« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

バイク乗りPTA役員ヨシダ君からの手紙2

土肥キャンプツーリング仲間でPTA役員をしつつバイク乗りで、高校生の息子さんもバイク乗りにしてしまったヨシダ君。彼とは7月中旬に三軒茶屋のプチ同窓会で会ったのですが、そのとき彼が「渡そうと思っていたものを持ってくるのを忘れた」と残念がっていました。一週間ほどしてヨシダ君から手紙が届きました。
P50_20160725_104127ヨシダ君からの手紙2
老体にはケミカルでフリクションロスを少しでも疲労軽減して自転車旅が出来るようにと今回は液体グリスが送られてきました。
GRESIN[LG]というバイク乗り御用達の物だそうです。ヨシダ君は自転車乗りしいたけの後援会「逆風会」を勝手に立ち上げて会長におさまりバイクケミカルの支援をしてくれているようです。

P50_20160731_075429グリスアップしてみました
使用方法はリチウムグリスにこのGRESIN[LG]を混ぜて使用するらしいです。昔ゼロ戦のプラモデルの塗装用に買った作業にちょうど良い大きさのアルミ皿があったのでそこで調合しました。リチウムグリスがトコロテンみたいですがこれをヘラでかき混ぜてネットリさせたら完成です。
さっそく前後輪のハブをグリスアップしました。夏ツーリングの走行が少しでも楽になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月30日 (土)

柳沢峠

5:10起床。快晴の夏空が広がっています。長いこと千島方面から涼しく湿った空気を送り続けて関東に曇天をもたらしていた高気圧がゆっくり暖まりながら南に下がりあまり信用ならない偽物の太平洋高気圧に変身したおかげで関東もやっと梅雨明け宣言が出て最初の週末。もう7月もおしまいです。
Map20160730今日のコース
先週2日連続200km走に成功して走力も充実。今日目指すは柳沢峠です。僕の足では行くぞっと覚悟を決めないと行けない峠です。100km先の1472mの峠です。




5:50出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~9:20奥多摩湖(73.4km)~10:00丹波山村(90.5km)~11:30柳沢峠(107.8km)
P50_20160730_100357丹波山村~♪
奥多摩町のコンビニであんぱんとコーヒー牛乳500mlを注入して準備万端。奥多摩湖から丹波山村に来ました。峠までは残り17kmちょっとですが標高はまだ620mほど。あと850m上らなければなりません。ここからが本番です。



P50_20160730_112720峠まであと少し
右にカーブする橋を渡れば峠まで600m、標高差50mです。太陽光はジリジリと暑いですが空気は爽やかさが感じられます。青い空に白い雲、黒ずんだ山の緑は夏の峠道の風景です。




P50_20160730_113139柳沢峠
柳沢峠ピークを越えて峠の茶屋方面を写したはずなのですが写したと思ってカメラを下ろしかけたときに時にシャッターが切られたようです。何が何だかわからん写真です。峠の写真はこれだけなので採用されました。いずれにせよ目的は達成されました。


バイク乗りがいっぱいいたので水を注入し軽くストレッチしてすぐに帰途につきました。丹波山村中心までしばらくは風を受けて快適な下りです。
~R411~12:20丹波山村(125.4km)~13:10奥多摩湖(142.5km)~青梅~新奥多摩街道~羽村~~多摩川CRで16:50帰宅。
下れば下るほど気温は高くなり続け休憩多発。各地の水道水をがぶ飲みでした。
走行時間:9h19m、距離:214.4km、AV.23.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

拓郎LIVE2016その4

TYIS会員の先行予約で大宮のチケットに当選しましたが拓郎のコンサートは何度でも見たいものです。
セブンイレブン先行予約に①パシフィコ横浜②東京国際フォーラムの順位で申し込んでおきました。
結果は両方とも落選でした。2009年以降拓郎の一般先行受付の抽選で当選したためしがありません。
でもまだ、ぴあの先行抽選プレリザーブが応募期間なので今回と同じ順位で申し込んでおきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

児玉町の塙保己一旧宅をみる

7月24日(日)
5:30起床。晴れています。朝の気温は相変わらず低めですがこんなに日差しがあったら日中暑くなるんじゃないかと心配です。今日は例年の真夏であれば炎熱地帯を走ることになるのでピーカンの晴天は危険です。
Map21060724_01今日のコース
以前、新聞記事に本庄市児玉町の塙保己一旧宅が茅葺であることを知り、訪問の機会をうかがっていました。自宅から自走の往復では航続距離の限界外と思われ日帰りは無理。羽生をベースにして今回アクセスしてみたのでした。



