« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月31日 (木)

奈良県の最南端に立つ

4月30日(月)その2
丸山の棚田鑑賞を終えて紀伊半島の海岸線沿いに戻るのですが、来た道を戻るのはつまらないので引き続きR311で新宮川沿いに海岸線を目指します。
Map201804302_01三重・奈良・和歌山県境付近
R311を走って行くと三重県、奈良県、和歌山県境を通過していきます。奈良県がこんな南まで張り出していたのは意外でした。




丸山棚田~県780~県765~R311~8:00北山川の瀞大橋を渡って和歌山県入り
P50_20180430_080106_01和歌山県に入る
山北川の橋を渡り切ったら和歌山県に入りました。自転車では初の走行となります。この付近は三重県と奈良県の県境に和歌山県の飛び地が入り込んで県境が複雑になっている地域です。和歌山県に入りましたがまだ一時的なものです。



~R311~8:15奈良県入り
P50_20180430_081310_01奈良県の最南端に立つ
北山川からはなれて小さな尾根越えの峠で予想外の奈良県十津川村に入りました。日本一大きな村です。ちなみに地図をみるとここは奈良県の南端が突き出している場所で車道で行ける奈良県の最南端になります。しばし初の奈良県走行を味わいます。


~R311~R169~葛山トンネル
トンネルの中で再び和歌山県に入ります。奈良県内の走行はわずか7分間であっけなく終了したのでした。
~R169~宮井橋~R168~9:40熊野速玉神社(65.0km)
P50_20180430_083144_01三重県の最西端をながめる
北山側は流路を南に変えて新宮川と合流し熊野灘にそそぐまで三重県との県境を成しています。正面に突き出しているあたりが三重県の最西端。対岸に渡る橋はもっと下流まで行かないと渡れないため眺めるだけとなりました。このあたりから河口まで30km近くあるのですが、その間に三重県に渡れる橋は2本しかありません。

P50_20180430_093352_01三重県の最南端をながめる
R168は新宮川に沿ってほぼ平坦で快走できるのですが所々トンネルや橋が自転車通行禁止となっていて迂回させられてしまいつい愚痴が出てしまいます。新宮市街地に入る手前のトンネルも通行禁止のため旧道の越路隧道に迂回です。そのトンネルの手前から見える対岸が三重県の最南端の地なのです。対岸には県道が1本並行して走っているのですが途中で崩壊していて通行止めのため止むなく対岸から鑑賞したのでした。
P50_20180430_094939_01熊野速玉神社をみる
新宮市街地に出てようやく海岸線沿いのR42に合流。ちょっと休憩がてら熊野速玉神社に立ち寄りました。見るだけです。立ち寄って門の手前で一礼して写真を取りトイレでボトルに水を満たしてすぐに出発。次の目的地は潮岬です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

丸山の棚田をみる

4月30日(月)
5:00起床。晴れています。昨日の走行の疲れでぐっすり眠れてすっきり目覚めました。ツーリング3日目というのがこれまでの疲労が一番出る時期ですが紀伊半島周回はまだ半分も達成していません。買い込んでおいたパンと牛乳を食べて先に進みます。
Map20180430_01今日のコース
今回の大きな目的は紀伊半島周回ですが、どうしても立ち寄りたかった場所が2か所ありました。一つが丸山の棚田。もうひとつが本州最南端潮岬です。今日はこの2か所を訪問することになります。熊野神社とか那智の滝とか熊野古道とかは今回ありません。


5:40熊野出発~R42
P50_20180430_055903_01海岸線沿い平坦路
熊野から和歌山県一宮までは七里御浜と呼ばれる長い砂浜の海岸線が続き、その海岸線に沿ってR42が走ります。鳥羽から和歌山市までの区間で約20km続く一番長い平坦路です。ここを真っ直ぐ進めば潮岬まで約75kmで到着できますが、丸山の棚田を鑑賞するためにちょっと内陸に寄り道です。


~県739~R311~風伝峠
P50_20180430_063909_01風伝峠への上り
しばらくR42の平坦路を楽しんだ後、県739に右折して内陸に侵入。R311に合流すると風伝峠に向けて緩い上りとなりました。山から吹き下ろしてくる風が思いのほか強く、大した標高ではないのですが苦戦。R311は峠をトンネルで通過します。



