« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

入間川起点に立つ

6:00目覚めましたが、薄暗く、まーたどんよりですよ。しかも路面がウエットのままなので二度寝に入りました。ちょっと拓郎疲れも出ていましたので。
7:20起床。相変わらずどんよりです。11月直前というのに低気圧通過後にすっきりと晴れてくれない今年の秋。なーんか曇天鬱になってしまいそうでマズイですな。
Map20161029_01今日のコース
アメダスの日照を見ると埼玉県方面は日が差しているようです。その代わり北風が強そう。ということで荒川方面は避けて名栗方面に向かって太陽光を浴びてくることにしました。




9:00出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~小沢峠~名栗
P50_20161029_130621名栗~♪
出発時には北の地平線上にわずかな青空の広がりが見えていましたが、青梅あたりでやっとその青空の領域に入ることが出来、待望の太陽光を浴びることができました。小沢峠を下って名栗の谷に下ると空は真っ青。気持ち良い秋晴れです。



~県53~名郷~県73~林道~12:20入間川起点(70.6km)
P50_20161029_122459入間川起点の碑
名郷で一休み。山伏峠往復というのもありましたが今日は入間川の源流部に入り込むことにしました。キャンプ場を過ぎて県73から右に妻坂峠方面に分岐する林道が入間川に沿った道です。深い杉の森で薄暗い中を上り詰めていくと砂防ダム手前で傾いた碑を発見。ここが入間川起点です。でも川は上流に続いているのでどこまで行けるが進んでみます。

P50_20161029_123443入間川に沿った林道最上流部
林道が途切れるとその先は妻坂峠に向かうハイキング道が続いています。そこに架かる橋が入間川最上流部の橋となります。ここだけ杉林が開けて日差したっぷり。峠まで上りたいところですが青梅からの山続きでクマさんに出会いそうなのと時刻が12:30を過ぎてしまったので引き返すことにします。


~林道~県73~名郷~県53~県70~13:40飯能(98.8km)~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村休憩~多摩川CRで16:10帰宅。
飯能あたりまで来ると雲域が広がり始めたようでどんより感が出てきました。羽村からは完全な曇り空。結局自宅付近では今日はほとんど日が差さずじまいだったようです。名栗まで進出して太陽光をたっぷり浴びることができた今日のコースは正解でした。
走行時間:6h28m、距離:156.3km、AV.24.1km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月28日 (金)

拓郎LIVE2016その13

10月27日(木)
先週末の自転車での下見も行って準備万端の拓郎LIVE2016パシフィコ横浜公演当日です。
17時前にはパシフィコ横浜に到着。周辺を散策しているとNHKの中継車を発見。収録は1都3県ツアーラストのパシフィコ横浜だったのでした。
P50_20161027_170412NHKたのむよー
前回2014年のWOWOWは映像コマ切れ精神分裂一歩手前で落ち着かない放送でした(DVDも)。NHKさん、お願いだからファンの年齢層を考慮して1カットを長く落ち着いてじっくり見られる映像に編集してください。



