« 県道66号線で佐野から桐生に抜ける | トップページ | ブラケットカバーを交換する »

2017年11月 9日 (木)

利根川洪水の跡を見る

11月5日(日)
6:20起床。快晴の朝ですが気温が低くなりました。こんなこともあろうかと今回はウインドブレーカーを持参していたのでした。
Map20171105_01今日のコース
三連休はアッという今におしまいでもう自宅に帰らなくてはなりません。自宅に戻るコースは江戸川CR周りにしました。いちばん疲れのたまる3日目なので平坦コースです。弱いながらも午前中は北風の追い風が使えそうです。



7:00出発~利根川CR~栗橋
P50_20171105_074928台風21号洪水のなこり
関東地方を通過して行った台風21号の大雨で利根川も河川敷の幅いっぱいに洪水となりました。東武線と宇都宮線鉄橋をCRは河川敷にアンダーパスしているのですが、未だに堤防側から水がしみ出してCR上は冠水が続いていたのでした。



P50_20171105_080432台風21号洪水の足跡
堤防の内側に付いている茶色いラインは洪水時の水位がここまで来ましたよということを示しているゴミのラインです。河川敷から天端までの3分の2の高さあたりまで来ています。ここは渡良瀬川合流点の少し下流にあたり流量が多くなる場所ですが、総雨量があと1.5倍程度だったらかなり危険な状態になったものと想像されます。カスリーン台風の堤防決壊から70年。忘れさられたころに何かが起こり、「こんなことは生まれて初めてです~」とインタビューに答えることになるのです。
~左岸CR~境大橋~右岸CR~利根運河CR~江戸川CR~11:50葛西臨海公園(105.8km)~荒川河口橋~R357に並行する道
P50_20171105_121117高層マンション増えました
湾岸エリアのこのあたりは走る毎に風景が変わっていきます。風景を変えているのはいわゆるタワマンです。最近の高層ビルは免震機構を備え揺れには強く倒壊することは無いんでしょうが、何かあったときを想像すると怖いですねぇ。



~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~平和島~昭和島~13:40羽田(135.1km)~多摩川CRで15:00帰宅。
何はともあれ3日間走れたことは大変喜ばしいことでした。
走行時間:7h01m、距離:164.9km、AV.23.5km/h

| |

« 県道66号線で佐野から桐生に抜ける | トップページ | ブラケットカバーを交換する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利根川洪水の跡を見る:

« 県道66号線で佐野から桐生に抜ける | トップページ | ブラケットカバーを交換する »