« 南風に流される | トップページ | 松姫トンネル越え »

2016年5月15日 (日)

六十里越

5月4日(水) 6日目
5:00目覚めました。雨が降っています。すぐに二度寝に入ります。
6:30起床。まだ雨が降っています。テレビのデータ放送でレーダーをチェックすると長野方面はすでにエコーが切れて新潟の中越から下越にかけて南西北東方向のエコーが見えます。もうすぐ止むだろうと宿の朝食を食べに行きます。朝雨が予想されていたので朝食も頼んでおいたのでした。
P50_20160504_091940コシヒカリをもらう
9時を過ぎても雨が降っています。新潟の中越地方山側で風の関係で雨雲が発生し続けているようです。雨が止むまで宿で待たせてもらうことを女将に伝え清算を先に済ませると「宿の田で取れたコシヒカリです。どうぞ。」と3合くらいのお米をいただきました。うぅ、ありがたいですけど、これから自転車で六十里越えなのに・・・。

Map20160504_01今日のコース
雨は9:30頃やっと止みました。路面はまだびしゃびしゃですが予定通り六十里越えを行ない会津に向かいます。出発が普段より4時間遅れなので会津のどこまで行けるかは足任せです。




10:00守門出発~R252~11:10大白川駅(11.4km)~12:10六十里越(29.8km)
P50_20160504_103233やっと路面が乾いてきた
出発してしばらくはハネがひどいのでノロノロ走行でした。せっかくの一時的な下りもブレーキングしながらでした。入広瀬手前でR252は鏡ヶ池のある尾根を乗り越えます。これを嫌がって対岸の旧道を走りました。この頃からやっと青空が見えて路面もようやく乾き始めました。入広瀬の町の対岸です。良い風景です。

P50_20160504_110602大白川駅
JR只見線の新潟県側の最後の駅。この次の駅は20.8kmも離れた只見駅。ひと駅区間で運賃が410円。所要時間30分です。でも自転車でこの区間を走ってみれば鉄道のありがたさがわかるでしょう。なお、ここが新潟県側最後の補給ポイントでした。トイレで水を汲み駅前の自販機でへたった場合を考慮して缶コーヒーを仕入れました。次に何か購入できる場所は峠を越えて田子倉ダムサイトで開いていた売店までありません。
P50_20160504_120551六十里越トンネル
トンネルは標高760mで峠を通過します。長さは788mありますが照明が点いていました。何も知らずに来ましたが、ここは例年連休過ぎまで雪のため閉鎖されているそうです。今年は雪が少なかったので4月21日に開通だったとか。ちなみに去年の開通は5月20日!。標高は意外と高くありませんがトンネル前後のスノーシェッドの多さから豪雪地帯であることが伺えます。これだけのスノーシェッドがあっても冬季閉鎖になっちゃうんですね。
~13:10只見(49.6km)~14:30道の駅奥会津かなやま(82.5km)
P50_20160504_121524六十里越トンネルを抜けてもまだ
六十里越トンネルを抜けるとそのままスノーシェッドが続きました。道路右側眼下に田子倉ダムによってできたダム湖が見降ろせます。この先もスノーシェッドとトンネルが連続しますが照明はありません。特に白沢トンネルは長めで曲がっているため真っ暗となり、下りでスピードを出したまま無灯火で飛び込むと大変危険です。

P50_20160504_121127トンネルを抜けた先で見える田子倉湖
田子倉ダムサイトの坂を下り切って只見の町に入ると六十理越えもおしまいです。実に秘境感満点の峠越えでした。どちらかというと福島県側のほうが風景のダイナミックさがあります。越えるのであれば只見側から上った方がおススメで風景を長時間堪能できると思います。次回、走ることがあったら是非そうしたいと思います。

P50_20160504_141757只見線の鉄橋流失
本名ダム堤上をR252は通過しますが、そのとき見えた只見線鉄橋が流出している現場です。左岸に3本の橋脚と鉄橋がありますが、そこから川をまたいで右岸に繋がる部分が失われています。数年前の豪雨により只見線は各所で被害を受けて現在も会津川口と只見間は3つの橋梁が流失したままで復旧の見込みは立っていません。

P50_20160504_144258旧五十島家住宅
道の駅「奥会津かなやま」の敷地内にあった茅葺の古民家です。農家の古民家で18世紀半ば以前と推定されています。会津に良く見る曲がり屋です。




~16:10R49交点(113.8km)~R49~16:30道の駅会津(123.7km)~R49~県22~17:20会津野YH着
P50_20160504_172326今夜の宿
R49で会津盆地に侵入して阿賀川の橋のそばに最近できた道の駅で停車。会津には近くに2軒YHがあるので泊まれるか連絡します。喜多方にあるYHは満員御礼。美会津里町のYHはOKとの回答。しかもこの時間で夕食が付けられるそうです。宿まで15kmほど走って今日の走行は終了です。出発が雨のため遅れどうなるかと思いましたが無事六十理越えの目標を果たし会津まで到達できました。
夜は宿泊者のバイク組と自転車組の会話がはずんでおりました。
走行時間6h15m、距離:138.8km、AV.22.2km/h

|

« 南風に流される | トップページ | 松姫トンネル越え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63625712

この記事へのトラックバック一覧です: 六十里越:

« 南風に流される | トップページ | 松姫トンネル越え »