自転車旅2017

2017年5月28日 (日)

三浦半島周回

4:40起床。雲の多い朝です。昨日は朝起きると路面ウェットだったので二度寝してしまい出発するタイミングを逸したので夏用の部屋の模様替えなどして休養日としました。5月の週末はは先々週土曜日の雨以外は好天に恵まれ外泊ばかり。来週は6月となり梅雨も近いので日中の晴れ間を利用してカーペットを干して片づけ。備蓄の減った非常食料の買い出しで軽く走っておしまい。

今日は予報では日中晴れることになっているので長距離を走ることにします。
Map20170528今日のコース
定番の三浦半島周回コースです。日の長い季節なので安心して走れます。





5:30出発~多摩川CR~六郷橋~R15~横浜~R357~八景島~R16~横須賀
P50_20170528_085905赤錆色
R16から田浦にそれて走っていると左手に赤さび色の美しい倉庫を発見。良い色を出しています。スバラシイ。相模運輸倉庫(株)の5号倉庫です。




~R16~県209~浦賀~県210~久里浜~R134~県215~10:40三崎港(114.0km)
P50_20170528_104927三崎港
かなり早く到着してしまったので軽く自販機で缶コーヒーを注入。自販機の脇にあった錆び錆びのパイプ群です。スバラシイ。鑑賞しながらコーヒーを飲み帰途に着きます。




~県26~R134~藤沢~R467~遊行寺~境川CR~県57~野津田~都18~関戸橋~多摩川CRで17:00帰宅。
走行時間:9h07m、距離:219.8km、AV.24.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

印旛沼CRを走って田植えに行く

5月20日から田植え作業支援のため羽生に行ってきました。
Map20170520_0120日のコース
20日は移動日なので久しぶりの長距離走を試してみました。検見川の浜から花見川CR、印旛沼CRで利根川に出て利根川CRで羽生に向かいます。コースは平坦なのですが今日は何といってもピーカンの快晴で気温が上昇し真夏日の予報。



5:30出発~多摩川CR
P50_20170520_061316狛江のダート
多摩水道橋上流から狛江5本松までの多摩川堤防上はずっとダートのまま放置されてきましたが、ついに舗装工事が始まりました。工事完了は6月30日となっています。主体は国土交通省関東地方整備局京浜河川工事事務所なので狛江市のCRではないようです。となるとこの先の水神様から調布市の多摩川CRまでの100mちょっとがダートとして残ります。

~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357歩道~8:40葛西臨海公園(66.6km)~江戸川CR~市川橋~R14~津田沼~県69~10:30検見川浜(105.6km)~花見川CR~12:10飯野休憩所(136.1km)~印旛沼CR~13:10長門水門(157.8km)~利根川CR~若草大橋~利根川左岸CR~小貝川
P50_20170520_135448小貝川合流点
若草大橋で利根川左岸に渡ってCRを走っているといつの間にか小貝川になってしまいます。これまでキロポスト表示が「海からxxkm」だったのが急に「合流点から0.00km」に変わりました。




~利根川左岸CR~新大利根橋~利根川CR~16:10関宿(220.4km)~利根川CR~17:50羽生着。
走行時間:10h25m、距離:256.4km、AV.24.6km/h

Jyup3_01木星を写してみた
夜は3晩とも良く晴れていたので、めったに出さない望遠鏡を引っ張り出して見頃の木星を見ていました。木星の大赤斑が僕の経験上最も赤く見えていることに感動しました。大赤斑て本当に赤いんですね。気流が安定していたので細部まで眺められました。試しにコンパクトデジカメを手持ちして接眼レンズ部から写してみた写真です。縞模様が3本くらいは映っています。大昔、フィルムで苦労して撮影していたときよりも、しっかりと写っているのが悔しいですね。

田植えは猛暑の中無事終了しました。この期間だけ毎日真夏日を記録するなんてタイミング悪かった~。
あとは走った記録だけを書いておきます。
22日 走行時間:5h55m、距離:133.5km、AV.22.5km/h 利根川と渡良瀬川
23日 走行時間:3h53m、距離:  86.6km、AV.22.2km/h 羽生→自宅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

