草刈りしてほしい »