自転車旅2017

2017年4月24日 (月)

春夏冬二升五合が読めなかったこと

4月22日(土)
4:50起床。どんより気味に曇っています。あっという間にGW前最後の週末となってしまいました。先週は今シーズン初めてのお泊りツーリングで2日間走り込んで来ましたが、今週は稲の籾撒き手伝いで羽生に向かいます。
Map20170422_01今日のコース
先週の走りでどれだけ走力が回復したのかを試します。目標は200km走で足がつらないこと。自転車は25Cタイヤに交換し、フロントバッグ装着でサドルバッグが無いだけのGWツーリング仕様にしてあります。午後から雨の予報もあり天気を気にしながらの出発です。


5:40出発~多摩川CR~羽田~昭和島~海岸通り~晴海通り~R357歩道~8:40葛西臨海公園(66.8km)
ガス橋付近では雨が落ちてきそうな雲行きでしたが何とか持ちこたえました。ここまで順調。

~荒川CR~10:30羽根倉橋(111.0km)~荒川CR~入間川沿い~11:30笛木醤油(133.4km)~入間川CR~荒川CR~12:50吉見運動公園(158.3km)
荒川CRでは北東から東寄りの風で河口からしばらくは向かい風でしたが流路が西寄りに変わると追い風となりかなり進捗が良くなったので越辺川脇にある笛木醤油までせんべいを買いに行く余裕が出来ました。吉見運動公園でカップ麺で栄養補給していると雨がぱらつき始めたので急いで熊谷方面に逃げました。

~13:40熊谷荒川大橋(174.0km)~右岸CR~押切橋~県47~県263~県45~14:50深谷の利根川CR(192.5km)~刀水橋
熊谷大橋まで来ると雨域を抜けて日差しが出ました。ちょっと余裕が出来たので右岸に渡って押切橋まで走ってから利根川を目指しました。刀水橋を渡って群馬県大泉町に入ったあたりで200km越え。

~利根川北岸沿いの道~武蔵大橋~左岸利根川CR~昭和橋~利根川CRで17:10羽生着。

家に着く前に昔通った小学校近くの豆腐屋でおみやげの油揚げと豆腐を購入。その豆腐
屋の店内に掲げられていた看板の
  「春夏冬二升五合」
が読めず、店番のおじいさんに聞いて見ました。

春夏冬=秋が無いので あきない
二升=升(ます)が2つで ますます
五合=1升の半分なので半升(はんじょう)

ということで、あきないますますはんじょう(商いますます繁盛)
と読むんだそうです。

走行時間:9h41m、距離:234.0km、AV.24.1km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

この道路案内標識は間違いでしょう

16日に小菅から奥多摩湖に向かって国道139号線を辿っていると奥多摩周遊道路との交点である三頭橋点前に新しく取り付けられた道路案内標識がありました。
最初はチラッと見て通過したのですが、何か気になったので戻って写真に収めて見ました。
P50_20170416_101139_01六角の139は間違いでしょう
違和感を感じたのは真っ直ぐ進む国道139号線の表示が”おにぎり”ではなく地方主要道である六角で139と表記されていたためでした。これでは都道139号線ということになってしまいます。ちなみに本物の都道139号線は町田市内の鶴川街道になります。


Map201704162標識付近の地図
また、直進した先が「甲府 青梅」というのも何だかなぁ・・。R139は数百メートル直進した先でR411にぶつかって終わります。R411を左折すると甲府方面、右折すると青梅方面なので嘘ではないのですが。せっかく案内するならR411も書き込んで右に青梅、左に甲府とした方が分かりやすいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