大田区の七辻を走る

連休中のツーレポは一休み。
4:50起床。どんより曇り空です。昨日一日雨で家に閉じ込められ土曜日に自宅にいたのは5週間ぶり。風香る5月。明るい光にあふれ新緑がまぶしく風はさわやかで自転車旅でもっとも快適な季節ですが北東風による湿った空気で湿度が高く低い雲に覆われ日が差さないさえない天気です。ああもったいない。
Map20170514_01今日のコース
昨日走れなかったので三浦半島周回コースで200km走を狙っていましたが、あまりにもどんよりしているのでやる気をそがれ、以前NHKの「ドキュメント72時間」という番組で紹介された大田区の七差路を走ってくることにします。



5:30出発~多摩川CR~羽田~七辻
Map201705142_01七辻あたりの走行記録
多摩川CRで一旦羽田まで出て、京急線の南側の道をまっすぐ西に進んで七差路に侵入する予定が、途中火事か何かで規制線が張られて環八に迂回を余儀なくされ予定していた通過順序が乱されました。七差路なので交差点を4回通過しないとコンプリートとなりません。通過してすぐに折り返せば簡単なのですがそれでは味がありません。通過してしばらく走ってから別の道で交差点に侵入することを繰り返し、4回全部終わったと思って多摩川CRに離脱。帰ってプロットしてみたら1本走り損ねていました。またやり直しです。
~大師橋~多摩川河口~浮島
P50_20170514_090038浮島ねこ
浮島の一番南西端の行き止まりに浮島ねこがいました。そばは東燃ゼネラル石油の製油工場で煙突から炎が噴き出しているところです。人家は無くどうやって生計を立てているのでしょうか。



~多摩川CR~R15~鶴見川~都18~府中四谷橋~多摩川CR~羽村~多摩川CRで16:20帰宅。
降りそうで降らない曇り空が午後に向かってだんだん明るさを増していきました。どうしても昨日の分を走りたかったので鶴見川から羽村まで回って200km走達成です。
走行時間:9h22m、距離:209.6km、AV.22.3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

忘れ物が多いのはボケの始まりか?

5月1日(月)
4:00起床。晴れています。レーダーを見ると北陸地方には既に雨雲がかかり雨が降っているようです。このあと雨雲は南下して午後には関東地方にもかかってくる予報。きょうのコースは雨雲が通過していく間に新幹線で富山県高岡まで移動して雨雲をやり過ごし天気が回復したているはずの富山県内を能登に向かって走る寸法です。あまり早く着いても現地で雨がやむのを待つことになるので始発は狙わず東京駅まで自走してから輪行するのです。
一週間のツーリングなので出発前にサドルバッグサポーターを取り付けてサドルバッグとフロントバッグとウェストバッグの3バッグ体制にします。バッグの中は連休前に準備しておいた荷物が詰まったままなのです。
Map20170501_01今日のコース
東京駅から輪行するはずがなぜこんなコースになってしまったのでしょうか?





5:40出発~多摩川CR~二子玉川~駒沢通り~青山通り~内堀通り~7:00東京駅八重洲口着(25.9km)。
朝の7時ですが多くの中国人団体客がホテルからゾロゾロと八重洲口に向かう姿が見られます。新幹線混まないかなぁ。まずは身軽なうちに新幹線の切符を買ってこようと自転車に鍵をかけようとしてフロントバッグをあさると、鍵を忘れていたのでした。鍵は現地調達すればいいやということで人気の少ない大丸前の花壇の陰で輪行準備に入ります。
P50_20170501_073636東京駅八重洲口
自転車をひっくり返して前後輪を外し、リアにエンド金具を取り付けようとしてエンド金具を忘れてきたことに気づいたのでした。縦型輪行袋なのでエンド金具なしではリアディレイラーを壊してしまいます。近くの自転車屋で購入するにもまだ7時すぎなので3時間は待ちです。何てことでしょう!。なんてこった。これから家まで往復するなんて気にもなりませんでした。気分は完全に撤退に傾き前後輪を戻します。人目の少ない場所で作業していて良かった。

7:40八重洲口出発~内堀通り~都409~R15~海岸通り~R15~多摩川CRで足取り重く9:40帰宅。
走行時間:3h01m、距離:66.6km、AV.22.0km/h

