« 裏ヤビツで涼む | トップページ

2017年7月16日 (日)

御嶽渓谷で涼む

4:50起床。熱帯夜が明けました。薄雲の広がる空ですが太陽光を遮るほどではありません。今日も暑くなるようなのでできるだけ涼しい所へ。
Map20170716今日のコース
奥多摩湖方面を目指したのですが、連日の暑さでもう夏バテ気味で御嶽橋下の多摩川の河原で涼んだのでした。





5:40出発~多摩川CR
P50_20170716_061220狛江の堤防上舗装工事
黒いアスファルト舗装が白い舗装に変わっていました。車止めも設置済み。もともとこの手前の多摩水道橋の入り口にも車止めがあるので車は入ってこれないのですが。そんなことよりも問題は青い標識です。堤防上は歩行者、堤防下の従来の道は自転車という住み分けにしようとしています。ならば下の道のデコボコ舗装も直してほしいわ。

~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~9:20御岳休憩
P50_20170716_094844御嶽橋の下
熱帯夜明けの生ぬるい空気が多摩川上流から川風となって流れてきます。微風ですがネットリとまとわりついて粘度の高い液体の中を進んでいくようでスピードが乗りません。羽村の堰に着くまでにすでに缶コーヒーを注入して各所で休憩を取るほどへたれてしまい奥多摩湖は夢のまた夢。はるか手前の御嶽駅前の御嶽橋の下で缶コーラを飲みながら30分以上まったり。多摩川の水は思ったより冷たく川面を吹き渡る風にはわずかに涼が感じられます。
~都45~大入林道~10:50梅ノ木峠
P50_20170716_105157梅ノ木峠
このまま帰ったのではちょっと走り足りないので近くの梅ノ木峠を越えました。青梅市側の上りはいつもジメジメ濡れていた記憶があるのですが、ここしばらくの暑さで路面は乾いていました。しかし、思った以上にへたれていたので汗びっしょりになってやっと辿り着いた感じ。標高は600mちょっとで風に爽やかさは感じられませんでしたが、五日市に下ってみて峠は涼しかったんだと実感できました。

~大入林道~都184~都31~五日市~都165~都29~羽村~多摩川CRで14:20帰宅。
走行時間:6h10m、距離:127.2km、AV.20.6km/h

|

« 裏ヤビツで涼む | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/65542842

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽渓谷で涼む:

« 裏ヤビツで涼む | トップページ