P50_20161027_170804パシフィコ横浜の日は暮れて
今日の日没は16:50頃。開場を待つ間にあっという間に暗くなっていきます。大宮と違ってホールの裏は横浜港の海で雰囲気抜群。水上バスターミナルのデッキに腰をおろして持参したICレコーダでコンサート前に拓郎を聴いてココロのアイドリングをして開場を待ちました。最後に「ペニーレインでバーボンを」と「人生を語らず」で回転数を上げて入場の列に向かうと偶然にもトレトレさんたちとバッタリ遭遇。2年ぶりというのについこの間のことのようです。再会を祝してホールのドリンクコーナーでトレトレさん達はアルコール。僕はオレンジジュースを御馳走していただいて乾杯。トレトレさん達は相変わらず強運を発揮してステージ前方へ。僕はトボトボと後方36列右寄りへ布陣。大宮と同じような角度でちょっと遠くなった感じの席でした。しかし、なーに、インドネシアで皆既日食を見たこの50mm×10倍双眼鏡さえあれば視野いっぱいに拓郎が現れるのさ。
18:30開演
セットリストは大宮と同じでした。1回見ているので落ち着いて聴いていられます。照明が収録用なのか大宮よりもちょっとハデに感じます。
「いつでも」と「君のスピードで」の間のMCでボブディランに憧れてお母さんから小遣いをもらって行先を告げて家出する話のとき、大宮ではほんの一節だけ引き語ったボブディランの「風に吹かれて」がバンドとコーラス付きで二番まで演じられました。とても得した気分。
大宮では♪~みんなみんな~♪のところが苦しそうだった「白夜」も今日は問題なく、拓郎さんは好調なようです。
「旅の宿」の間奏のハーモニカをどこから出すのか双眼鏡で見ているとマイクスタンドに備え付けられていたのでした。そしてプーカプカと吹き終わるとポイって投げ捨てる。やっぱりカッコいい!
最近は歌っていて楽しい、北は埼玉から南は横浜ってどうなの?5年後には全国ツアーを・・・とかおっしゃっておりました。まだまだTo Be Continuedです。
やがてメンバー紹介を兼ねた「全部だきしめて」も終わり本編最後の4曲へ。
「海を泳ぐ男」・・・♪~ありのままでいればいい こだわるほどのことじゃない あれはみんな陽炎だったから 今は少し滲みるさこの胸に~♪ カッコいい。今回一番のお気に入りです。
そしてラスト「流星」・・・ああぁぁ感きわまっちゃった?
アンコールで登場したときでも「流星」を拓郎さん悔しがっておりました。
最後の「人生を語らず」・・・ウーン、やっぱり最後にふさわしい曲であります。みんな腕を振り上げて叫んでいる。次回も必ず来るぞ!
20:40終演
あれ、収録だから期待したんだけど結局新曲やらないんだー。
それにしてもあっちー。ちょっと体を冷やしてお客さんがホールからはけた後に席を立って、入り口近くで撮影していたNHKのスタッフさんに質問をぶつけてみました。
Q「放送はいつになりますか?」
A「今のところ何もなければ12月23日総合テレビ22時からの予定です。」
Q「全編放送されるわけはないですよね?」
A「放送枠は60分です。」
貴重な情報を頂きました。
60分ということは、詰め込んで10曲くらいがオンエアでしょうか。そのセットリストを予想してみました。何をカットするか悩みます。
 「春だったね」
 「マークⅡ」
 「落陽」
 「唇をかみしめて」
 「ジャスト・ア・RONIN」
 「旅の宿」
 「いくつになってもhappy birthday」
 「海を泳ぐ男」
 「僕達はそうやって生きてきた」
 「Woo Baby」
 「悲しいのは」
 「人生を語らず」
あと2曲も・・・落とせません。

その後、トレトレさん達と近くのイタリアンで感想戦。
一人で感動をこぼさないようにしておとなしく帰る(大宮のときね)のもありですが、同志とぶつけ合うのも楽しく、話すことで改めて記憶に定着させる効果もあります。

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

パシフィコ横浜を下見してきた

5:50起床。おや、青空が見えます。雲が多いですが今日は日差しが期待できそうです。朝食を取りながら新聞のナンプレを解いていたら難問でつい貴重な朝の時間を食ってしまいました。
Map20161023_01今日のコース
27日はパシフィコ横浜で拓郎LIVE2016です。2014年もパシフィコ横浜で拓郎を見ることができました。パシフィコ横浜は相性の良い会場です。2年ぶりなので自転車で下見をしてきます。当日は電車で行くので何の役にも立たないのですが。



7:30出発~多摩川CR~六郷橋~R15~パシフィコ横浜~大岡川沿い
P50_20161023_094449パシフィコ横浜
ここで見た拓郎コンサートは1999年、2000年、2005年、2014年で今回で5回目。一番お世話になっている会場です。





