« 御嶽渓谷で涼む | トップページ | 夏休みツーリングを延期 »

2017年7月29日 (土)

1000円靴下に効果はあるのか

4:40起床。雲が多いながらも切れ間も見られます。夏のような梅雨が明けたら梅雨のような夏が始まってしまいました。今年もへんちくりんな夏になってしまいそうです。
さて、夏休み自転車ツーリングに向けて、かねてから懸案であった靴下問題を解決すべく、清水の舞台から飛び降りる覚悟で先週自転車屋に行き、自転車専用ソックスとやらを購入しました。
P50_20170722_061003パールイズミのクールネスソックス
定価1200円もします。でも一番安いモデルで、しかも安売りしていたので消費税込みで1037円でした。いつもユニクロの3足990円靴下はいて走っている身としては靴下が1足1000円もするんかい?と感じてしまうのです。しかも自転車用で1000円は激安で2000円を軽く超えるのが当たり前のようです。では何が問題で自転車用に手を出したのかというと、洗濯後の乾きが悪いのです。乾燥機にかけても綿が使われているのでしっとり感が残っています。ツーリングで連日走るのには速乾性が大事。で、自転車用はポリエステル、ナイロン、ポリウレタンが素材で乾きに問題なし。これで走行が早くなればさらに良いのですが・・・。
Map20170729_01今日のコース
先週末はいろいろあって二日で200kmちょっとしか走っていないので、今日は200km走を目指しました。天気は午後に不安定らしいのでいつもの荒川・入間川・多摩川を周回する平地を走るコースです。



5:30出発~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357歩道~9:10葛西臨海公園~荒川CR~羽根倉橋~荒川CR~入間川北岸沿い
P50_20170729_114404すでに雨雲発生
葛西臨海公園から荒川CRに入ると日差しが出て気温上昇。今日も川島のホンダエアポート近くの商店でガリガリ君をかじって夏を満喫したのですが、入間川に戻ると、これから向かう飯能方面に黒雲が広がり、雲の底からは雨脚が垂れているのが見えます。


~入間川CR~初雁橋で正面に降雨帯があり回避~太田街道~川越~狭山~所沢~多摩湖~東村山~東大和~小平~立川~多摩川CRで空を見上げながら15:40帰宅。
迂回のおかげでポツポツ雨程度で無事帰宅できましたが、帰宅後20分もすると土砂降りの雨となりました。危なかった~。
なお、靴下の走行への効果は予想通り何も感じられませんでした。靴下で早く走れるようになったら画期的ですよね。普段の日帰り旅はユニクロ靴下で十分ということです。
走行時間:9h00m、距離:220.7km、AV.24.5km/h

|

« 御嶽渓谷で涼む | トップページ | 夏休みツーリングを延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/65596242

この記事へのトラックバック一覧です: 1000円靴下に効果はあるのか:

« 御嶽渓谷で涼む | トップページ | 夏休みツーリングを延期 »