« 川島の白鳥をみてくる | トップページ | 羽村のケヤキついに切られる »

2016年2月 6日 (土)

平瀬川の橋にCRが繋がっていたこと

6:30起床。曇っているおかげで霜も無く暖かい朝です。2月といえば毎年走行距離の落ち込む月です。乾燥した天気が続かなくなり雨や雪でただでさえ少ない休日がヤラレルことが多くなります。走れるときに走るという意識を強く持って何とか月間1000kmを目指します。
Map20160206今日のコース
日中も曇りベースの様で風が南に変化することはなさそうなので北に進んで荒川から下流を目指しました。荒川CRの秋ヶ瀬橋から下流は30kmくらい連続して走れるのでぺダリング練習にはもってこいです。



7:50出発~多摩川CR~都19~都12~ひばりが丘~県36~志木~羽根倉橋~荒川CR~10:00治水橋折り返し
P50_20160206_095416荒川の野焼き
志木市街地を走行中に上空から黒いものがはらはらと舞い落ちてくるのに気付きました。草が燃えた灰です。北方向に煙が立ち上っているのが見えたので羽根倉橋から荒川CRを北に進んでみると荒川運動公園手前の葦原の野焼きでした。炎は遠いですがちょっと暖か。


~荒川CR~11:50葛西臨海公園~荒川河口橋~R357に並行する道~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦
P50_20160206_130214頑張ってほしい
不正会計から7100億円の赤字転落~となってしまった会社です。テレビとかHDDレコーダーとか冷蔵庫とか買ったのにその部門はリストラされちゃうのね。その技術が海外に流れ・・というのが日本のメーカーの最近のパターン。



~旧海岸通り~昭和島~13:50羽田~多摩川CR
P50_20160206_143837多摩川の河津桜
今年の冬は前半の暖冬効果が大きく梅の開花が早かったですがちょっと寒波が来たものの河津桜の開花も早いですね。





P50_20160206_145446_2平瀬川橋梁のCRが開通していた
R246新二子橋の下を通過した先で右へ河川敷に下る舗装路が取り付けてありました。その先は多摩川河川敷緊急用道路につながり平瀬川が多摩川に合流する場所に架けられた橋へ続きます。この橋自体はずいぶん前に完成していましたが橋の両側がダートだったので上流のむかしからの平瀬橋を利用していました。これで狭くて危険な橋を経由しないで済むようになりました。スバラシイ。

~多摩河原橋まで周回して15:40帰宅。
走行時間:6h39m、距離:167.3km、AV.25.1km/h

|

« 川島の白鳥をみてくる | トップページ | 羽村のケヤキついに切られる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63173945

この記事へのトラックバック一覧です: 平瀬川の橋にCRが繋がっていたこと:

« 川島の白鳥をみてくる | トップページ | 羽村のケヤキついに切られる »