P50_20161023_101909大岡川沿い
パシフィコ横浜の脇から横浜港に注ぐ大岡川。平仮名で書くと「お」が三つ並ぶのです。でも、ローマ字の表記では「Ookagawa」で「O」は2つ。どうでも良いですが、源流を探ってみることにしました。しばらく川沿いの道が続きましたが5kmほどで川沿いは通行できなくなり、そのうちに大岡川のつもりだったのに「日野川」に変わっていました。どこかで川の分岐点を見逃したのかと思い戻ってみましたがいつの間にか大岡川に戻っています。下調べをしてこなかったので訳分からず、撤退です。
~県21~井戸ヶ谷~R1~帷子川沿い
P50_20161023_115029帷子川沿い
ローマ字の読み仮名があったので「かたびらがわ」と読むことを知りました。帷の字は学校で習った記憶がありません。帷だけだと音読みは「イ」、訓読みは「とばり」と読むそうです。拓郎の「爪」という曲に「夜の帳が・・」の帳と同意。これに子がくっついたとたん「かたびら」になるんですから読めませんね。「越辺川」を「おっぺがわ」と読むのと同じくらい難しいと写真を取っていて感じました。
~R16~境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで15:00帰宅。
あと4日、楽しみです。
走行時間:6h22m、距離:135.6km、AV.21.2km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

鶴峠

5:30起床。曇っているようで真っ暗です。朝食を食べているうちに日出時刻(5:54)となり薄暗いながらも空が見えてきましたが音がするぐらいどんよりです。太陽光度が低くほとんど雲に反射されて地表に届く光が少ないせいでしょう。10月に入って週末にスッキリとした秋晴れは先週土曜日の一日くらいのものでしょう。秋晴れ走行が無いうちに冬になってしまいそうです。
Map20161022_01今日のコース
天気予報では雨は無いと言っているので今日は小菅村の鶴峠(870m)を越えてきます。





6:30出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~10:00奥多摩湖(74.2km)
P50_20161022_100130奥多摩湖で日差しが出た
ずっとどんよりで気温もひんやりした状態でしたが奥多摩湖あたりで雲の切れ目から日差しが出ました。平日はそこそこ晴れる日があるんですけどね。




~R411~深山橋~R139~小菅村~白沢川沿い~県18~11:00鶴峠(90.7km)
P50_20161022_105856鶴峠
小菅村側からの上りは最初の直線の直登部分が一番きつく、そこをクリアすれば何とかなります。下りに入ると峠に向かう何人かの自転車乗りとすれ違いましたが、天気が今一つなせいか今日は自転車少なかったですね。



~県18~西原~腰掛林道~初戸~県18~県33~上野原~R20~12:30相模湖駅(124.8km)~R20~千木良~県515~県517~R412~県47~町田街道~浅川CR
P50_20161022_142659路面完全ウェット
津久井湖あたりでは再びどんより空。八王子あたりでポツポツと雨を感じました。浅川左岸CRから多摩川右岸CRに回り込もうと日野高校前を走行していると急に路面ウェット。減速して先に進むと散水車がビシャビシャと水を撒いていたのでした。



~多摩川右岸CRで立日橋まで周回~多摩川CRで15:40帰宅。
どんより空のため15時頃にはすっかり夕方の暗さ。どこか迂回してあと20分も走れば200km走でしたが夕方気分になってしまったのでそのまま帰宅。結局平野部は日差しがなかったようで奥多摩方面で日差しを浴びることが出来てラッキーでした。
走行時間:8h10m、距離:191.9km、AV.23.5km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

和田峠

5:50起床。今朝も空気はヒンヤリですが晴れています。昨日の走行でなんとなく筋肉痛ですが走っているうちに筋肉がほぐれて筋肉痛も収まるでしょう。
Map20161016_01今日のコース
峠にとんと御無沙汰しているので久しぶりの和田峠越えをしてみます。





