« これが寒波というものかしら | トップページ | 雪の塩船観音 »

2018年1月30日 (火)

クランクアームのフィキシングボルトが脱落していた

先週日曜日の走行を終え、凍えた体で自転車を部屋に運搬して清掃しているときに気付きました。
20180130左クランクアームのフィキシングボルト(図中赤枠の部品)が抜け落ちてホローテックⅡのBBの中が丸見え状態いになっていたのでした。
毎回走行後は拭き掃除しつつ各所をチェックしているので脱落が発生したのは日曜日の走行中ということになります。
このボルトが外れても、クランクアームは別のボルトでしっかりと締め付けられているので簡単ににけ落ちることは無いのですが気分悪いものです。

P50_20180130_214340_01さっそく週明け会社帰りに自転車屋に立ち寄ってボルトを買ってきました。293円でした。売っている袋に型番が書いてなかったので店員さんに問い合わせると、このボルトはSORA以外のものと共通とのことでした。
帰宅後、さっそく取付です。閉め込みは図のTL-FC16という専用工具で手で締めつけます。二度と抜けおちないように思いっきり締め付けたいのですがマニュアルでは0.7~1.5N・mが適正トルクなので手でそこそこの力を加えて閉める感じ。
緩みはこまめにチェックしましょう。

|

« これが寒波というものかしら | トップページ | 雪の塩船観音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185529/66340088

この記事へのトラックバック一覧です: クランクアームのフィキシングボルトが脱落していた:

« これが寒波というものかしら | トップページ | 雪の塩船観音 »