« 養老川遡上 | トップページ | 土肥さざ波キャンプ場へ »

2017年10月 5日 (木)

荒崎のシマシマを見る

10月1日(日)
5:10起床。快晴の朝です。泊まっている部屋から東の空が良く見渡せますが、日の出前のオレンジ色に染まった空がとてもきれいです。
Map20171001_01今日のコース
3日間のツーリングというのはあっという間に終わってしまいます。走り慣れてきた所でもう終わりって感じ。





6:10館山YH出発~R410~館山~内房なぎさライン~県302~富浦~R127~7:30金谷港(52.7km)
P50_20171001_073442金谷港45分待ち
日が長ければ東京湾岸自走なのですが今日はフェリーで久里浜に渡ります。金谷港に着いたとき15分前に出港したばかりで一瞬自走を考えましたが風は向かい風なので思いとどまりました。次の便まで45分待ち。さらに久里浜まで45分の乗船時間があるので1時間半の長い休憩に入ったのでした。


~8:15東京湾フェリー~9:00久里浜港~R134~県215~9:50三崎港休憩(59.1km)~県26~R134~荒崎休憩
P50_20171001_104039荒崎の細かいしましま
非常に細かい砂泥互層です。交わることなく平行に続いている様はまさに芸術。





P50_20171001_105511荒崎の大きなしましま
厚みのある黒い火山噴出物とシルトの互層。細かい断層によって各所でずれが生じています。水平面にシマシマが出ているということは、かつて堆積した地層がすごい力でねじ曲げられて水平から立ち上がってしまったところを波に削られて断面が見えているということ。


~R134~県207~R134~藤沢~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで16:00帰宅。
走行時間:7h16m、距離:170.6km、AV.23.5km/h

|

« 養老川遡上 | トップページ | 土肥さざ波キャンプ場へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/65878437

この記事へのトラックバック一覧です: 荒崎のシマシマを見る:

« 養老川遡上 | トップページ | 土肥さざ波キャンプ場へ »