~県40~6:50丸山千枚田県道展望所(22.0km)~棚田内の道
P50_20180430_070839_01眼前に広がる丸山の棚田
風伝峠のトンネルを過ぎてすぐに右に分岐する県40に入り緩い上り坂をうねうねとコーナーをクリアしていくと前方から次第にケロケロ音が大きくなってきました。そして県道の木立が途切れた場所から丸山の棚田のほぼ全景がドーンと目に飛び込んできたのでした。スッパラシイ!!。鴨川の大山千枚田よりも田の枚数も段数も標高差も圧倒しています。千枚田といいますが1000枚を超えるそうです。ケロケロ音はここで暮らすカエルの鳴き声なのです。
P50_20180430_072732_01棚田上部からの風景
県40はこのあと棚田最上部の集落に回り込んでいきます。集落からは棚田の中を下る道路が分岐しているので棚田内に降りていきます。上から見下ろしても水を張った細長い棚田が幾重にも重なって見えて圧巻です。集落の裏の谷から引いた川の水を上位の田から下位の田へまんべんなく水が落ちて満たしていくシステムです。よくぞ切り開いたものです。

P50_20180430_073702_01転がり落ちようとする巨岩
棚田のど真ん中に巨岩が鎮座していました。この角度からだといまにも道路側に転げ落ちそうです。2枚上の写真の真ん中ちょっと左にも写っています。棚田を切り開いたときこの巨岩は取り除くことが出来なかったんでしょうね。



P50_20180430_073756_01土地が傾斜しているので広い田にしようとすると段差が大きくなり、田を支える下側に大きな石垣を組まなくてはなりません。そのため幅を狭くして段差を小さくして支え側に労力をかけない工夫をしたのでしょう。故に小さな田が並ぶ景観となっています。1地時間ほどをかけてのんびり下りながら棚田を鑑賞したのでした。見に来る価値のある場所でした。


棚田の最下部まで下って丸山棚田鑑賞は終わりを告げました。まだ時刻は8時前。お昼くらいに潮岬到着を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

熊野市に向かう

4月29日(日)2日目その2
お昼に尾鷲に到着し、駅前の食堂で親子丼大盛りをガッツリ食べて出発しようと店のオヤジに勘定を払うと、これからどこに行くのか地元の言葉で話しかけてきました。これから熊野市に向かうのだと言うと、オヤジは道を教えてくれているようなのですが言葉の半分も分かりませんでした。とりあえずありがとうとお礼を述べて食堂をあとにします。まずは尾鷲から九鬼までひと山越します。R311を使うとトンネルで楽が出来ますが当初の計画では自分に厳しく県778で海側の峠越えルートを計画していました。
12:40尾鷲出発~県778~13:50R311交点(128.5km)~R311
P50_20180429_132619_01尾鷲から高度を上げていく県道778
市街地からしばらくは海岸線沿いを鉄道と並行して走っていましたが大曾根浦駅を過ぎてしばらく行くと上りが始まりました。海のすぐそばなのに際限なく続く上り。県道とはいえ林道並みで車の通りはなく果てしないクネクネ。



P50_20180429_132952_01県道778
標高が300m近くなると坂も緩くなり少しペースが上がりました。上りが始まってからR311交点までは全くの無人地帯で人工物はアスファルトとガードレールと標識だけです。こんな所でコケてメカトラブルなんかあったら大変です。道路脇の崖は大きなシダがびっしり群生しています。尾鷲からR311交点までの県道778は約17km。通過に70分かかりました。

Map201804291_01プロフィール
GPSロガーから標高を抽出したものです。今日の志摩から熊野のルートで繰り返されたアップダウンを示しています。県道778が一番高かったわけですが、一つ岬の尾根を越えて下り始めた先に次の岬の上りが見えてしまった時の方が精神的にはきついのです。

P50_20180429_144847_01木造校舎をみる
ただひたすらにペダルを回して現れてくる上り坂をクリアし、一瞬の下りをノーブレーキで精神を開放し次の上りと戦う。たまにトンネルで一回休みのご褒美が来るがいつまで続くのか。道の厳しさなど知らぬ気に海の風景はひたすらにキレイ。そして入江となった集落の中にはすでに廃校となってしまった立派な2階建て木造校舎。

14:30三木里(141.3km)~15:10熊野市に入る(152.4km)~15:50新鹿(165.2km)~大泊~R42~鬼ヶ城歩道トンネル
P50_20180429_163135_01自転車通行禁止
大泊りでR311はR42に合流して熊野市街に向かいます。その最後の鬼ヶ城隧道は自転車通行禁止なのでした。トンネル手前にこの案内がありますが、気付かずにトンネル直前で通行禁止標識にぶち当たることになります。



P50_20180429_163501_01鬼ヶ城歩道トンネル
案内板に従って歩道に上がり歩道橋を渡って鬼ヶ城歩道トンネルを通過します。このトンネルは熊野市街からの一方通行の車が通ります。車は国道だけ通せばいいのに歩道トンネルとは名ばかり。でもこのトンネルが無かったら自転車での紀伊半島海岸線沿いツーリングは断たれるわけです。