7:20出発~多摩川CR~浅川CR~R20~大垂水峠~藤野コンビニ休憩~沢井川沿いの道
P50_20161016_102836沢井川沿いの道
R20を吉野郵便局の信号で右折し中央線踏切を越えて中央高速をくぐると一旦道は沢井川に沿った下りとなり峠に向かう途中の最後の息抜き場所です。日の差す場所は暖かく、日陰に入ると冷え込んでいます。



~県522~県521~11:30和田峠(69.0km)
P50_20161016_112641和田峠
去年は藤野側の道路が崩落で通行止めであったため2年ぶりの訪問となりました。しばらく平坦路ばっかりを走っていたので今日はずいぶんきつく感じました。峠に着く頃にはそれまで晴れていた空が灰色の雲に覆われてしまいました。汗が冷えないうちに峠をあとにして八王子市側に下ります。


~県521~下恩方~~都61~戸沢峠~都32~小峰峠~五日市~都7~都165~羽村~多摩川CRで14:30帰宅。
走行時間:6h29m、距離:139.8km、AV.21.5km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

久しぶりの湘南海岸

6:10起床。快晴の朝です。休日の朝から快晴っていつ以来でしょうか。しかし冷え込んでいて10℃を下回っているようで寒さを覚えます。先週には真夏日があったのに10℃といえば冬の日中の気温ですから体が付いていきません。
Map20161015_01今日のコース
105ホイールの修理が成ったわけですが今日も後輪は新品のWH-R501Aを履いて走ります。スポークテンションの高いガチガチなホイールの走行感を感じるには長距離を走らないと分からないです。



7:10出発~多摩川CR~関戸橋~都18~野津田~県57~境川CR~遊行寺~R467~10:10江の島(69.2km)
P50_20161015_1018_01江の島ねこ
久しぶりに江の島に渡りました。お天気が良いので江の島ねこも日向ぼっこしているだろうと駐車場あたりを捜索しましたが、まだどこかで寝ているのかこの子しかいませんでした。江の島のノラはみんな避妊手術を受けているので島で子ねこが生まれることはありません。だんだん数が減って来ているのは淋しいですが島にとっては捨て猫が減って良いことなのでしょうか。

~R134~11:10大磯港休憩(87.3km)
P50_20161015_112456大磯港
日が高くなって気温も上昇し空気も乾いてこの秋一番の快適な自転車日和となりました。ちょっと頑張って走っても汗が流れることもなく疲労感も少ないです。でも秋は日の入りが早いのでここから帰途につくことにします。



~R134~湘南大橋~県46~海老名~相模川沿い~県48~町田街道~浅川CR~多摩川CR
P50_20161015_152341稲城ねこ
今日は雲も広がらず一日中日差しのある休日となりました。長い秋雨にたたられた稲城ねこもカラッカラに乾いたようで気持ちよさそうにしていました。




~多摩川CRで15:50帰宅。
今日はいつもより快調に走れました。それが新品ガチガチホイールの効果なのか、気温が下がって運動効率が上がったせいなのか。
走行時間:7h17m、距離:182.4km、AV.25.0km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月11日 (火)

