« 2018年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

有田でみかんの香りに包まれる

5月1日(火)
4:40起床。快晴です。宿は素泊まりだし、今日も長距離になるのでさっさと出発します。
Map20180501_01今日のコース
明日の雨に備えて紀伊半島の西海岸をひたすら北上します。今夜の宿は昨晩手配済みなので余裕なのですが、夕食が18時から1時間という制約があるためそれに間に合うよう走ります。



5:20白浜出発~県34~県31~田辺~R42~6:20みなべ(22.1km)~R42~7:40御坊(47.1km)~由良~R24~8:40水越峠(63.9km)~県23~湯浅~県20~9:40有田(82.2km)
和歌山市までの御坊から由良間と由良から湯浅間に2つの峠越えがありました。水越峠が190mくらいで今日の最高地点となりました。
P50_20180501_102726_01みかんの木
湯浅に下った後R42を離れて海沿いの道を走っていると次第にみかんの花の匂いが漂うようになってきました。有田市に入ると一層濃い香につつまれました。周囲は小高い山になっており、その山肌の高いところまでみかんの木が植えられていて開花の真っ盛りなのでした。みかん星人の僕としては幸福感につつまれた時間でしたが、匂いだけというのは残念。みかん収穫の季節だったらここで一泊してしまったことでしょう。
~R42~県175~11:30和歌山駅(110.5km)
P50_20180501_115638_01紀の川を渡る
久し振りの大都市和歌山このあたりを西日本を東西に分断している大断層中央構造線が走っています。この橋を渡ると久し振りの大都市和歌山の市街地ともおわかれです。




~県752~県7~13:00田倉崎(126.9km)
P50_20180501_131355_01田倉崎
かなり進捗が良いので田倉崎に寄り道。沖に見えるのは地ノ島(右)と沖ノ島。ここは淡路島に一番近い場所なのですが淡路島は2つの島陰の向こうにあるので見ることはできず。このあたりまでが紀伊半島としての海岸線が楽しめたエリアになります。


~県65~大川峠~県65~府65
P50_20180501_134005_01大川峠120m弱
ここが紀伊半島最後の峠でした。県道はトンネルで通過しますが最後なので車は封鎖されている旧道で越えました。峠で止まってしばし静けさを楽しみます。ここから先は大阪湾に沿うことになりのんびりムードを楽しむことはできないでしょう。



P50_20180501_135404_01大阪府に入る
海沿いの県65を走っていると突然前方に大阪府の標識が現れました。県境を境に大阪府側の路面にはセンターラインが引かれています。ここからは府65となります。左は養魚場で自転車がもたれかかっているポールの上には魚のオブジェが。



~府752~府250~15:10りんくう(160.8km)~府204~16:40大阪国際YH着。
大阪に入ると海沿いなのに海は見えず市街地が続き交通量が増えます。房総半島の西海岸で富津を過ぎると工業地帯に変わるようなイメージです。幹線はつまらないので紀州街道の旧道を辿りました。
P50_20180502_053600_01大阪国際YH
予約しておいたYHは高石市の羽衣公園内にありました。直営のYHでした。部屋数も多くドミトリー形式ではありましたが平日で空いていたので僕一人で一部屋占有。ほかには米国から来た夫婦の団体がいました。18時の夕食は何とバイキング方式。今日の米国団体客のおかげでなのでした。宿泊客数に応じて夕食の形式が変わるようです。ビンボー旅人に取ってバイキングとは有り難や。一泊夕食腹一杯食べて¥4500とはありがたや。米国団体は先に引き上げていきましたがバイキングの料理はかなり残っています。僕一人ではとても食べ切れません。賄いのおばちゃんに聞いたところ19時になったら食堂は閉めて残った料理はもったいないけど廃棄なのだそうです。だけどバイキングで料理が足らなかったらそっちの方が問題になるからということで多目に用意するそうです。ホントにもったいない。
これで今回の旅もほぼ終わりです。あすは雨の降りだす前の早朝に新大阪駅まで走って新幹線で帰ることになります。
走行時間:9h09m、距離:184.5km、AV.20.1km/h