昼前から曇空となりパラパラとにわか雨が降り始め13頃からは雷雨となりました。天気は予定通り変化したもののちょっとした忘れ物で能登行きのリカバリー計画はオジャンです。かなり深刻な自己嫌悪に陥り、午後は部屋でグッタリ昼寝して無駄に過ごしたのでした。
昼寝から目覚めるとカラッと晴れ渡りさわやかな風に変わっていました。休暇はあと6日あります。次の雨は6日に予想されていますが短時間のようです。再び能登への気持ちがムクムクと湧き上がってきたのでした。
急いで新しい計画を立てます。
1日目:東京から名古屋まで輪行。郡上八幡当たりで宿泊
2日目:ひるがの高原を越えてR156沿いの合掌造茅葺民家群を鑑賞し伏木あたりで宿泊
3日目:能登半島の付け根を通って日本海側に出て西海岸沿いに輪島あたりで宿泊
4日目:千枚田を鑑賞し能登半島北端を経由して能登島あたりで宿泊
5日目:天気の様子次第で新高岡か富山から北陸新幹線で輪行帰宅
6日目:予備日
おぉ、完璧だ。期間が短くなったし、快速を要求されるので荷物を整理して減らし(100円カッパ、フリースの部屋着、下着1セット、ライト)サドルバッグは外してフロントバッグだけにしました。輪行用エンド金具も確認済。明日は超早起きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

連休の計画はこうでした

3月最後の週末、風邪をひいた上に犬も食わない真冬並みの寒さの雨の日に朦朧とした意識の下で計画は立てられたのでした。
今年も4月29日から9連休を取り自転車で目指すは能登半島輪島の白米千枚田。日本海に向かう斜面に切り開かれた棚田の風景をこの目で見てくることです。
そこに向かうルートは、自宅から全自走は厳しいので輪行を考えていました。
1日目:東海道新幹線で岐阜羽島まで輪行後長良川沿いにR158を辿りひるがの高原で一泊
2日目:日本海に向けて庄川沿いに下り合掌造りの茅葺民家群を堪能し能登半島の付け根氷見あたりで一泊
3日目:日本海側に抜けて能登半島の日本海側を走り輪島あたりで一泊
4日目:目的地白米千枚田を鑑賞後能登半島最北端を経由して能登島あたりで一泊
5日目:能登半島に別れを告げて神通川沿いにR41を遡り高山あたりで一泊
6日目:R41を名古屋までひた走り岡崎あたりで一泊
7日目:静岡市か沼津あたりまで走って一泊
8日目:自宅まで走って旅を終える
9日目:予備日
予想では1400kmほどの走行距離。春先の走行訓練不足はありますが本番で鍛えれば十分イケます。
軍資金は確定申告の税金還付金がタンマリ。
能登半島をめぐる期間が連休の谷間に当たる平日なので宿は空きがあるはずという甘い考え。
あとは天気次第だったのですが、週間天気予報をずっと見ていて4月29日と5月1日の雨マークが出発前日になっても取れませんでした。僕にとって雨は最大の敵。しかもこの雨は寒気に伴う雷を伴ったもののようです。とても100円カッパでは太刀打ちできません。
出発前日の21時過ぎ、悩みに悩んだ末能登に向かう予定を断念し雷の来ない房総半島館山のユースに宿泊の予約電話を入れてしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

春夏冬二升五合が読めなかったこと

4月22日(土)
4:50起床。どんより気味に曇っています。あっという間にGW前最後の週末となってしまいました。先週は今シーズン初めてのお泊りツーリングで2日間走り込んで来ましたが、今週は稲の籾撒き手伝いで羽生に向かいます。
Map20170422_01今日のコース
先週の走りでどれだけ走力が回復したのかを試します。目標は200km走で足がつらないこと。自転車は25Cタイヤに交換し、フロントバッグ装着でサドルバッグが無いだけのGWツーリング仕様にしてあります。午後から雨の予報もあり天気を気にしながらの出発です。


5:40出発~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357歩道~8:40葛西臨海公園(66.8km)
ガス橋付近では雨が落ちてきそうな雲行きでしたが何とか持ちこたえました。ここまで順調。