~16:40熊野市駅(175.5km)~獅子岩を見る
P50_20180429_164922_01獅子岩
熊野市駅前を通過して宿に向かいます。海岸線沿いのR42に合流した先に獅子岩という奇岩があります。久しぶりに見る広い砂浜も新鮮です。今回の旅用に購入したツーリングマップル2018関西版の表紙にもなっていました。
そして今日の宿はこの獅子岩から目と鼻の先なのでした。


~16:50熊野市青年の家YH着
GW前半の3連休の中日だというのに4人部屋を個室使用でした。何といっても宿泊代が2280円は自転車旅でも安すぎます。2日目なので洗濯をしましたが洗濯機もタダで利用できます。スバラシイ。
走行時間:9h13m、距離:176.5km、AV.19.1km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

尾鷲市に向かう

4月29日(日)2日目
4:50起床。晴れていますが何となく靄がかかっています。海沿いである割には気温が下がっていてヒンヤリ感じます。同室者を起こさぬようこっそりと部屋を抜け出して出発準備。
Map20180429_01今日のコース
志摩半島の南側リアス式海岸沿いを熊野市まで走ります。起伏に富む海岸線コースです。上っては下りの繰り返しを覚悟。まずは午前中で尾鷲までの行程を消化できれば熊野までは余裕でしょう。



5:20出発~県61~磯部~県16~R260~南伊勢町~小方竃から林道寺倉線~行き止まりでR260まで戻る
P50_20180429_060058_01霧に包まれる
出発してしばらく走り近鉄線志摩磯部駅近くのコンビニで朝食。そこから県16で西に向かうとたちまち濃い霧につつまれました。両側に田んぼが広がっていてカエルの声だけ響いてきて50m先も見えないくらいの濃霧で、走行しているうちにウィンドブレーカーもしっとり。南伊勢町の海岸線に出る頃には霧の領域から脱して入り組んだ海岸線のアップダウンとの戦いが始まりました。

P50_20180429_084527_01林道寺倉線は行き止まりだった
ずっとR260で何度かの峠とトンネルをクリアしてきて少し飽きて来たので小方竃という所から入江沿いに寄り道してみました。林道寺倉線に入って100mくらいの峠をこえて海岸に下り切ったところで林道は舗装が終わり荒れたダートになっていました。どうもこの先進んでもR260に戻らないようなので泣く泣く来た道を引き返しました。林道入口から往復で11kmと高度差200mのロス。この先続くアップダウンを考えると国道県道以外には踏み込まないことを心に誓ったのでした。
~R260~栃木竃~旧道~R260~10:20紀伊長島駅(84.3km)~R42~11:50尾鷲駅(111.3km)昼食
P50_20180429_092409_01ニラハマ展望所
高いところまで上らされると入り組んだ湾の景色が広がります。キツイけどきれいな風景。そして再び海岸線まで一気の急降下。湾に浮かぶ四角い枠は養殖生簀。四角い台は釣り客用の筏のようです。漁船が釣り人を連れて来て下ろして引き返して行きました。


P50_20180429_094207_01ときにはトンネル
旧道は峠越えですが国道はある程度まで上るとトンネルで通過となります。自転車で国道トンネル通過はストレスなのですが、今日に限ってはラッキーと感じてしまいます。交通量も少なく苦になりませんでした。



P50_20180429_111831_01紀北町立上里小学校
2階建て木造校舎に見えたのでちょっと戻って撮影。白くて広いグラウンドときれいな2階建て校舎。





P50_20180429_115007_01尾鷲駅到着
お昼前になんとか尾鷲駅まで到着。途中行き止まりでロスしたものの挽回してほぼ予定通り。後半戦に備えて今日は昼をガッツリ食べるため駅前の食堂に入ってしばし休憩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月14日 (月)

名古屋から志摩まで

何かと忙しく、なかなか筆がすすみませんが、こんなペースでアップしていきます。
4月28日(土)その2
朝早くに名古屋駅に着いたおかげでギャラリーの少ないうちに自転車をさっと組み上げ7:40に名古屋駅前を出発しました。
Map20180428_01今日のコース
名古屋駅から志摩まで伊勢湾に沿って南下します。伊勢まではひたすら平坦ですが交通量の多い区間です。鳥羽から志摩半島のアップダウン区間に入ります。伊勢までいかにストレスなく走り終盤のアップダウンに体力を温存するかがカギです。