拓郎LIVE2016その12

ついに拓郎LIVE2016大宮ソニックシティ公演の日を迎えました。
昨日、自転車で会場の下見までこなして準備万端。仕事もちゃんとこなし、16:30ころさりげなくウキウキしながら会社を早退し電車で大宮に向かいました。
P50_20161011_173021大宮ソニックシティで見る拓郎ライブは2006年10月23日の「ミノルホドコウベヲタレルイナホカナ」以来なので10年ぶり。あれからもう10年経っただなんて月日の流れはなんて早いんだろう。
長蛇の列に並んで開場されて会場に入ります。不正入手チケットのチェックは何もやらないのね。
グッズには目もくれずホールの中へ。絶対手に入らないステージ前の席のあたりの見え方を確認してからはるか後方の僕の指定席に向かいました。なーに、ちょっと遠いけどインドネシアで皆既日食を見届けたこの双眼鏡があれば視野いっぱいの拓郎が見られるのさ。
開演前、ホールに流れるBGMは係の人の「場内は写真撮影は撮影禁止でーす」の連呼でした。本物のBGMもかき消すほどの連呼でしたね。それでも後ろから見ると結構撮影しています。
18:30開演
 「春だったね」・・・2014年のときのアンコール曲を1曲目!
 「やせっぽちのブルース」
 「マークⅡ」
 「落陽」・・・最近はオープニングで歌われますが、やっぱり最後の方で聞きたいなぁ
 「アゲイン 」
 「朝陽がサン」
 「消えていくもの」・・・2006年のときもこの会場で聞いていた
 「唇をかみしめて」・・・間奏での鳥山さんと渡辺さんのツインギター、かっこイイ
 「ジャスト・ア・RONIN」
 「いつでも」
 「君のスピードで」
 「白夜」・・・♪みんなみんな~♪のところは辛そうでしたね。
 「旅の宿」・・・亡くなられた岡本おさみさんと奥さんの旅の思い出の歌です。間奏で吹いたハーモニカをステージ上にポイと投げ捨てて歌に戻る。かっこイイ!。ちなみにそのハーモニカは次の曲のギター交換に来たお兄さんがきちんと回収していきました。
 「全部だきしめて」・・・メンバー紹介はこの曲ですね。
 「いくつになってもhappy birthday」
 「海を泳ぐ男」・・・2006年のときもこの会場で聞いていた。最後の♪~あれはみんな陽炎だったから 今は少ししみるさこの胸に~♪  かっこイイ!
 「僕達はそうやって生きてきた」・・・拓郎さんとしてはこの曲は外せないのか。
 「流星」・・・じ~ん でもちょっとベース音が大きすぎるなぁ。
最後にバンドメンバー全員が前に出てカーテンコール。その後ろ姿を撮影するタムジンさんがステージの後方に見えました。
アンコール
「大宮がそうさせてるんだな。市川とフォーラムは失敗したけど今日はうまくいった。満足だから帰っていい?」と言ってアンコールに入りました。
 「ある雨の日の情景」
 「Woo Baby」・・・情熱に入っている曲ですが、ライブで聴くとこんなにノリの良い曲だったなんて!
 「悲しいのは」
 「人生を語らず」・・・2014年の1曲目をラストに!。♪届かないものヲ♪、♪廻るなかでェ♪、♪閉ざすんだァ♪、♪傷もいえるしィ♪、♪旅人にィ♪のシャウト
20:40終演
♪夏の日の恋 に送られてホールをあとにしました。
コーラスの4人組はいろいろな振り付けで踊っていて見ていて楽しかったです。
あれ!新曲はどうした?

| | | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

栗のシーズンは終わりか

5:30目覚めましたが外は雨。起きあがることなく二度寝に入りました。
7:00起床。雨は止んでどんより曇り空。レーダーを見ると近畿地方にエコーがありますが弱い物。この後雨は降らなそうですが路面はまだ濡れているので乾くのを待ちます。
Map20161001今日のコース
雲が低いのでひょっとしてどこかで弱い雨に遭遇するかもしれません。その場合はすぐに引き返すことにして羽村を目指しました。




9:00出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~県193
P50_20161001_135419キンモクセイ
長い長い秋雨の曇天が続きますがいつの間にか濃い秋の香りが漂う季節となりました。
羽村に到達しても雨の気配は無いので青梅市の小木曽あたりの無人販売所で栗を買ってくることにして向かって見ましたが、このあたりでの栗のシーズンはもう終わりで空振り。山の方の空が黒いので引き返すことにしました。

~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで16:00帰宅。
14時過ぎに一時日差しが出ましたがほぼ曇天で風も弱く気温も20℃そこそこで涼しく意外と走りやすい一日でした。
走行時間:6h14m、距離:149.1km、AV.23.9km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »