« リゾートホテル | トップページ | パルから20時間で帰宅する »

2016年3月16日 (水)

皆既日食前後のこと

3月9日(水)4日目
07:10起床。良く晴れています。いよいよその時を見ることが出来るのではと期待は高まります。
07:30朝日が強烈に差し込むレストランで朝食。
はやる心を抑えていつものインドネシア風朝食。オレンジジュースがあるのでみかん星人の僕はデフォルトでコップに注いでしまいます。しかしこちらのオレンジジュースは甘すぎです。少し酸味があればサッパリ感も出るのですが口の中に後を引く甘さ。それなのに毎朝飲んでしまうのはみかん星人であるためか。

08:27:50 日食開始
P50_20160309_083615日食開始頃の様子
レストランのテラスは僕たちのツアー専用スペースに貸し切られています。朝食後に僕たちが出て行ったときにはすでに場所取りが終わっていて、海側や椅子は全て押さえられていました。でも僕たちは肉眼と双眼鏡で”見る”のが第一の目的なので特に問題はありません。空いたスペースにぺたりと座り込みます。

Mappal月の影の経路
月の影は地図の左から右へ猛烈な速さで移動していきます。北限界線と南限界線に挟まれたエリアで皆既日食となります。パル付近の中心線上での皆既時間は2分50秒ほど。中心線から離れたホテル付近では1分56秒と計算されています。
太陽は上側から月に隠されていきます。奄美日食のとき使った日食メガネが活躍します。欠け方が小さいうちは直射日光がきつくレストランに避難して冷たいオレンジジュースを飲んで休憩。
太陽の周辺には邪魔する雲は無く澄んだ青空。これならコロナの輝きも遮られることはありません。
皆既食の写真撮影はしていないし皆既日食の様子を言葉で正確に伝えるには僕の能力は不足しているので、以下に皆既開始直前から皆既後までの撮影動画に残っていた僕とトシユキ氏の感動しながらうわ言のように発した音声をここに収録します。
二人の言葉中の丸数字は心理経過を表しています。
①皆既に向けて太陽が細くなっていくときの期待感の高まり
②皆既直前から皆既になるまでの急激な空と光の変化に翻弄される
③皆既中前半、コロナ、プロミネンスの美しさに圧倒される
④皆既中後半、日食を科学的に見ようとする意識の立ち直り
⑤ダイヤモンドリングから復光していく瞬間の急激な光の変化に翻弄される
⑥相当な満足感に満たされる
「」カッコ付は僕たち以外の声です。
-------
09:28:00 皆既前10分
細くなってきました      ・・・・①
P50_20160309_093225(9:32頃、光に熱さは無くなりましたがまだまだ明るい)

もう三日月より欠けてるね
8割くらい?

動画だと日食グラスをかけると欠けてるのが映る

だんだん色合いが無くなってくるような感じがする
おー、85%くらいかな

ああ、ここまで来れば、ついに、ここまで来ればもう行けるだろう

暗くなってきた

涼しいな

あと何分?
4分!
4分かぁ

すごく薄暗くなったね。だってサングラス着けてるのかと思った。薄暗くて

P50_20160309_093620(皆既1分半前、空の色が青から赤っぽくなってきます)

何とも言えない色合いが・・・

「1分前!」
1分前でこの明るさか      ・・・・②
あぁ金星が真上に
どこにある? あったあった上だ
影が来るぞー
くるぞくるぞー、ついにくるぞー
「10秒前!」
Image4_01(数秒前、画質の悪い動画から。まだ光がありますが右側から月の影がスーッと音も無く押し寄せて来るのが分かります。空が左右で明と暗に二分されている幻想的な瞬間です。この数秒間の空の変化は劇的です)


あー影がきた、こっちだこっちだ
すごい
あー、入る入る
シャドーバンド!
わー、コロナ出てきた!
あぁすごい!
09:37:50 皆既食開始-----------------------------------------
やったー!、入った、やったー!
おおすごい! すごい!!    ・・・・③
何という・・ うああぁぁ・・・・
プロミネンスが、プロミネンスが見えてる
あー・・きれいだ・・きれいだ・・きれいだねー・・・きれいだー・・・
きれいだなー
おお、これはすごい・・おお、きれいだ、きれいだ

Image2_01(皆既中 画質の悪い動画から。コロナは意外に明るく黒い太陽の円は白くつぶれてしまいます。皆既帯外の遠くの雲が太陽光を反射して白く見えます)

これくらいの明るさなんだ    ・・・・④
地球照は見えないね
ああすごい
プロミネンスのすごいのが見えてるね
左側ね
すごいすごいすごい
おー
コロナの形があれだね 結構広がってる

あー出はじめて来た、あぶないな
そろそろ終わる?
もう終る
09:39:46 皆既食終了-----------------------------------------
あっ出てきた          ・・・・⑤
ダイヤモンドリングになった!
でたー
あー、きれいきれい、すごくきれい!
すごいなぁ
あんなちょっとしか出てないのにもうこんなに明るい
あっという間に明るくなる
あー
月の影は東へ東へ、南東方向が暗い

P50_20160309_094023(皆既後40秒ほど、光が戻っていますが右側ガス灯付近に見える雲は南東の皆既帯中心方向にありまだ皆既中で光が当たっていないため黒い。正面の白く見える積乱雲は皆既帯の南側にあるため皆既中も白く見えていました)

スバラシイ          ・・・・⑥
おわったー
涙が出てくる・・
「みんな拍手拍手」

あー・・・ おー・・・
あー きれいだった。

コロナってすごいんだな
んー

「おめでとうございます。」
「ばんざーい!、ばんざーい!」 拍手拍手

(みなさんもう観測そっちのけで記念撮影会が始まるのを見て)
こんな深い部分食なんてめったに見れないのに・・・
-------
(ふーう、動画を再生していてあのときの感激が甦って来ちゃいました。)
とにかく完璧でした。何度も経験してきた人にも聞きましたがこんな完璧に見えるのは幸運と言っていました。皆既食は1分56秒間でしたがこんな短時間内にこれだけの「きれい」「すごい」を連発したことがこれまでの人生においてあったでしょうか。やっぱり皆既日食は一度は見ておく価値のあるものと再認識したのでした。

P50_20160309_095254テレビの日食中継。この時はLIVE
パルから東北東へ約850kmの距離にあるテルナテ島からの中継映像です。パルから遅れること14分後に皆既となっています。月の影の移動速度は速いですね。肉眼でも良く見えた太陽の左側に見えている赤いプロミネンスが映っています。本物の色合いはテレビ画面とは比較にならないです。


P50_20160309_101026まだ部分食は続いているのに
皆既日食終了後の部分日食というものは悲しいほどに見てもらえないものです。あれほど皆既前の部分食開始時から歓声を上げて見ていた女性陣も今は多くの姿が無くなっています。機材をそろえて日食全経過を撮影する人だけが取り残されている感じです。でも皆既食を見てしまった者にとって後半の部分食はどんなに大きく欠けていようとも所詮は部分食なのであって、あの「きれい」「すごい」の感動はもう無いので仕方のないことです。

11:00:31 日食全経過終了

| |

« リゾートホテル | トップページ | パルから20時間で帰宅する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食前後のこと:

« リゾートホテル | トップページ | パルから20時間で帰宅する »