6:20出発~利根川CR~坂東大橋~R462~児玉駅~9:30塙保己一旧宅(57.8km)
利根川CRを上流にさかのぼると深谷あたりから雲が多くなり日差しを遮るようになりホッと一息です。
P50_20160725_091757_2本庄市児玉町あたり
塙保己一旧宅が茅葺であることを知ったのは新聞記事によってでした。そこにはJR八高線児玉駅からのルートが簡単な地図で示されていたので切り抜いて保存。今回の訪問となったのです。しかしこの地図、北の方角が示されていますが主要道、一般道の区別もなく距離感も分かりません。


Map201607242実際走ったコース
一旦児玉駅に向かい駅前にあるであろう観光案内版を探しましたがそれも無し。八高線の線路との位置関係を頼りに北西方向に走ったのでした。帰宅してからプロットしてみると児玉駅から直線距離で2.1kmも離れています。だったらスマホを契約するなり初めからこの地図を印刷していけばいいじゃないかと・・。それじゃあ探し当てる楽しみが無くなるでしょ。

P50_20160724_092651茅葺の塙保己一旧宅
新聞の地図は全く当てにならず、ツーリングマップルの地図には記載がなく絶望的かと思われましたが埼玉県が整備した「ぐるっと埼玉サイクルネットワーク構想」による自転車コースになっていて所々に案内の矢印があり無事たどり着くことができました。旧宅の庭には洗濯物が干してあり、現役の民家のようでした。裏手には保己一の墓所と大きな
記念碑が建っていました。

これで今回の目的は達成され帰途につきます。
P50_20160724_101828ボトルを買った
給水ボトルが新しくなりました。これまでは500ccのペットボトルを水筒代わりにしていましたが夏場はすぐに飲み切ってしまうので約700cc入るボトルを購入しました。水がビニール臭くなる先入観を持っていましたがそのようなことは無く合格です。ボトルを押して水を噴射させるとまだ不慣れなためむせたりします。


児玉~R462~県23~小山川沿い~R17~深谷~県263~県264~R17~11:10熊谷(92.2km)~荒川CR~川島町あたり~入間川北岸沿い~R254落合橋~入間川CR~14:00豊水橋(145.3km)~R299沿いの道~飯能~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~15:20羽村休憩(168.7km)~多摩川CRで17:20帰宅。
昨日に比べて日の差す時間は長かったですが基本は東から低温の風が入っていて真夏日にも届かずへたれることもなく戻ってこれました。
走行時間:8h44m、距離:206.3km、AV.23.6km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月24日 (日)

取手市側の利根川CRを走る

7月23日(土)
4:30起床。どんより感が薄れた曇り空で気温低め。大暑の頃の朝の気温とは思えず軽井沢か野辺山あたりの高原の風情。梅雨前線は消え梅雨は終了していると思われますがオホーツク海方面から張り出す高気圧から冷涼な風のおかげで関東地方は雲が多く夏空は広がりません。熱中症には縁遠い天気。一時期の天気不安定は解消し今週末土日とも雨の心配の無い週末となりました。
Map20160723_01今日のコース
羽生に行くのですが日も長いことですし印旛沼の方へ迂回して向かいます。





5:30出発~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357沿い~8:10葛西臨海公園(58.0)~江戸川CR~9:00市川橋(74.5km)~R14~千葉~花見川CR~11:10飯野休憩所(120.3km)
P50_20160723_111212ひまわり
ここまでたまーに薄日がこぼれる程度で曇りベース。風は北東方向からなので向かい風気味です。飯野休憩所でアイスを食べようと決めて走ってきましたがすごい人出で即キャンセル。ひまわり祭りなのでした。太陽は南中前の空高くにありますがひまわりたちはみんな休憩所の方に顔を向けていました。


~印旛沼CR~12:20印旛水門(143.1km)
P50_20160723_121644印旛水門
利根川に到着です。ここから進路は西から北西方向となり北東風がやや追い風に変わります。羽生まで残り100kmほど。やれやれです。