~荒川CR~10:30羽根倉橋(111.0km)~荒川CR~入間川沿い~11:30笛木醤油(133.4km)~入間川CR~荒川CR~12:50吉見運動公園(158.3km)
荒川CRでは北東から東寄りの風で河口からしばらくは向かい風でしたが流路が西寄りに変わると追い風となりかなり進捗が良くなったので越辺川脇にある笛木醤油までせんべいを買いに行く余裕が出来ました。吉見運動公園でカップ麺で栄養補給していると雨がぱらつき始めたので急いで熊谷方面に逃げました。

~13:40熊谷荒川大橋(174.0km)~右岸CR~押切橋~県47~県263~県45~14:50深谷の利根川CR(192.5km)~刀水橋
熊谷大橋まで来ると雨域を抜けて日差しが出ました。ちょっと余裕が出来たので右岸に渡って押切橋まで走ってから利根川を目指しました。刀水橋を渡って群馬県大泉町に入ったあたりで200km越え。

~利根川北岸沿いの道~武蔵大橋~左岸利根川CR~昭和橋~利根川CRで17:10羽生着。

家に着く前に昔通った小学校近くの豆腐屋でおみやげの油揚げと豆腐を購入。その豆腐
屋の店内に掲げられていた看板の
  「春夏冬二升五合」
が読めず、店番のおじいさんに聞いて見ました。

春夏冬=秋が無いので あきない
二升=升(ます)が2つで ますます
五合=1升の半分なので半升(はんじょう)

ということで、あきないますますはんじょう(商いますます繁盛)
と読むんだそうです。

走行時間:9h41m、距離:234.0km、AV.24.1km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

この道路案内標識は間違いでしょう

16日に小菅から奥多摩湖に向かって国道139号線を辿っていると奥多摩周遊道路との交点である三頭橋点前に新しく取り付けられた道路案内標識がありました。
最初はチラッと見て通過したのですが、何か気になったので戻って写真に収めて見ました。
P50_20170416_101139_01六角の139は間違いでしょう
違和感を感じたのは真っ直ぐ進む国道139号線の表示が”おにぎり”ではなく地方主要道である六角で139と表記されていたためでした。これでは都道139号線ということになってしまいます。ちなみに本物の都道139号線は町田市内の鶴川街道になります。


Map201704162標識付近の地図
また、直進した先が「甲府 青梅」というのも何だかなぁ・・。R139は数百メートル直進した先でR411にぶつかって終わります。R411を左折すると甲府方面、右折すると青梅方面なので嘘ではないのですが。せっかく案内するならR411も書き込んで右に青梅、左に甲府とした方が分かりやすいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

雨降りだったので「青い空を、白い雲がかけてった」を読んでいた

6:20目覚めましたが今日も雨降りで二度寝に突入。
8:30起床。ショボ雨が降り続いています。これで3週連続で週末に雨降りです。ここ数日、これまでの肌寒さが嘘のような陽気に転換し、全然咲いていなかった近所の桜がこの週末は見頃となっていますが、花が咲くころは大体こんな天気が多く青空を背景にした満開の桜なんてぇのはなかなか拝めないのがこの時期の天気の性格ですね。
午前中は古本屋で買っておいた「青い空を、白い雲がかけてった」(あすなひろし著)という、僕が中学から高校の頃、少年チャンピオンに不定期に連載されていた漫画を寝っ転がりながら読んでいました。懐かしいなぁ。当時自分が笑っていた部分で今の自分も笑っているのを見ると僕はあの頃から精神的に全然成長していないということに気づいたのでした。
昼前頃にやっと雨が止んで14時頃には路面も乾いてきました。ここで走っておかないともう走ることをやめてしまうのではないかという心配もあり、少しだけでも走っておこうと部屋から自転車を担いで地上に降り立ったのでした。
14:10出発~多摩川CR
多摩川に出ると、ロクな天気でもないのに見頃となった桜を見に大勢の人たちが繰り出していました。長い冬を乗り越えてようやく迎えたこの時期だけのものですからね。一人で見る桜よりも誰かと一緒に見る桜の方が印象に残ります。僕はいつも一人ですがこんなどんより空の下ですがさすがに桜です。それはそれで印象に残ります。
~多摩大橋折り返して多摩川CRで16:50帰宅。
短い時間でしたが自転車で多摩川沿いの花を眺めながら走ったのでずいぶんと気分がほぐれました。でもこんな調子じゃGWツーリングに向けての調整が全くできません。
走行時間:2h37m、距離:63.4km、AV.24.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

