« パルから20時間で帰宅する | トップページ | 茅葺の萩平歌舞伎舞台をみる »

2016年3月19日 (土)

インドネシアみやげ

自分へのインドネシア旅の記念の品です。
P50_20160318_074102ルピア硬貨
ホテルチェックアウトまでの時間を利用して、ルピアコインの両替をお願いしにフロントに行きました。一応英語の文章を用意しておいたのですが現地ガイドさんがフロントにいて日本語で「どうかしましたか」と話しかけてきたので事が簡単に進みました。下調べでは1000、500、200、100、50、25ルピアの6種が発行されていることになっています。これまでの買い物や食事時のおつりで500と200は手に入れていました。2000ルピア札で両替してくれたのは1000、500、200×2枚、100ルピアでした。50や25は無いのか尋ねると「もう無いネー」だそうです。小額過ぎて何も買えないのです。スプライトの250cc缶が10000ルピアの世界ですから無理もないです。500ルピア以下はアルミ硬貨です。1000ルピア硬貨は鉄とニッケルです。重さと大きさは10円玉とほぼ同じです。
P50_20160318_074343ルピア紙幣
お札は当初国内から50000、20000、10000、5000ルピア紙幣の4種80万ルピアを持って行きました。現地でトシユキ氏との交換で100000、買い物のおつりで2000、1000ルピア紙幣をGETし全7種をコンプリート。稀に500ルピア紙幣があるらしいのですが観光客が行くような場所では入手できないでしょう。5000ルピア以下の紙幣は使われる頻度が高いようでヨレヨレです。全部合わせても2000円ほどなので自分への記念のおみやげです。ほかはジャカルタの空港で使い切りました。

P50_20160318_074912ガルーダ箸
機内食で和食を頼んだら割り箸ではなく竹を樹脂でコーティングしたような感じの箸が付いていました。ガルーダのロゴとマーク入り。僕の手にはちょっと太かったです。洋食にはステンレス製のナイフ、フォークが付いていましたがいざとなったら武器になってしまいそうです。保安上大丈夫なんでしょうかね。

| |

« パルから20時間で帰宅する | トップページ | 茅葺の萩平歌舞伎舞台をみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インドネシアみやげ:

« パルから20時間で帰宅する | トップページ | 茅葺の萩平歌舞伎舞台をみる »