~利根川CR~13:40R6大利根橋~取手市側CR~新大利根橋
Map201607231取手市の利根川CRあたり
5月に新利根大橋から守谷市側CRを上流に辿りました。今回はR6大利根橋で取手市側に渡り取手市の利根川CRを使って新大利根橋までのルートを走りました。対岸のこの区間の柏市から我孫子市までの区間はずっとダートのままであり、その一部は洪水時に田中調整池への越流堤となっています。この区間の通過は未来永劫できないのです。

P50_20160723_134823一部ダート
江戸川学園取手高校までの約1kmほどのダート区間がありました。きれいに整地されていますので近い将来舗装される可能性は大きいと思われます。




P50_20160723_140031新大利根橋に抜けた
江戸川学園取手高校から上流は堤防上の舗装路が一直線に続き新大利根橋に到達。羽生から銚子に向かうときは(そんなときがあるのか?)今回開拓したこのルートで行けばほぼ全線利根川CRで行けます。



~利根川CR~15:30関宿(204.3km)~利根川CR~17:30羽生着(245.6km)。
湿度は高いですが気温的には5月頃の陽気で涼しく距離を走ってもヘタレませんでした。自宅~羽生間は最短で80kmちょっとですから1往復半したことになります。
走行時間:10h19m、距離:245.6km、AV.23.8km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月18日 (月)

輪行訓練

6:00起床。寝苦しい夜でした。雲がありますが晴れています。なんだかんだいって雨の降らない3連休だったということになります。でも週末2日続けて悪天で走行無しという週末がここまで無いので蒸し暑さも加わってだいぶお疲れ状態です。午前中は自重して家事に精を出しました。
13:40出発~多摩川CRで立日橋まで周回して15:20帰宅。
暑い室内にいるよりはと思って午後から走りました。気温の上昇した平地のCRはやっぱり暑かったですが風を受けて走っている方がすこしはマシでしょうか。
走行時間:2時間ちょっと、走行距離:50kmちょっと

帰宅後、かねてから懸案の輪行袋収納訓練を実施。今年の夏休みツーリングはついに電車輪行を行使することになりそうなので手順を確認するために練習してみました。
P50_20160718_163240収納
オーストリッチのL-100輪行袋です。念のため収納するのにかかった時間を計測してみると18分でした。これで目的地に着いたと想定して直ちに展開する訓練に入ります。組み立てる方が早く、輪行袋を畳んで走行可能な状態になるまでかかった時間は12分でした。
工具は一切使わずにサドルポジションはそのまま袋に入ることが確認できました。収納訓練を積んでペダルを外す工程を追加して15分以内に持っていきたいところです。次回は電車への離発着訓練でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

谷地川源流

5:20起床。昨日の朝よりどんより感のある湿度の高い朝です。爽やかさは無く湿気がまとわりついて動くとすぐに汗が滲むようなネットリ感があります。
Map20160717今日のコース
出発前に懸案であった冷凍庫の霜取りをしていたらつい熱中してしまい1時間ほど出遅れました。出遅れてしまうと遠くまで走る気力が無くなるたちなので用意していた丹波山村の山伏峠とか奥多摩周遊道路の風張峠とかのプランは吹き飛びました。


7:10出発~多摩川CR~立日橋~多摩川右岸~谷地川沿い
出発してとにかく多摩川上流へ向かっていくうちに今日はのんびり川の源流部訪問に決定。日野市の中央線多摩川鉄橋上流で右岸から多摩川に合流してくる谷地川を遡ってみることにしました。
P50_20160717_085700谷地川合流点
谷地川は多摩川の河川敷内に流れ込んでから約1kmほど多摩川と平行に流れた後、中央線多摩川鉄橋上流300mあたりで合流しています。左が谷地川、右が多摩川本流。




多摩川から離れ程なくして日野市から八王子市に入ります。これといって見どころの無い流路が直線に改修されている都市河川の姿です。川の両側には焼却灰を利用した赤レンガブロックを敷き詰めた遊歩道が続きました。
Map201607171_01谷地川源流部あたり
R16を過ぎ道の駅八王子滝山あたりから河川改修前の旧河道が残っていたりして変化が現れました。そこから上流はR411滝山街道と都169新滝山街道に挟まれた幅200~300mほどの狭い所を流れてきます。
源流部は秋川のサマーランドの裏山を越えた付近。