雨降りだったので「青い空を、白い雲がかけてった」を読んでいた

6:20目覚めましたが今日も雨降りで二度寝に突入。
8:30起床。ショボ雨が降り続いています。これで3週連続で週末に雨降りです。ここ数日、これまでの肌寒さが嘘のような陽気に転換し、全然咲いていなかった近所の桜がこの週末は見頃となっていますが、花が咲くころは大体こんな天気が多く青空を背景にした満開の桜なんてぇのはなかなか拝めないのがこの時期の天気の性格ですね。
午前中は古本屋で買っておいた「青い空を、白い雲がかけてった」(あすなひろし著)という、僕が中学から高校の頃、少年チャンピオンに不定期に連載されていた漫画を寝っ転がりながら読んでいました。懐かしいなぁ。当時自分が笑っていた部分で今の自分も笑っているのを見ると僕はあの頃から精神的に全然成長していないということに気づいたのでした。
昼前頃にやっと雨が止んで14時頃には路面も乾いてきました。ここで走っておかないともう走ることをやめてしまうのではないかという心配もあり、少しだけでも走っておこうと部屋から自転車を担いで地上に降り立ったのでした。
14:10出発~多摩川CR
多摩川に出ると、ロクな天気でもないのに見頃となった桜を見に大勢の人たちが繰り出していました。長い冬を乗り越えてようやく迎えたこの時期だけのものですからね。一人で見る桜よりも誰かと一緒に見る桜の方が印象に残ります。僕はいつも一人ですがこんなどんより空の下ですがさすがに桜です。それはそれで印象に残ります。
~多摩大橋折り返して多摩川CRで16:50帰宅。
短い時間でしたが自転車で多摩川沿いの花を眺めながら走ったのでずいぶんと気分がほぐれました。でもこんな調子じゃGWツーリングに向けての調整が全くできません。
走行時間:2h37m、距離:63.4km、AV.24.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

自転車を格納する

6:00起床。かろうじて晴れているようです。お彼岸過ぎてから気温の低い日が多く体調を崩し風邪をひいて先週末は一歩も部屋から出す、やっと回復したら昨日は犬も食わないような雨降りの寒い一日で一歩も部屋から出ず、すっかり週末引き籠り生活に陥ってしまっていました。こんなペースで4週後はゴールデンウィークなのですが走力を回復することが出来るのでしょうか。
Map20170402_01今日のコース
今日走らないともう二度と自転車に乗らなくなっちゃうんじゃないかという恐怖に駆られ、布団からガバッと起きだしてアツアツのお茶漬けをかきこんで体温を上昇させて外に出たのでした。テレビでは桜が咲いているニュースを流していたので距離は走れなくても多摩川沿いの桜並木を眺めながら走ったのでした。


7:00出発~多摩川CR~多摩大橋折り返し~多摩川CR~羽田折り返し~多摩川CR~是政橋折り返し~多摩川CRで13:40帰宅。
P50_20170402_081231全然咲いていませんでした
驚いたことに多摩川沿いの桜はほとんど花を開いていませんでした。ヒートアイランドの都心部と冷気が流れ下る多摩川の谷間との差は信じられないほど大きいのでした。咲いたことはニュースにするが咲いていないことはニュースにしない。テレビはウソつきである。
上流部はまだだったので折り返して羽田方面に下ってみましたが、羽田でもチラホラ咲いている程度でした。ちょっと花を付けている枝があるとスマホをかざした人たちが群がって写真を取らざるを得ない状況。多摩川沿いの見頃は来週末になりそうですが天気がどうなりますやら。
P50_20170402_172917格納しました
吹く風は冷たく全然春らしくありません。100kmを越えたあたりでガックリと疲れが出たので早いですが走行を打ち切って帰宅。先週に実現したかった10年来の懸案の自転車の部屋保管をようやく実現させました。これで雨の日も安心なのですが、3階まで担いで上がるのが大変です。


走行時間:5h57m、距離:136.3km、AV.22.9km/h

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

両足痛でも追風に救われる

3月20日(月)
6:40起床。両足が筋肉痛です。天気はほぼ快晴なのですが白い空です。薄雲があるわけではないのですが白い空です。相変わらず北西風が吹いています。このあたりは東京で春一番の強い南風が吹いているときでも北西風が吹くところです。でも今日は自宅に戻るので追い風です。
Map20170320_01今日のコース
北西風なら利根川・江戸川CRで東京湾を目指す平坦コースです。疲労している足にやさしいコースとなることでしょう。





