« 三国山に登頂する | トップページ | 六十里越 »

2016年5月14日 (土)

南風に流される

5月3日(火) 5日目
5:10起床。薄曇りの朝です。いよいよ天気は下り坂に向かっています。寝ている同室者を起こさないようそろりそろりと荷物を部屋の外に運び出して出発準備をします。今朝も後輪がふにゃっていたので空気を入れます。どこかでチューブ交換しなくてはと思いながらも超スローパンクなので一日走れちゃうんです。
Map20160503_01今日のコース
この旅の出発時から予想されていた明日の雨をどこで避けようか前夜会議を開き新潟方面に進むか、一旦羽生に避難するか検討していました。結局疲れて寝てしまったので結論は出ずじまい。今朝の予報では雨の降り出しは夜遅く、降り止みは明日の朝頃。日本海の低気圧に伴う寒冷前線の通過による雨なので降雨時間は短いらしい。今日一日は雨の心配は無く明日も走れそうです。しかも日本海低気圧であれば南風で新潟方面へは追い風です。ということで先に進む決心を固めました。今回の旅の目的である六十里越えをめざし魚沼に向かいます。
5:50小諸出発~県80~県79~上田~R18~7:10坂城(32.3km)~R18~千曲川堤防上の道~8:00松代(53.8km)~中野市~県29~R292~古牧橋~R117~11:50新潟県境(130.8km)~13:10十日町笹山遺跡(160.4km)
上田まではR18より高い所を走る県80から県79を利用しました。一部上り返しはありましたが下りの快走ルートで距離を稼ぐにはもってこいの道でした。旅を味わうにはR18の旧道で海野宿など見ながらのんびり走ればよいのですが今日の目的地はそれなりに遠いので午前中頑張る必要があります。
P50_20160503_084922広々とした善光寺平
長野市街が千曲川を挟んで左後ろに過ぎ去ってもまだ平坦な善光寺平は広がっています。後ろからの風に押され信号の無い堤防上の道を利用しノンストップで距離を稼ぎます。




P50_20160503_104515善光寺平終わる
飯山市に入り、「信濃平」駅を過ぎると川に山が迫ってきます。こうなると道も不要なアップダウンやトンネルが現れます。そんな時は時々国道からそれて対岸の旧道を使ってのんびりします。



P50_20160503_113429新潟県に入る
長野新潟県境にかかる宮野原橋です。新潟県に入ると千曲川が信濃川に名前を変えます。期待通りの南寄りの強い追い風で楽々と新潟県境です。しかし暑いです。フェーン現象が起きているようで道路情報表示板の気温表示は29℃。強い負荷はかけていないのに汗が出ます。


P50_20160503_120009スノーシェッド
いつの間にか雪国。ここは親切にも仕切られた歩道があり、安心して通過できましたが、多くのスノーシェッドは車道しかなく、しかも道路の端は荒れています。真っ暗で無いだけがトンネルよりもましなところでしょうか。



P50_20160503_131455縄文土器
十日町の笹山遺跡です。出土した縄文土器のレプリカがありました。あの岡本太郎画伯をして「なんだこれは!」と言わしめた火焔型縄文土器の力強い文様と造形。スバラシイ。この周辺の信濃川沿いで出土するそうです。



小諸から十日町まで千曲川~信濃川と名前は変わっても川沿いの下り基調のルートであり、追い風も手伝ってかなり良い進捗状況ですが楽な走行に飽きてきました。フロントバッグの地図に目をやるとこの先R252に右折すると三坂峠という小さな峠を越えて魚沼地域に抜けられるようなので変化を求めて峠越えルートに変更しました。
~R252~14:10三坂峠(170.2km)~県418~県371~15:10小出駅(187.2km)
P50_20160503_140942三坂峠
三坂峠の標高は345mほどで国道はトンネルで通過します。地図によると峠を越える旧道があるようなので入り込んでみました。舗装された1車線幅の道を上って峠部切通が見えた時、その先が廃道化していたのでした。落ちてきた木や土砂、下草で舗装面は見えない状態。歩いて入り込んだら蚊の大群。自転車を押して通過する熱意も沸かない状態でした。結局旧道を戻ってトンネルで通過したのでした。

小出駅に着いて今夜の宿探しです。駅前にビジネスホテルと旅館がありましたが、ここじゃああんまり芸が無いと思い客待ちしていたタクシーの運転手さんに聞いてみました。あれこれネタを持っていましたがR252で六十里越に向かう方向にある民宿を紹介してもらいました。親切にも電話で泊まれるか確認して予約まで取ってもらいました。ありがとうございます。
小出~R252~15:50守門の民宿「治兵衛」着
P50_20160504_100056今夜の宿
学校の部活合宿などでも利用されている民宿としては規模の大きな宿でした。
宿に早く着いたので懸案の後輪チューブの交換を行ないました。小さなピンホールだったのでチューブを水に付けて気泡を確認しないとパンク箇所が分かりませんでした。パッチを張って予備チューブに復活です。あとは溜まった下着靴下を洗濯。
ここ数日、どこの宿の晩御飯にも山菜料理が並びます。今が旬なだけに天ぷら、おひたし、ウマイ。
気になるのは今夜からの雨が明日のいつ頃止むかです。テレビのデータ放送のポイント予報では6時まで雨、9時は曇りになっています。雨は21時頃から降り始めました。
走行時間8h14m、距離:200.7km、AV.24.4km/h

|

« 三国山に登頂する | トップページ | 六十里越 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63624100

この記事へのトラックバック一覧です: 南風に流される:

« 三国山に登頂する | トップページ | 六十里越 »