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

本州最南端に立つ

4月30日(月)その3
そんなわけで、三重県熊野市の丸山の棚田鑑賞を終えて新宮川沿いに下り和歌山県新宮市で再び紀伊半島海岸線に復帰。潮岬を目指します。
熊野速玉社~R42~10:40湯川駅前休憩~串本~県41~12:10潮岬(117.2km)昼食
新宮市から串本までのR42は、これまでのような辟易とするアップダウンの繰り返しはほとんどなく一定のペースで走行できました。潮岬は串本の市街地から南に半島のように出っ張っており、起伏の多い地形でちょっと上らされました。
P50_20180430_123952_01本州最南端に立つ
2016年8月に本州最北端の大間岬に立っているので本州の南北を押さえました。最南端付近は断崖になっており残念ながら海に降りることはできません。どれくらい南かというと関東地方で言うと伊豆諸島の三宅島と八丈島の中間地点よりもちょっと南に当たります。これで今回の旅の目的は果たし、ここからは帰路になります。

P50_20180430_125025_01潮岬灯台
潮岬が本州最南端なら潮岬灯台は本州最南端の灯台ということになります。この付近には本州最南端の○○がいっぱいあるところです。本州最南端の駅、最南端の郵便局、最南端のコンビニ、最南端のラーメン屋、最南端の公衆電話、最南端のトイレ、最南端の自転車屋・・・。何でもありです。


12:40潮岬出発~県41~串本~R42~14:10すさみ(145.4km)休憩
P50_20180430_141635_01絵文字鑑賞
串本の街に戻り引き続きR42の旅です。進路はゆっくりと北寄りの成分を持ち始めます。交通量は少なく走りやすいのですが午後の疲れが出始めるとちょっとしたアップダウンも精神的に辛くなりは決めます。標高差は大したことは無いのですが何度も何度も繰り返すアップダウンは修行です。
FISHINGモリシタの文字で魚を描いています。スバラシイ。近くにある釣具屋さんらしい。気になるのはその脇にぶら下がる車のアルミホイールとそれを叩くための金槌。
P50_20180430_153025_01CRに入り込む
アップダウンの国道走りに嫌気がさした頃、海岸線沿いに走るCRを発見。こいつでちょっとのんびり走るかとそちらに乗り換えました。しばらく海岸線を走っていると急に上り坂が現れ、逃げる分岐も無いままあれよあれよとぐんぐん標高を上げる原生林の中のくねくね道に変身してしまいました。紀伊半島は一歩奥は山ばかり。道なりに進むしかなく、突然R42に出た時はホッとしました。このCRによりちょっと長いR42のトンネルを1個パスしたことになります。
~R42~県34~県214~16:20白浜駅~県31で16:50白浜の宿着。
P50_20180430_192239_01白浜の夜
白浜は太古から温泉の湧くリゾート地。近くにはパンダが生活しているアドベンチャーワールドもありますがビンボー自転車旅のおっさんが繁忙期に来るところではありません。白浜駅前の旅館では「ひとり者は泊めないよ」と軽くあしらわれ、駅の観光案内所でなんとか温泉宿を紹介してもらって夜露をしのぐことができました。僕にとっては3泊分の宿代です。火山の無い南紀にあってなぜに温泉が沸くのか。その熱源は火山のマグマではなく南から押し寄せてくるフィリピン海プレートが南海トラフで紀伊半島の下にもぐり込んだときにプレートに含まれた水がマントルで熱せられ割れ目を通って湧出してくると考えられているそうです。そんな壮大な地球のからくりを考えながら、「まんとるか・・」と一人貸し切り状態の大きな湯船のツルツルのお湯に沈んで疲れを癒したのでした。
さて、天気予報では明後日5月2日は雨の予報。明日はできるだけ新大阪駅に近い場所まで進んでおきたいところです。
走行時間:8h59m、距離:193.0km、AV.21.5km/h

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2020年7月 »