« 忘れ物が多いのはボケの始まりか? | トップページ | 世界遺産の合掌造り集落群を鑑賞する »

2017年5月12日 (金)

ひるがの高原の分水嶺まで

5月2日(火)
3:40起床。まだ外は暗いですが晴れています。目覚ましが鳴る前に目覚めることが出来ました。スバラシイ。あとは行動あるのみ。昨日と同じく東京駅まで走って輪行です。
4:40出発~多摩川CR~二子玉川~駒沢通り~青山通り~内堀通り~6:00東京駅八重洲口着(24.1km)。
2日続けて八重洲口。昨日より1時間早い朝の6時ですが多くの中国人団体客がホテルからゾロゾロと八重洲口に向かう姿は昨日と同じです。新幹線混まないかなぁ。
昨日と同じく大丸前の花壇のかげで輪行準備です。久しぶりでしたが手順も間違わずうまくできました。
P50_20170502_064754東京駅18番ホーム
昨日は北陸新幹線に乗車予定でしたが今日は東海道新幹線で名古屋まで。朝の東海道新幹線はのぞみが10分毎に発車します。2本あと発車ののぞみホームに上がると自由席車両に乗車待ちの列はありませんでした。楽勝で最後尾列の2人列シートの席をGETし後ろスペースに自転車を安置。これで九州までも行くことが出来ます(名古屋で降りますが)。新横浜を過ぎても空席はいっぱいありました。

6:50博多行きのぞみ発車~8:34名古屋着。
名古屋駅到着後、ホームから改札フロアへ降りるのに誰もいなかったので初めてエレベーターを使用しました。エレベーターに乗るとき、降りるときバックで出るのは自転車を人にぶつける心配があったので後ろ向きになってバックして乗りました。1階に到着したら何と後ろ側にも扉があってそっちが開くのですね。変な気を利かせたせいで結局バックして降りる羽目になりました。これで一つ経験値を上げたわい。
Map20170502_01今日のコース
名古屋駅からスタートして長良川に出てアユになった気分で川沿いをひたすら遡上します。





9:00名古屋駅出発~県67~県130~県134~10:40木曽川の馬飼大橋(52.3km)~県1~岐阜羽島駅~県194~長良川左岸堤防上の道~12:00長良橋(79.4km)
P50_20170502_111840長良川
濃尾平野を流れる長良川の左岸堤防上を走ります。右手前方遠くには雪を残した御嶽山と乗鞍の姿も望まれました。堤防上はずっと舗装路が続いていましたがCRではなく一般道で県道の部分もあります。結構車が走っています。



P50_20170502_121944長良川といえば鵜飼。まだシーズン前(5月11日開幕)なので長良橋のたもとには鵜飼観賞用の屋形舟がいっぱい係留されています。鵜はどこかで猛特訓中でしごかれているのでしょう。鵜が水中で丸呑みした鮎を鵜を操るおじさんが喉元をぎゅっと絞り上げて全部吐き出させるように見えますが、実際は大きな魚だけが喉を通らないような縛り方で、小さい魚は鵜の胃に収まりWin-Winの関係なのだそうです。1300年以上の歴史を持ち国の重要無形民俗文化財に指定されている伝統漁ですが何も理解しない海外の動物愛護団体から動物虐待といわれないことを祈るばかりです。
~県287~県94~美濃の街並~R156~県324~県61~県52~16:10白鳥(155.6km)~R156~17:10分水嶺公園
P50_20170502_134804国道対岸の道
美濃の町を過ぎると長良川の両岸には山が迫ります。その川岸に国道、対岸に県道が通っています。僕は当然県道のほうを選択。交通量が少なく路面も良くストレス無く走れました。その県道も白鳥の町までで、そこから先はR158だけとなります。でもその頃には交通量も減っていたので問題ありませんでした。

P50_20170502_171113駒ヶ滝
国道のすぐ脇に落ちる滝です。ここを過ぎて先に見えている坂をもうひと上りするとR156の最高点(875mくらい)に到達します。そこが中央分水嶺の峠となります。結局激坂区間というものは出てきませんでした。その先は高原状でとても緩い下りでした。野辺山の最高点を通過したというような感じ。関東あたりで中央分水嶺といえば県境となることが多いですがまだまだ岐阜県が続きます。

P50_20170502_172055分水嶺公園
最高点の国道脇に分水嶺公園がありました。日本海側と太平洋側を分ける中央分水嶺です。上流から流れて来た小川が右(庄川:日本海)と左(長良川:太平洋)に分かれて流れていきます。確かに分水嶺だわいと納得なのですが、なんか違和感があります。そもそも上流から分水嶺上をずっと流れてくる川なんてありえません。この小川には作為を感じざるを得ませんでした。この公園を作るうえでわざと"展示用"に作られたものでしょう。
~17:30ひるがの高原民宿長兵衛着。
P50_20170502_174432今日の宿
ひるがの高原は冬季スキー場があるのでスキー客相手の民宿が多くあります。今はシーズンオフなので飛び込みでも一発で宿決定でした。部屋にはまだコタツが出してありました。素泊まりなので食事をしに外出すると民宿の隣のお宅から毛の塊が近づいて挨拶してくれました。重そうです。


走行時間:8h12m、距離:178.0km、AV.21.7km/h

|

« 忘れ物が多いのはボケの始まりか? | トップページ | 世界遺産の合掌造り集落群を鑑賞する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/65266849

この記事へのトラックバック一覧です: ひるがの高原の分水嶺まで:

« 忘れ物が多いのはボケの始まりか? | トップページ | 世界遺産の合掌造り集落群を鑑賞する »