名古屋駅から西へ~庄内川沿い~県29~県462~R1~9:00木曽川尾張大橋を渡って三重県に入る(23.6km)
P50_20180428_090551_01三重県桑名市に入る
空気がカラッとした上天気です。日差しは暑いですが風が気持ち良いのです。やや強めの西風なので名古屋市内からはしばらく向かい風との戦いでした。このあたりまで来れば国道1号線も名古屋市内のゴミゴミ感は無くなり片側一車線の湘南あたりを走る感じでマイペースで走れました。


~四日市~県103~R23~10:40鈴鹿(57.4km)~11:30津~12:00出雲川の出雲大橋を渡り松阪市(83.2km)
P50_20180428_123727_01志摩半島の山並みが見えてきた
出雲大橋上から進行方向を眺めています。行く手に志摩半島の山並みが見えてきました。もうしばらくは平坦路です。四日市あたりから進路が南をむいて良い感じの追い風となりました。鈴鹿付近では鈴鹿山脈越えの西風でちょっと煽られましたが津からは追い風で快調です。信号で止まったときじりじりとした日差しの熱さを感じるくらい。

~R42~県37~13:00伊勢市(105.5km)~県102~13:50サンアリーナ(119.1km)
P50_20180428_135900_01「であい」鑑賞
追い風でかなり進捗が良かったので伊勢市にあるサンアリーナを再訪して岡本太郎先生謹製「であい」に会いに行きました。前回ここに立ったのが2015年8月ですから3年ぶりです。相変わらず金と銀でピカピカしていました。スバラシイ!。
今回のツーリングの装備はフロントバッグとウエストバッグのみ。当初は9日間連続で走る計画だったのでサドルバッグも用意していましたが途中雨予報となったので4泊に短縮したためサドルバッグは外しました。持ち物は下着+靴下2組、夜用のTシャツ、短パン、ウインドブレーカ、工具一式(タイヤレバー、ヘキサレンチ、ニップル回し、チェーンカッター)、チューブ、畳んだ輪行袋、タオル、歯ブラシ、髭剃り、カメラ、携帯電話などなど。
~二見~R42~14:50鳥羽(133.1km)~県750~県128(パールロード)
P50_20180428_154510_01鎧崎が見える
鳥羽港を過ぎていよいよ志摩半島に入り込みます。そもそも紀伊半島を走っているのですが紀伊半島の中に志摩半島があるのです。県128号線はパールロードと呼ばれていますが、僕の経験では大概カタカナの道路は自転車には厳しいのです。その名にふさわしくこれまでの快走から鈍走に変わりました。ただし、高い所で150mほどで50m~80mほどのアップダウンを6回こなせばあとは下りでした。見晴らしの良い場所からの風景はスバラシイ。志摩半島の最東端、鎧崎の白い灯台が見えていますが縮小した写真では分かりませんね。
~16:10スペイン村近く(160.4km)~県61~16:30伊勢志摩YH着。
P50_20180428_164856_01今夜の宿
的矢湾からさらに深く入り込んだ伊雑ノ浦という入江の奥の方の海沿いにあります。周辺に食べる所や商店は無くいようで夕飯を付けておいて正解でした。ここはJYHの直営ユースホステルなのだそうでこれまで個人経営のYHに比べ大きく立派でした。なんたって部屋にテレビがあったのには驚きでした。スポーツの大会や合宿、研修などで団体の利用が多いとのこと。今日は団体客は無いので静かな夜なのでした。

今日は走行距離も普段よりは短めで追風を受けて疲労も少なく抑えることに成功。明日は熊野市までのリアス式海岸線のコースで今ツーリングの山場と見ていましたのでちょっと余裕が出来ました。朝が早かったので21時には就寝。
走行時間:7h11m、距離:163.2km、AV.22.7km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

名古屋に一番早く着く新幹線

初日は名古屋まで輪行して宿を予約してある志摩まで走ります。少しでも走行時間を確保したいので名古屋に一番早く着く新幹線を調査。
昨年は自宅から東京駅まで自走後に輪行しました。その時の記録では
 04:40自宅出発→06:00東京駅八重洲口着→06:50東京駅発→08:34名古屋駅着→09:00走行開始
でしたが、新幹線にのる前に汗をかきたくないので自宅最寄り駅から輪行することにします。
今春のおばきゅう線ダイヤ改正で新宿方面始発が早くなっていたのです。
 05:06登戸→東京06:20→名古屋08:01
南武線登戸始発を使うと選択肢が広がります。
 04:56登戸 → 品川06:00 →名古屋 07:28
 04:56登戸 → 新横浜06:00 →名古屋 07:24
ということで一番早く名古屋に着ける新横浜から(料金も一番安い)の新幹線を利用することにしました。去年より名古屋着が1時間以上も早くなります。最大の問題は早起きに成功し登戸駅まで自走して輪行準備して04:56の始発に間に合うかどうかでした。