自転車を格納する

6:00起床。かろうじて晴れているようです。お彼岸過ぎてから気温の低い日が多く体調を崩し風邪をひいて先週末は一歩も部屋から出す、やっと回復したら昨日は犬も食わないような雨降りの寒い一日で一歩も部屋から出ず、すっかり週末引き籠り生活に陥ってしまっていました。こんなペースで4週後はゴールデンウィークなのですが走力を回復することが出来るのでしょうか。
Map20170402_01今日のコース
今日走らないともう二度と自転車に乗らなくなっちゃうんじゃないかという恐怖に駆られ、布団からガバッと起きだしてアツアツのお茶漬けをかきこんで体温を上昇させて外に出たのでした。テレビでは桜が咲いているニュースを流していたので距離は走れなくても多摩川沿いの桜並木を眺めながら走ったのでした。


7:00出発~多摩川CR~多摩大橋折り返し~多摩川CR~羽田折り返し~多摩川CR~是政橋折り返し~多摩川CRで13:40帰宅。
P50_20170402_081231全然咲いていませんでした
驚いたことに多摩川沿いの桜はほとんど花を開いていませんでした。ヒートアイランドの都心部と冷気が流れ下る多摩川の谷間との差は信じられないほど大きいのでした。咲いたことはニュースにするが咲いていないことはニュースにしない。テレビはウソつきである。
上流部はまだだったので折り返して羽田方面に下ってみましたが、羽田でもチラホラ咲いている程度でした。ちょっと花を付けている枝があるとスマホをかざした人たちが群がって写真を取らざるを得ない状況。多摩川沿いの見頃は来週末になりそうですが天気がどうなりますやら。
P50_20170402_172917格納しました
吹く風は冷たく全然春らしくありません。100kmを越えたあたりでガックリと疲れが出たので早いですが走行を打ち切って帰宅。先週に実現したかった10年来の懸案の自転車の部屋保管をようやく実現させました。これで雨の日も安心なのですが、3階まで担いで上がるのが大変です。


走行時間:5h57m、距離:136.3km、AV.22.9km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

両足痛でも追風に救われる

3月20日(月)
6:40起床。両足が筋肉痛です。天気はほぼ快晴なのですが白い空です。薄雲があるわけではないのですが白い空です。相変わらず北西風が吹いています。このあたりは東京で春一番の強い南風が吹いているときでも北西風が吹くところです。でも今日は自宅に戻るので追い風です。
Map20170320_01今日のコース
北西風なら利根川・江戸川CRで東京湾を目指す平坦コースです。疲労している足にやさしいコースとなることでしょう。





7:30羽生出発~利根川CR~栗橋~利根川左岸CR~境大橋~9:00関宿城休憩(35.5km)
P50_20170320_090524CR上に県境がペイントされた
関宿城の北の利根川CR上に新しいペイントが施されていました。千葉県と茨城県の県境が引かれています。千葉県最北端の碑も是非整備してほしい。




~江戸川左岸CR~宝珠花橋~江戸川右岸CR~12:00葛西臨海公園(100.5km)
P50_20170320_101124菜の花堤防
江戸川の堤防は菜の花が満開でした。黄色い道がずーっと続いて見えます。風は北寄りで楽ちんな追い風。上流に向かう自転車乗りに「御苦労さま」と心の中で声援を送りつつ鼻歌も出る江戸川CR50kmでした。



~荒川河口橋~R357に並行する道~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~昭和島~13:40羽田(130.8km)~多摩川CRで15:00帰宅。
羽田まで来ると風は南東に変化していました。良いタイミングです。多摩川CRも追い風を頂いて昨日の向かい風を帳消しにしてくれました。
走行時間:6h41m、距離:161.9km、AV.24.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)