« インドネシアみやげ | トップページ | 小川町の茅葺吉田家をみる »

2016年3月21日 (月)

茅葺の萩平歌舞伎舞台をみる

3月20日(日)
6:00起床。曇っています。寒い寒いと思っているうちにもう春分の日です。3月というのは2月に比べ昼間の時間も延び気温も上昇するのですが意外と天気が悪く、油断すると自転車の走行距離が1000kmに達しません。先週末は寒の戻りで日食ツアー疲れもあって完全休養してしまいました。残るお休みは今日を入れて4日しかありません。2月よりも悪い成績で終わりそうです。昨夜から冬型に変わって夜遅くからビュービューと北風の音がうるさかった割には天気がよろしくありません。南西方向の空がどす黒く見えるので念のためレーダーをチェックすると神奈川県西部方面から町田市あたりにかけてエコーが広がっています。お彼岸で羽生に行って来るので雨雲が広がらないうちに北に向かって出発です。
Map20160320_01今日のコース
とはいえ北風が強く吹いています。荒川CRに出て北上するコースではモロに向かい風にいじめられて羽生に着く頃にはやさぐれてしまい精神的にもよろしくありません。遠回りですが風を避けるために秩父に迂回します。



7:10出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~小沢峠~名栗~10:50山伏峠(65.9km)
P50_20160320_104250山伏峠越え
たくさんのロード乗りに抜かれていきました。遅いのをごまかすために写真を取りながら走っていました。
山伏峠越えはこのあたりが好きな場所です。




~R299~秩父~県208~秩父公園橋~県72~県44
P50_20160320_115110萩平歌舞伎舞台
県44を皆野に向け走行中、右手に茅葺屋根3棟を発見。萩平精進堂(真ん中)と萩平歌舞伎舞台(右)です。3棟茅葺というのはスバラシイ。




~県44~皆野~県82~寄居~R140~熊谷~県128~利根大堰~
P50_20160320_151053すっかり春になっていた
秩父盆地を脱し進路が東に変わると強敵だった向かい風が横風ながら後ろから押してくれるようになりました。味方につければ強力なアシストになってくれます。利根川の堤防は菜の花畑が広がっていました。しばらくサボっているうちにすっかり春に移り変わっていました。


~利根川CRで16:10羽生着。
走行時間:7h32m、距離:160.9km、AV.21.3km/h

|

« インドネシアみやげ | トップページ | 小川町の茅葺吉田家をみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63377698

この記事へのトラックバック一覧です: 茅葺の萩平歌舞伎舞台をみる:

« インドネシアみやげ | トップページ | 小川町の茅葺吉田家をみる »