7:30羽生出発~利根川CR~栗橋~利根川左岸CR~境大橋~9:00関宿城休憩(35.5km)
P50_20170320_090524CR上に県境がペイントされた
関宿城の北の利根川CR上に新しいペイントが施されていました。千葉県と茨城県の県境が引かれています。千葉県最北端の碑も是非整備してほしい。




~江戸川左岸CR~宝珠花橋~江戸川右岸CR~12:00葛西臨海公園(100.5km)
P50_20170320_101124菜の花堤防
江戸川の堤防は菜の花が満開でした。黄色い道がずーっと続いて見えます。風は北寄りで楽ちんな追い風。上流に向かう自転車乗りに「御苦労さま」と心の中で声援を送りつつ鼻歌も出る江戸川CR50kmでした。



~荒川河口橋~R357に並行する道~晴海通り~築地~都50~海岸通り~芝浦~旧海岸通り~昭和島~13:40羽田(130.8km)~多摩川CRで15:00帰宅。
羽田まで来ると風は南東に変化していました。良いタイミングです。多摩川CRも追い風を頂いて昨日の向かい風を帳消しにしてくれました。
走行時間:6h41m、距離:161.9km、AV.24.2km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

山伏峠を越えたら両足が攣ったこと

3月19日(日)
6:00起床。もうお彼岸です。すでに日出時刻は過ぎて外は明るく朝日が差しています。もっと早く行動が開始できるのに6時起床とはたるんでいます。
Map20170319_01今日のコース
今日と明日で羽生に行って来るのですが、ここしばらく走行不足なので秩父経由で羽生に向かうことにしました。





7:10出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~小沢峠~名栗~10:50山伏峠(68.9km)
P50_20170319_105015山伏峠の上り
山伏峠への上りで好きな風景です。きついヘアピンを過ぎて最後の民家が見えてくるあたりまで来ればもう峠は間もなくですが、かなり足に来ています。峠を過ぎてR299まで下り芦ヶ久保をすぎて秩父盆地に入る手前の小さな上りで両足太ももの筋肉が同時に攣りました。ぺダリングを止めると伸ばしている足は良いのですが逆側の足が攣ります。仕方ないのでギヤを軽くしてケイデンスを上げて攣る前に伸ばす・・・無理でした。両足ズキズキです。盆地に向けて下り基調であったおかげで秩父に到着。
~R299~11:20秩父(83.5km)~県208~秩父公園橋
P50_20170319_114301秩父盆地
足をだましだまし秩父公園橋で荒川を渡って橋のたもとのベンチで休憩。持参したジャンボどら焼きをかじりながら足をマッサージ。羽生までまだ70kmはあるでしょうか。秩父盆地に入ると風が強く空は晴れているのに白濁して山並みがかすんで見えます。全部スギ花粉でしょうか。


~県72~県44~皆野~県82~R140
P50_20170319_125521_01茅葺民家
足は攣ることは無くなりましたがもはや加速など望むべく無く、踏み込まないようにひたすら軽いギヤで一定ペース走行です。いつもは長瀞のR140対岸の県道82を使うのですが、上り返しがあるのでR140で寄居を目指しました。矢那瀬という集落の前を通過していると左手に茅葺民家を発見。まだ現役のようです。スバラシイ。

~寄居~R140~県175~県62~深谷~市道~利根川CRで15:50羽生着。
寄居で平野部に出ると意外と強い北西風です。深谷あたりを通過しているとパサパサに乾いた畑の表土が砂塵として舞い上がるかどうかのギリギリの強さ。もうちょっと強く吹けば濛々たる黄色い砂塵空になる所でした。
走行時間:7h43m、距離:166.0km、AV.21.5km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

