« 輪行訓練 | トップページ | 児玉町の塙保己一旧宅をみる »

2016年7月24日 (日)

取手市側の利根川CRを走る

7月23日(土)
4:30起床。どんより感が薄れた曇り空で気温低め。大暑の頃の朝の気温とは思えず軽井沢か野辺山あたりの高原の風情。梅雨前線は消え梅雨は終了していると思われますがオホーツク海方面から張り出す高気圧から冷涼な風のおかげで関東地方は雲が多く夏空は広がりません。熱中症には縁遠い天気。一時期の天気不安定は解消し今週末土日とも雨の心配の無い週末となりました。
Map20160723_01今日のコース
羽生に行くのですが日も長いことですし印旛沼の方へ迂回して向かいます。





5:30出発~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357沿い~8:10葛西臨海公園(58.0)~江戸川CR~9:00市川橋(74.5km)~R14~千葉~花見川CR~11:10飯野休憩所(120.3km)
P50_20160723_111212ひまわり
ここまでたまーに薄日がこぼれる程度で曇りベース。風は北東方向からなので向かい風気味です。飯野休憩所でアイスを食べようと決めて走ってきましたがすごい人出で即キャンセル。ひまわり祭りなのでした。太陽は南中前の空高くにありますがひまわりたちはみんな休憩所の方に顔を向けていました。


~印旛沼CR~12:20印旛水門(143.1km)
P50_20160723_121644印旛水門
利根川に到着です。ここから進路は西から北西方向となり北東風がやや追い風に変わります。羽生まで残り100kmほど。やれやれです。




~利根川CR~13:40R6大利根橋~取手市側CR~新大利根橋
Map201607231取手市の利根川CRあたり
5月に新利根大橋から守谷市側CRを上流に辿りました。今回はR6大利根橋で取手市側に渡り取手市の利根川CRを使って新大利根橋までのルートを走りました。対岸のこの区間の柏市から我孫子市までの区間はずっとダートのままであり、その一部は洪水時に田中調整池への越流堤となっています。この区間の通過は未来永劫できないのです。

P50_20160723_134823一部ダート
江戸川学園取手高校までの約1kmほどのダート区間がありました。きれいに整地されていますので近い将来舗装される可能性は大きいと思われます。




P50_20160723_140031新大利根橋に抜けた
江戸川学園取手高校から上流は堤防上の舗装路が一直線に続き新大利根橋に到達。羽生から銚子に向かうときは(そんなときがあるのか?)今回開拓したこのルートで行けばほぼ全線利根川CRで行けます。



~利根川CR~15:30関宿(204.3km)~利根川CR~17:30羽生着(245.6km)。
湿度は高いですが気温的には5月頃の陽気で涼しく距離を走ってもヘタレませんでした。自宅~羽生間は最短で80kmちょっとですから1往復半したことになります。
走行時間:10h19m、距離:245.6km、AV.23.8km/h

|

« 輪行訓練 | トップページ | 児玉町の塙保己一旧宅をみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/63961674

この記事へのトラックバック一覧です: 取手市側の利根川CRを走る:

« 輪行訓練 | トップページ | 児玉町の塙保己一旧宅をみる »