P50_20160717_100412木の橋が架かっていた
上流部は各所で河川改修中で直線部と旧来の蛇行した流れの部分がごちゃ混ぜです。遊歩道もほぼここまで。





P50_20160717_101351新しい河道が用意されている
旧来の川から離れたところに新しい川が用意されています。表面はアスファルト舗装されていますが暗渠になっていて流れを切り替えるときは蓋を外すようになっているのでしょうか。




P50_20160717_102629上流端
管理上の谷地川最上流部です。ここで川は二手に分かれていますが本流は右から来る流れです。





P50_20160717_104103道はダートに変わる
本流を追って行くと民家が途切れた先で道の舗装も終わりダートとなりました。谷も狭まり源流部が迫ってきた感じです。道はかなりぬかるんでいました。そしてこの先400mほど進んだ所で「サバイバルゲーム大会」とやらが行われていて前進をあきらめました。


~R411~秋川沿い~都165~羽村~多摩川CRで14:30帰宅。
走行時間:5h55m、距離:115.7km、AV.19.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

大垂水峠でおしまい

5:20起床。曇っていますがどんよりではありません。今週末は海の日の3連休。例年ならどこかにお泊りでツーリングなのですが天気がよろしくないので予定は立てずじまいでした。でも一昨日、昨日のような豪雨も無さそうなので自転車で走るだけは走っておきます。
Map20160716今日のコース
路盤崩壊の通行止めの復旧からだいぶ時間が経ったのに和田峠を越えていないことに気付きました。今日は夕方から用事があるのでそれまでに峠越えを済ませて帰ってくればちょうど良い時間。



6:40出発~多摩川CR~浅川CR~R20~9:00大垂水峠
P50_20160716_083327高尾山は雲の中
浅川CRを遡っていくと次第に空はどんよりに変化しました。CR終点に近い陵南公園の橋の上からは高尾山の中腹あたりから上が雲に覆われています。いちおうR20で大垂水峠を越えました。霧もかからず路面も濡れていませんでしたが和田峠は大垂水よりも200m以上高所でもあるしどうかな~と迷っているうちに大垂水から下り切ったら、さっさと津久井湖方面にハンドルを切っていたのでした。
~千木良~県515~県517~R412~県47~町田街道~高尾~浅川CR~陣馬街道~秋川街道~五日市~都7~都165~11:50羽村~多摩川CRで13:40帰宅。
走行時間:6h05m、距離:144.5km、AV.23.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

裏ヤビツ

5:00起床。真っ白です。珍しく放射冷却による霧が立ち込めています。昨日は朝から夕方前までの雨で自転車走行は完全休養日となり期日前投票日和でした。
Map20160710_01今日のコース
朝の霧が晴れれば強い日差しで気温上昇のようなので木陰の谷沿いで涼しく走れる裏ヤビツを目指します。





5:40出発~多摩川CR~浅川CR~町田街道~県48~R413~津久井湖~県513~県64~9:00宮ヶ瀬湖(68.4km)~県70~10:10ヤビツ峠(88.6km)
P50_20160710_055810霧の跡
霧も一気に薄れてきたので出発。クモの巣に霧粒が張り付いてきれいな同心円を見せています。これではもう粘着力を失ってしまって張替ですね。




P50_20160710_094337ヤビツ峠に向かう県70
宮ヶ瀬湖から県70に入り込み谷沿いの緑濃い道をゆるゆると上っていきます。





P50_20160710_101218ヤビツ峠通過
これで今日の目的は達成されたので帰途につきます。今日も自転車乗りがいっぱい休憩していたので峠は通過します。





P50_20160710_101436秦野方面
丹沢山塊の上空には相模湾から吹きこむ湿った気流の上昇によりずっと雲がかかり続け強い日差しを堰き止めてくれていました。これから下って走る秦野から海岸沿い方面は日が当っています。涼しいのを目的に走ってきましたが10時過ぎてこれから暑くなるというのに下ってしまいます。


~秦野の北の方~川音川沿い~県710~県72~11:50国府津(123.3km)~R1~大磯~R134~藤沢~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで16:50帰宅。
走行時間:9h30m、距離:222.3km、AV.23.4km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