生越梅林手前まで

6:20起床。晴れています。風も無く冷え込みも弱い春の朝です。先週末に引っ越しをしまして、新しい環境に変わってからの最初の週末です。昨日も荷物整理をして一日が終わってしまいました。まだ優先順位の低い荷物は積み上がった段ボール箱の中ですが、当面の生活は平常運転できる態勢となりました。
旧居と新居の距離は直線でたったの1.25kmしか離れていません。貴重品や壊されたくない小さめの物は自転車で何回かピストン輸送しましたが道のりでも1.6kmほどでした。引っ越しトラックは11:30にやって来て荷物を積み込み新居に搬入終わったのは13:30。たったの2時間の引っ越しでした。しかし引っ越しは距離にはあまり関係なく、梱包と開梱にかかる手間は全く一緒なのです。
Map20170305_2今日のコース
そんなわけで、気分も新たに自転車生活の再開です。今日は春の気配に誘われて生越梅林の梅を見てくることにしました。





8:00出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~県195~飯能~県30~11:20越生
毛呂山から越生町に入ると生越駅前付近から渋滞につかまりました。道が狭いので車の脇も通れません。あまりに進まないので梅林はあきらめて川島町の白鳥を見てくることにして進路変更。帰宅後、地図を見て見ると梅林へ分岐する「三滝入口」交差点までたったの350mの地点だったのでした。辛抱足らん。
~県30バイパス~県114~県39~坂戸~高麗川CR~越辺川沿い~12:20川島の白鳥飛来地(94.0km)
P50_20170305_122251はくちょう
去年の晩秋に見に来た時は一羽もおらず飛来が遅れていたようですがやっぱり来ていたんですね。みんな中州に上がり込んで昼寝状態で全く動きなし。もうすぐ北帰行です。




~県212~落合橋~入間川CR~12:50釘無橋上流で休憩
P50_20170305_131222いぬ
このブログでいぬの写真は珍しいなぁ。コンビニでパン2個とおにぎりを買い込んで入間川堤防上のベンチで春の日差しを浴びながらもそもそと食べていると、ふと視線を感じ振り向くとこのいぬが数メートル後ろにちょこんとお座りしてこちらをじっと見ているのでした。「おまえはのらか?」「首輪をしているが飼い主はどうした?」「名前は何と申す?」「腹減ってるのか?」とか話しかけても何も答えず。仕方なくパンとおにぎりを半分ずつに分けて一緒に食べました。
~入間川CR~飯能~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで17:10帰宅。
走行時間:7h55m、距離:182.6km、AV.23.0km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

多摩川右岸

6:30起床。晴れていますがベールのような薄い雲が流れていきます。立春を過ぎ、昨日は春一番の南西風で日中の気温は20℃を越えました。確定申告も始まりましたが、僕は還付請求だったので1月中に確定申告書を提出済みで先日還付金の振込がありました。これで今年のお泊りツーリングの軍資金の準備もOKです。後は花の季節まで練習走行を続けるだけですが、昨夜になって北西風に変わり気温は急降下。冷え込みはありませんが風の冷たい朝です。
Map20170218_01今日のコース
普段よりかなり暖かい朝ですが、昨日の暖かさを知ってしまった体には寒く感じてしまい動きが鈍くなりました。朝日が差してきたもののベールのような薄雲は量を増してレースのような薄雲に変わり日差しを遮りつつあります。北風の音もして外に出るのをためらっているうちに8時を回ってしまいました。


8:20出発~多摩川CR~羽村折り返し
多摩川を上流に進むにつれてレースのような雲はさらに量を増して毛布のような厚みを持ち、日差しは完全に遮られてしまいました。羽村の堰で休憩したときにふとタイヤを見るとだいぶゴムが摩耗して繊維が見え始めている個所を発見。タイヤ交換のため家に戻ることにしました。
P50_20170218_110636拝島橋下流の台地上から
淡々と左岸CRを帰るのも何だし、多摩川の右岸を走って帰ることにしました。多摩川右岸は左岸とは地形が異なり、所々で台地が川に面しているためCRが連続しません。台地の部分は一般道を上り下りすることになり良い運動になります。また、何本も支流が合流してくるために支流の橋まで迂回も発生し距離が延びます。ここは拝島橋の清掃工場わきの台地上からの眺めで、八高線鉄橋と多摩大橋が見えています。最大の上り返しは関戸橋と是政橋間の川崎街道の丘陵越えでした。
~多摩川右岸沿いの道~多摩川CRで12:30帰宅。
帰宅後タイヤ交換。記録では去年の5月から使い始めて10000km持ちました。今回も長持ちでパンクしにくく僕と相性の良いサーファスセカです。
走行時間:4h31m、距離:102.5km、AV.22.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

