« 松姫トンネル越え | トップページ | 千葉県の最北端を更新する »

2016年5月17日 (火)

会津から羽生まで

5月5日(木) 7日目
4:50起床。曇っています。同室だったバイク乗りの一人は急な仕事で呼び戻され4時前に出発していきました。もう一人のバイク乗りも起きだしてきました。今日午前中には鴻巣まで帰るそうです。僕は当初立てた目的はすべて達成しました。残る休みは今日を入れて4日間。この先磐城方面に出て太平洋岸を南下する案も浮かびましたが土曜日に雨の予報が出ています。ここまで運よく順調に来れたのに終盤で濡れるのも何だし、と旅を終える方向に傾き始めました。
Map20160505_01今日のコース
会津盆地から会津西街道を一路南下します。福島県と栃木県の県境は山王峠ですが会津側からは厳しい上りはありません。今日のの目的地は峠を越えてから決めることにしました。




5:30会津美里町出発~県23~R118交点(17.0km)~R118~R121~8:40会津田島(50.9km)~9:40山王峠(69.5km)
出発するとすぐに雨が降ってきました。路面がしっとりと濡れるほどの雨です。雨雲は西の新潟方面から流れてきます。一時的なしぐれなのでしょう。一旦宿に引き返そうか悩みましたが降っているのはこの周辺だけ。進行方向の南の空は明るいのでそのまま突き進みました。ほどなく降雨帯から抜け出し、朝日も差してきました。
P50_20160505_063456芦ノ牧温泉駅
会津盆地を脱してR118を南下すると間もなく会津鉄道芦ノ牧温泉駅があります。ここにはねこ駅長のばすが居るので立ち寄ってみました。2011年の夏、キャンプツーリングで佐渡からの帰りに立ち寄ったときは留守で会えなかったのです。駅に近づくと駅舎前にねこのパネルが2枚たてられていました。駅長ばすと後継者らぶのパネルでした。去年亡くなった和歌山電鉄の「たま」も後継者がいたから業務引き継ぎ注なのでしょう。
P50_20160505_0635522代目ねこ駅長「らぶ」は留守
何と!駅長のばすは4月22日に死んでしまったそうです。推定18歳とか。うぅ・・来るのが一歩遅かったかー。5月1日に会津鉄道の社葬が行なわれたそうです。駅舎の中に入ってみると献花台が設けられ、ばすの遺影とその周りは多くの花、キャットフードで覆われていました。さすがネコノミクスの時代です。あとを継いだ2代目駅長のらぶは不在でした。

P50_20160505_081437雨上がり
芦ノ牧温泉街あたりから進行方向の空が真っ黒。次の降雨帯が前方を通過しているようです。やり過ごすためタイミングよく現れたコンビニに停車して朝食にしました。20分ほど休憩して出発。長さ1600m以上ある下郷トンネルを過ぎると雨は降っていませんでしたが路面はびしょびしょ。結構降ったようです。昨日に続きまたもやスロー走行を余儀なくされました。雨に降られているわけではないのですがたまーに現れる下り坂でストレスがたまります。路面ウェット状態は会津田島の手前まで続きました。
P50_20160505_083741会津田島
ここまで来ればもう雨の心配もありません。通常のペースに戻ります。とはいっても山王峠への上りが始まるのでたいして速くありません。会津田島駅には蒸気機関車が展示されていました。1974年まで会津地方を走っていたC11。浅草からここまで直通の快速電車があり3時間25分で来れます。南会津には東武線の輪行が便利そうですね。

P50_20160505_093951山王峠
中央分水嶺の峠です。東北地方と関東地方を分ける峠でもあります。これで3回目の通過です。ここから先は下りです。路面が濡れていた影響があった割には進捗が良く、このペースを崩したくないのでこの先はとりあえずは今市まで進んでから考えることにします。


~R121~11:10鬼怒川温泉(106.3km)~今市~R121~13:00新鹿沼駅(146.2km)
鬼怒川温泉あたりから空は晴れてきました。風は北から背中を押してきます。やはり一時的な弱い冬型で日本海側山沿いはしぐれていたようです。ということは関東平野部は乾燥した山越えの風が吹き降りてフェーン現象となります。先日十日町あたりを走っていた時と逆のパターンとなりました。
P50_20160505_114701日光杉並木
R121で今市のR119交点通過が12:00。下りの追い風でかなり進捗が良くなりました。この勢いをキープできれば羽生の実家到達も可能となってきました。問題は暑さだけですが幸い今市から杉並木の続くR293の旧道でずっと木陰を走れたので鹿沼までは暑さにやられることなく走れました。


P50_20160505_125835新鹿沼駅前
駅前ロータリーに岡本太郎の「夢の樹」があるので再訪しました。スバラシイ。空気はカラリとしていますが気温は高く日差しは強烈です。5月上旬の太陽は盛夏の8月中旬頃に匹敵します。気温が上昇すると午後には南風に変わるものですが今日は弱い冬型なので北風が継続しています。風の気分が変わらないうちに利根川に到達してしまいたいところです。

~R293~県3~県177~県37~県11~14:50藤岡(184.3km)~県309~利根川CR~16:30羽生着。
走行時間9h47m、距離:220.5km、AV.22.5km/h

|

« 松姫トンネル越え | トップページ | 千葉県の最北端を更新する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63646188

この記事へのトラックバック一覧です: 会津から羽生まで:

« 松姫トンネル越え | トップページ | 千葉県の最北端を更新する »