« 木造駅のシャコちゃん | トップページ | 本州最北端に立つ »

2016年8月20日 (土)

竜飛崎で「竜飛崎」を聴く

8/10(水)5日目
4:20起床。雲の多い空です。台風が去って涼しい空気に入れ替わったようで快適な朝です。今回の旅も日程的には後半戦に入りますが目標の青森3岬めぐりはまだ一つも達成しておらず今日からです。
Map20160810_01今日のコース
今夜の宿は陸奥湾対岸の下北半島脇野沢YHに予約を取ってあるので蟹田港14時発のフェリーに乗る必要があります。それまでに津軽半島の北端竜飛崎まで往復してきます。下調べでは蟹田~竜飛崎間は海岸線コースで50km。往復100kmくらいなので今の走力をもってすれば楽勝なはず。でもいろいろ見て回る時間のバッファは欲しいので早めの出発です。

5:20蟹田の旅館中村出発~県12~5:50県14交点(9.4km)~県14~6:15小国峠(14.7km)~6:50今別(26.5km)~R280~三厩~R339~7:50竜飛到達(45.0km)
P50_20160810_052843竜飛まで
往路は内陸を通る県12と県14を使って今別に抜けます。こちらの方が海沿いに行くよりも距離は短く蟹田を離れてすぐ現れたこの標識ではあと42kmです。




P50_20160810_062923役割を終えたカウントダウン看板
北海道新幹線開業当時のカウントダウン看板です。開業と同時に奥津軽今別駅も開業。えっ、半島のこんな先のほうに新幹線駅が?、と信じられませんでした。




P50_20160810_063247奥津軽いまべつ駅
しかし幻ではなく、間もなく忽然と近代的な巨大駅舎登場。政治的駆け引きの産物か?。今回輪行時に北陸新幹線安中榛名駅を通過しまたとき、何の連絡もない場所にと驚きましたがそれ以上。津軽線の津軽二股駅と連絡しているものの利用客数からしてその必要性は。しかも赤字のJR北海道の駅です。営利目的の会社であればこんなことはしません。実際コンビニはこのあたりには1軒だけ。いくら公共性の高い交通機関とはいえ・・・。その負担はどこに・・。
P50_20160810_074836竜飛崎に立つ
R339をそのまま進むと階段国道となり左手民家の中に消えていきます。道はその先竜飛漁港で終点となります。その先の帯島にも橋が架かられて渡れますが、本土としての竜飛の最先端はここになります。竜飛崎灯台を見るにはR339の迂回路でちょっと戻った所から台地の上に登らねばなりません。


P50_20160810_075743階段国道
有名な観光地R339階段国道です。自転車なら押して上れそうですがそこまでしなくても・・。





P50_20160810_081629「津軽海峡冬景色」歌碑の隣で
竜飛崎の歌と言えば岡本おさみ作詞、吉田拓郎作曲の「竜飛崎」でしょう。僕はこの歌碑の脇のベンチに座り持参したICレコーダーで「竜飛崎」を3回繰り返して再生し(もちろんイヤホンで)竜飛崎から津軽海峡越しに北海道をながめながら旅人岡本おさみが感じた旅情を感じていたのでした。
 ♪~6月の春が 一度に花開く この岬には 秋にあじさい咲くという~♪
確かに岬の斜面には紫陽花が満開で青い花をつけていました。ひとしきり感動に浸ってイヤホンを外した途端、誰かが歌碑のボタンを押したらしく「津軽海峡冬景色」が大音量で流れたのでした。やられたー。
P50_20160810_082530中央分水嶺の岬
太平洋側と日本海側を分ける中央分水嶺は青森県では津軽半島に続いています。その途切れる先がここ竜飛崎です。灯台の敷地の西側は日本海、東側は太平洋側です。実際はどっち側も津軽海峡ですが。



9:10竜飛出発~R339~10:10今別(70.1km)~R280~道の駅平舘(93.2km)ホタテラーメン昼食~12:50蟹田(109.1km)
P50_20160810_131636蟹田港とフェリー
蟹田港です。フェリーターミナルのトップマストという展望台から見下ろしています。港内に停泊しているのが乗船予定のフェリー。松の木の左側は海水浴場。陸奥湾フェリーで外ヶ浜蟹田-むつ市脇野沢まで1時間の船旅。自転車込みで運賃2290円でした。


14:00蟹田港~陸奥湾フェリー~15:10脇野沢港~県175~15:40九艘泊折返し(118.7km)~16:10脇野沢YH着
P50_20160810_160851脇野沢YH
本州最北端大間崎に向かう拠点として良い場所です。YHのご主人は自転車乗りでもあり、僕が明日大間崎から尻屋崎を走ると知ると大きな地図を広げてコース説明してくれました。脇野沢からずっとR338を辿ると大きく3回の上りがある。ひと山越えてから県253交点を直進して今年開通した新しい道を行くと緩く上って福浦に下り1回上り返しをパスできるおすすめコースであることを知りました。これは利用しない手は無いと判断したのでした。
走行時間:6h03m、距離:125.1km、AV.20.7km/h

|

« 木造駅のシャコちゃん | トップページ | 本州最北端に立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/64085896

この記事へのトラックバック一覧です: 竜飛崎で「竜飛崎」を聴く:

« 木造駅のシャコちゃん | トップページ | 本州最北端に立つ »