« 新潟県の最北端と山形県の最北端を通過する | トップページ | 木造駅のシャコちゃん »

2016年8月19日 (金)

北緯40度東経140度交会点標示塔に立つ

8/08(月)3日目
4:30起床。窓のないレストルームでしたが自己暗示のおかげでうまい時刻に目覚めました。今日も雲一つない快晴の朝です。南に鳥海山のシルエットがくっきり見えています。
Map20160808_01今日のコース
秋田県南部に位置する由利本荘市から海岸線沿いに走って青森県入りを目指します。深浦あたりは宿屋も少なくあらかじめ調べておいた宿に前夜電話して3軒目で予約が取れています。宿の女将は「そんな遠くから来れるのか」と心配していましたが、深浦まで160kmと読んでいたので楽勝と考えていました。

5:10由利本荘出発~R7~7:10雄物大橋(42.4km)~県65~R7~7:40秋田港(51.2km)
北海道を目指す若者?
P50_20160808_075037秋田港のうどん自販機
NHKテレビの72時間という番組で放送された秋田港のうどん自販機は、管理していた商店の都合で営業を止め秋田港の新しい施設に移設されているというのを知っていたので見に行ってみました。場所は道の駅秋田港の中なのですが施設の営業時間にならないと中に入れず自販機のうどんを食べることが出来ませんでした。

~R7~県104~県303~R7~9:00井川さくら駅(72.3km)チェーンに注油~八郎潟駅~県298~9:50大潟富士(84.7km)~10:20北緯40度東経140度交点
Map201608082北緯40度東経140度交点あたり
八郎潟の中に北緯40度と東経140度の交点があります。行った所で田んぼの真っただ中に交会点標示塔があるだけなんですけど分かる人にはわかる。




P50_20160808_095516大潟富士
八郎潟の干拓地に入って長い長い直線道路を走っていると突然現れました。人工の山です。地面からの高さは3.776mです。この山頂の高さが海抜0mで海水面の高さ。八郎潟は干拓により水を排出した窪んだ土地なのです。



P50_20160808_100248東経140度線標識
なぜかこういう標識があると反応してしまう性格です。この右方向約1kmに北緯40度との交点があると書いてありますが右方向に進む道はありません。




P50_20160808_101244北緯40度線標識
北に向かう道に曲がってしばらく進みました。またもや反応しまくり。ここから右方向2.6kmに北緯40度東経140度交点があると書かれています。その右方向に進む道は石ころだらけの砂利道でした。どうしようか迷いました。でもせっかくここまで来たのだから。もしそこが南極点だったら誰でも絶対行くでしょう?


P50_20160808_102446北緯40度東経140度交会点標示塔に立つ
意を決してその砂利道に侵入しました。25Cタイヤを信じるしかありません。砂利は深くなかったのでハンドルを取られることはありませんがキャタピラの通った後のガタガタ部分があったりするので乗り心地は最悪。たまに車が通ると真っ白い濃厚な土埃が舞い上がりしばらく包まれます。そして苦労して辿り着いた交会標示塔がこれです。スバラシイ。周辺は広大な一面の田んぼ。周囲1キロ以内には僕一人しかいないのでは?。世界測地系に基づく北緯40度東経140度が交わる位置はこのモニュメントから南東に約430m離れているそうですがこの季節では稲があって入れません。装備しているGPSロガーの表示では北緯40度00分09.9秒、東経139度59分47.6秒でした。感動もつかの間、また砂利道を2.6km戻ります。
~県72~R101~R7~能代~R101~14:40青森県入り(152.5km)
P50_20160808_142253物置小屋
八森町の岩舘駅付近で発見した落書きです。写真奥の方は白神山地。





P50_20160808_143851青森県に入る
新潟県直江津を出発して3日目、540kmほど走ってようやく青森県に入りました。この日の秋田県の海沿い大潟や能代の最高気温は猛暑日一歩手前まで上昇しており予想外に疲弊しました。



P50_20160808_151730茅葺民家
青森県に入ると国道わきに茅葺民家が現れました。スバラシイ。





~R101~15:40むつ岩崎駅休憩(172.2km)~16:20きへい荘着。
P50_20160809_051045今日の宿(きへい荘)
深浦町の国道113号線沿いにある宿です。声をかけると奥から大きな女将さんがねこを2匹伴って現れました。今年4匹の子猫が生まれたそうですが2匹が病気で死に、1匹は女将さんの寝返りにつぶされて死んだそうです。迫力あるわー。ねこを伴って2階の部屋に案内されると国道を挟んで狭い田んぼの先に日本海が見渡せます。風呂上りに窓辺で涼みながら海に落ちる夕日が見られるかと期待しましたが水平線上僅かの所で雲に隠れてしまいました。平日でも宿泊客があるのは周辺に宿が少なく仕事関係で泊まる人が多いようです。今日は薬の営業の人とラジコンヘリでの薬剤散布作業の人と4人で夕食を共にしました。1泊夕食付けて6000円でした。なお、素泊まりにしてしまうと周辺に商店も食堂もコンビニも全くありませんので自転車乗りは飢えてしまいます。
走行時間:8h23m、距離:181.8km、AV.21.6km/h

|

« 新潟県の最北端と山形県の最北端を通過する | トップページ | 木造駅のシャコちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/64082511

この記事へのトラックバック一覧です: 北緯40度東経140度交会点標示塔に立つ:

« 新潟県の最北端と山形県の最北端を通過する | トップページ | 木造駅のシャコちゃん »