フクピカでチェーンを拭くとピカピカになる

6:30起床。快晴の朝ですが今朝も昨日と同じくらいに冷え込んでいます。今朝も気温が0℃を上回るまで待機ですが、昨日の払沢の滝走行で融雪剤の撒かれたウェットな路面を走ってこびりついた真っ黒なハネを掃除します。自転車拭き掃除の御用達はフクピカです。サッと一拭きでかなりきれいになります。生地の面積も大きいので折りたたんでフレームもホイールもスポークも1枚で拭き切れます。ついでにチェーンホイールとチェーンも拭いて見たところ、頑固なオイル汚れがきれいに落ちて銀色に戻りました。さすがにチェーンの内側までは無理ですがペダルを逆回転させてぐりぐりチェーンをしごくと新品の輝き。すかさず円陣家至高謹製オイルをコマに注入して潤滑。
Map20170212今日のコース
昨日の朝秋田沖にあった低気圧は昨夜のうちに東北の東に抜け今日は縦じまの冬型で風は北寄りに変化し強まる予想です。朝の早いうちは風は弱いのですが気温が上昇すると北西風が強まるパターンです。早く出発すれば風の弱いうちに遠くまで行けるのですが氷点下での走行の方が辛いので兼ね合いが難しいのです。とりあえず羽村に向かいます。

8:20出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅
多摩川CRに出て見ると意外と風は弱く羽村まで何の問題も無し。これなら川島の白鳥でも見てこれるかといつものコースで飯能を目指していましたが、東青梅駅付近で北西風が強まりました。
P50_20170212_115841聞修院
川島行きはあっさりとあきらめ風の弱そうな青梅市の谷沿いの道を走ることにしました。





~都28~都53~吹上峠~都193~松ノ木TN~都53~県193~都28~青梅坂TN~R411~日向和田~梅郷~都45~R411~多摩川橋~多摩川CRで14:30帰宅。
走行時間:5h29m、距離:130.4km、AV.23.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

払沢の滝は凍結不十分

6:20起床。快晴の朝。風はそんなに吹いていませんが思いっきり冷え込んでいます。今日は土曜日に祝日がかぶって無駄死にしている悔しい日その1です。今年はこの悔しい祝日が無駄死にする土曜日があと3回もあります。
Map20170211_01今日のコース
悔しいことは悔しいのですが、祝日が雨なら走れないわけですからそっちの方が悔しいでしょうか。今日は天気も良く、秋田沖にある低気圧の影響で冬型ではありますが西成分の多い風なので関東南部では山かげとなって強く吹きません。寒いですが自転車日和ということにして気温が0℃を上回るのを待って出発です。

8:10出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~青梅~R411~日向和田~梅郷~都45~都238~梅ヶ谷峠~都251~秋川街道~五日市~都33~本宿~11:30払沢の滝(69.7km)
P50_20170211_113137秋川の谷沿いに入ると別世界
五日市の街を過ぎて秋川に沿って都33を上流に向かうとやがて山影の杉林に覆われたコースとなります。すると途端に気温が急低下して路肩には先日の雪が残り解けた水が凍結しておっかなびっくりの走行です。払沢の滝駐車場では完全に積雪状態でした。


P50_20170211_114312払沢の滝
沢に沿った道を歩いて滝まで散策です。昨日も雪が降ったようで冬枯れた木々の枝は樹氷のように真っ白。谷に差し込む日差しに落下する雪片がキラキラと輝いてとてもきれい。やがて正面に落下する滝が見えてきました。落下するということは完全凍結していないわけで、周辺に雪があるので白く見えていますが滝自体はそんなに凍りついているのではないのでした。2月が終わると気象統計で今シーズンの冬は暖冬だったということになるのでしょう。

~本宿~都33~五日市~都165~都29~羽村~多摩川CRで15:00帰宅。
走行時間:5h44m、距離:137.0km、AV.23.9km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)