« 静岡県本土の最東端に立つ | トップページ | 山梨県の最北端に立つ »

2016年5月11日 (水)

今井浜から身延へ

4月30日(土)2日目
5:10起床。晴れています。宿は今井浜の漁港の傍にあり打ち寄せる波の音が心地よく響いています。西海岸の戦いに備え早く行動を開始するため宿の朝食も抜き。昨日河津の国道沿いにコンビニを見つけておいたのでそこで行動食の調達を兼ねて済ませます。
Map20160430_01今日のコース
自転車には厳しいけれど景色の良い伊豆半島西海岸を北上して伊豆半島を抜けるつもりでしたが土肥からちゃっかりフェリーに乗って清水に渡り山梨県に向かったのでした。




6:00今井浜出発~R135~7:00下田(17.3km)
P50_20160430_070435下田のなまこ壁
下田の市街地に入り30分ほど早朝のなまこ壁ポタリングを楽しみました。

下田から西海岸の布良までは海から離れてひと山越える感じです。
妻良から雲見までの区間はマーガレットラインとか命名されていますがカタカナの道は自転車にとっては厳しい区間。前回スポークを折ったのもここです。
雲見から松崎間も上り返しがありますがマーガレットラインを経験しておけば免疫が出来ているので景色を楽しみながら走れます。
~R136~9:20石部の棚田(52.3km)~10:10松崎(66.3km)
P50_20160430_092716石部(いしぶ)の棚田
マーガレットラインの戦いを終え雲見に向け快調に下っている途中に棚田の案内があったのでちょっと上り返して見に行きました。海沿いに石部の集落が見え、その上部に棚田があり水が張られ田植え中でした。以前はもっと高い場所から棚田が続いていたそうで、組あげられた石垣が残っていました。


P50_20160430_101446松崎の岩科学校
松崎の町に入った所で国指定重要文化財の案内があったので寄り道してみました。明治13年に建てられた洋風建築の学校校舎。現在の校舎は左隣りの敷地にあり、こちらは保存され内部が公開されていました。



~R136~11:40土肥(92.8km)
P50_20160430_114717土肥港
おなじみの土肥です。今日のコースで土肥から先をどうするか決めていませんでした。キャンプツーリングなら行きつけのさざ波キャンプ場で決まりなのですが今回はテントがありません。R136で船原峠と戦うのか、このまま西海岸線沿いにアップダウンの戦いを継続するか。試みに土肥港で駿河湾フェリーの時刻を見るとタイミング良く12時ちょうどに清水港行きがあります。こいつは楽が出来そうです。決して逃げるわけではありませんが迷わず乗船券(2760円)を購入していたのでした。このフェリーを使うのは3回目になります。
12:00駿河湾フェリー~13:10清水~R149~R1~13:40興津(100.0km)~R52~15:20道の駅とみざわ(127.4km)~R52~県10~身延~県9~市川家見学
P50_20160430_144636富士見峠
富士見峠から富士山が見えました。R52で興津から富士川沿いに出るまでの25km程の区間はこの富士見峠をはじめとして標高200~250mの3個くらいのピーク越えのあるアップダウンが続きます。交通量もそこそこあってプレッシャーのかかる区間でした。



P50_20160430_160934市川家住宅
この茅葺民家はかなり前からその存在を知っていたのですが、この付近を通過するときいつも時間ぎりぎりで訪問できていませんでした。県道から左にそれて集落の一番奥のほうに行くと大きな茅葺屋根が見えてきました。すでに現役を退いて保存展示されている古民家でした。1803年上棟だそうです。


~16:40波高島の宿「こだち」着
P50_20160501_055526今日の宿「こだち」
2014年の秋にもここに泊まろうとしましたが改装工事中ということで断られました。今回も飛び込みでしたが念願かなって宿泊許可が下りました。夕飯も付けてもらえます。もしここがダメだったらR300で本栖湖方面に少し入った下部温泉になるかとサイフと相談していました。


部屋の準備ができるまでちょっと待ってとの事だったので小一時間ほど波高島周辺をポタリング。
P50_20160430_165927波高島あたり
富士川沿いでは中部横断自動車道が建設中です。こういった建設途中の高架橋をみると先日の事故を思い出し通過中に落ちてこないがドキドキします。




今日は伊豆半島南部の今井浜から結構移動できましたが土肥港でつかまえたフェリー効果が大きいですね。
走行時間7h42m、距離:156.9km、AV.20.3km/h

|

« 静岡県本土の最東端に立つ | トップページ | 山梨県の最北端に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63610395

この記事へのトラックバック一覧です: 今井浜から身延へ:

« 静岡県本土の最東端に立つ | トップページ | 山梨県の最北端に立つ »