出発前日は10時過ぎには床に着き03:50起床の目覚し時計と自己暗示をかけておいたところ、目覚し時計に起こされました。
4月28日(土)1日目
03:50、起床
04:20、自宅出発
04:25、登戸駅到着。輪行準備
04:40、登戸駅ホームに立つ。余裕で間に合いました。第一関門は突破です。
05:46、新横浜駅新幹線改札通過
05:50、2号車自由席最後尾のシートと自転車格納場所を確保。第二関門突破で、もう名古屋に着いたも同然。
06:00、新横浜発車。列車はひかり号で途中小田原と静岡に停車。静岡では自由席満員となり座れない乗客が通路に立ちました。
07:24、名古屋駅着。太閤通り口から駅前に出て自転車組み立て。ここで同じ列車で来た輪行組は3人でした。一人はパニアバッグを装備して紀伊半島に向かうという若者。もう一人は明日ビワイチを走るため彦根に向かうバリバリのロード乗り。
07:40、二人と別れて名古屋駅前から紀伊半島ツーリングに出発。
起床してから4時間後です。今日は長い一日になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 8日 (火)

紀伊半島周遊の旅

昨年のゴールデンウィークは名古屋まで輪行して能登半島を目指したものの宿の空きがなく、半島入口の氷見で撤退したのでした。それから一年。前年にプランした能登半島周回コースリベンジは放っておいて、反対側に突き出している日本最大の半島である紀伊半島周回を目論んだのでした。
計画の初期段階では9連休をフルに使う案で、名古屋まで輪行した後時計回りに紀伊半島の海岸線沿いを走り、和歌山市から紀ノ川を遡って奈良から三重の鳥羽に達し、フェリーで渥美半島伊良子岬に渡って自走で自宅まで戻るという長大な物でした。
その後週間予報を考慮すると5月2日から3日にかけて雨が予想されるに及んでビビり、計画を縮小し奈良へは向かわず大阪まで走って2日の雨が降る前に新幹線で帰って来るというプランに変更したのでした。
Map20180509実際走ったコース
紀伊半島にこのようなタイヤの跡を残しました。
4/28 名古屋駅→志摩市
4/29 志摩市→熊野市
4/30 熊野市→白浜町
5/01 白浜町→高石市
5/02 高石市→新大阪駅
半島とは三方向を海(水辺)に囲まれた陸地を言うので地図をみる限りは大阪名古屋を結ぶ線より南の部分を半島といっても誤りではないのでしょうが、実際走ってみると三重県鳥羽と和歌山市のライン(いちばん東西の幅があるライン)より南が半島らしい海岸線、つまり自転車に厳しい果てしなく繰り返されるアップダウン+トンネル+美しい風景の連続となるエリアでした。
今回はしいたけも昨年の教訓を生かして2日目までの宿は電話予約をしておいたのです。予約をしてしまうとどんなにヘタっても辿りつかねばならない制約を受けることになりますが、今年は2月3月の走り込みが例年になく好調なので航続力にはある程度の確信がありました。しかし3日目以降となると蓄積される疲労で未知の領域となるため宿は現地調達です。自分の体力と走力を把握しつつ雨が降るであろう5月2日午前中までに新大阪駅で自転車を畳んでいなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

サングラスの弦が折れたこと

大型連休前の週末、毎年恒例の稲の種まき作業に4月21、22日に一泊二日で羽生に自転車で労働に向かいました。
往路荒川CRの吉見運動公園で休憩時にサングラスを外そうとしたところヘルメットのベルトにちょっと引っかかった感じがあったあと、ポキッと弦が折れました。
P50_20180503_154951_01折れたOGKサングラスの弦
幸いこの日は風は弱く虫もいない時期なのでサングラス無しでも問題は起こりませんでした。記録によれば2008年7月から使用してきたもので、ノーズパッドの交換や補修レンズの交換をしながら使い続けてきたものでした。10年も使えば紫外線による劣化で弾力性を失い折れやすくもなります。いろいろな所へ一緒に行き、走りながらこのサングラスのレンズ越しにたくさんの景色を眺めてきました。長い間お疲れ様。ということで、まだ補修レンズやノーズパッドは在庫があるため貧乏性な僕はプラスチックテープで補強して羽生での農作業時専用のサングラスとして第2の人生を与えることにしました。
大型連休がすぐそこに迫っていただけに、次世代サングラスはロクに検討もせず会社帰りにまたもやOGKのサングラスを購入したのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