拓郎LIVE2016その3

TYIS会員の先行予約の抽選結果発表は今日でした。
帰宅してメールを開くと抽選結果のメールが2通届いていたのでした。
件名を見ると後ろの方の文言が異なっているのでした。

「吉田拓郎」LIVE 2016 TYIS会員先行予約 チケット抽選結果のお知らせ
「吉田拓郎」LIVE 2016 TYIS会員先行予約 チケット当選のご案内

チケット抽選結果のお知らせ・・の方はズバリ「ハズレ」のお知らせでした。東京国際フォーラムは他会場よりも競争倍率高いんでしょうね。

チケット当選のご案内・・
 「しいたけ 様
 以下の内容で当選が決定しました。
 「吉田拓郎」LIVE 2016
 2016年10月11日(火) 18:30開演
 埼玉・大宮ソニックシティ・大ホール
 席種/料金(税込):S席/ 10000円」

やったー!!今回は抽選に当選したのです。しばし当選の舞です。
これで今回も拓郎に会えるのでした。あと3カ月後。楽しみだー。
おっと、その前に期限内に代金の支払いを済ませないと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

拓郎LIVE2016その2

土曜日の日経朝刊一面の春秋欄は拓郎ライブの話から始めて高齢化社会の健康寿命についてでした(下のLINK。いつまであるかは?です)。
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO04378570S6A700C1MM8000/

この記事を日曜日の朝気づいて、コンサートの先行予約が始まっているのを思い出しました。しいたけは拓郎だけにはこだわりがあるのでTYIS会員になっているのです。改めて先行予約案内をみると、何と日曜日が申し込み最終日ではないですか。急いでサイトにログインして2会場の先行予約受付を済ませました。危なかったー。
申し込んだのは10/11の大宮と10/19の東京です。会員でも抽選なんですけど5割くらいの当選確率は欲しいですね。当選すればチケット代は1会場1万円。1万円かー。お泊りツーリングなら2泊分。いやいや、それ以上の価値が拓郎ライブにはあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

早朝の霧雨にやられる

4:10起床。低い雲が垂れこめてどんよりと薄暗い夜明け前です。7月最初の土曜日も幸運なことに天気予報では日中日差しが出ることになっているのでいそいそと出発準備。年に一度の山中湖ツーリングの予定でした。
Map20160702今日のコース
結局多摩川、湾岸、荒川、入間川の平坦路を周回しただけの一日となってしまいました。





5:10出発~多摩川CR~6:00府中四谷橋霧雨で折り返し
P50_20160702_055735府中四谷橋その1
是政橋の手前あたりから霧っぽくなり細かい霧雨が漂い始めました。関戸橋を過ぎ京王線鉄橋をくぐると霧雨により路面はウェット状態に変化。府中四谷橋から浅川CRに入る予定でしたがハネが上がり服はしっとり、ヘルメットからは滴ボタボタとなるほどの豪霧雨状態となり急遽進路反転戻ります。


~是政橋~多摩河原橋間周回~7:00多摩水道橋(44.9km)
多摩河原橋まで戻ると霧雨は全くなく路面ドライなのでもう雨雲をやり過ごしたかと思い是政橋まで戻りましたがここでは路面ウェットで霧雨状態。上流方向へは無理のようです。これで今日の走行を終えてしまうには早起きが無駄となってしまうので羽田方面を目指したのでした。
~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357歩道~10:10葛西臨海公園(101.3km)~荒川CR~12:00羽根倉橋(145.4km)~荒川CR
P50_20160702_122613荒川CR
葛西臨海公園あたりで低い雲の間から日差しが出始めました。風は南風。荒川上流に向かうには良い追い風です。赤羽あたりから青空が広がり強い日差しが差し始め気温上昇。




~入間大橋~入間川CR工事通行止め折り返し~入間川北岸沿い~R254落合橋~入間川CR~14:00狭山(187.6km)~R299沿いの道~飯能~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~15:20羽村休憩(211.8km)~多摩川CR
P50_20160702_163447府中四谷橋その2
気温が上がった割には多摩川CRでは午後の南風が弱く楽な帰途となりました。早朝あんなに頑ななまでに霧雨のカーテンに閉ざされた府中四谷橋から上流は何事もなかったかのよう。




~多摩川CRで17:20帰宅。
今日は平坦路だけだったのでいっぱい走れました。
走行時間:10h35m、距離:253.5km、AV.23.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »