« 本州最南端に立つ | トップページ | 近況 »

2018年12月28日 (金)

有田でみかんの香りに包まれる

5月1日(火)
4:40起床。快晴です。宿は素泊まりだし、今日も長距離になるのでさっさと出発します。
Map20180501_01今日のコース
明日の雨に備えて紀伊半島の西海岸をひたすら北上します。今夜の宿は昨晩手配済みなので余裕なのですが、夕食が18時から1時間という制約があるためそれに間に合うよう走ります。



5:20白浜出発~県34~県31~田辺~R42~6:20みなべ(22.1km)~R42~7:40御坊(47.1km)~由良~R24~8:40水越峠(63.9km)~県23~湯浅~県20~9:40有田(82.2km)
和歌山市までの御坊から由良間と由良から湯浅間に2つの峠越えがありました。水越峠が190mくらいで今日の最高地点となりました。
P50_20180501_102726_01みかんの木
湯浅に下った後R42を離れて海沿いの道を走っていると次第にみかんの花の匂いが漂うようになってきました。有田市に入ると一層濃い香につつまれました。周囲は小高い山になっており、その山肌の高いところまでみかんの木が植えられていて開花の真っ盛りなのでした。みかん星人の僕としては幸福感につつまれた時間でしたが、匂いだけというのは残念。みかん収穫の季節だったらここで一泊してしまったことでしょう。
~R42~県175~11:30和歌山駅(110.5km)
P50_20180501_115638_01紀の川を渡る
久し振りの大都市和歌山このあたりを西日本を東西に分断している大断層中央構造線が走っています。この橋を渡ると久し振りの大都市和歌山の市街地ともおわかれです。




~県752~県7~13:00田倉崎(126.9km)
P50_20180501_131355_01田倉崎
かなり進捗が良いので田倉崎に寄り道。沖に見えるのは地ノ島(右)と沖ノ島。ここは淡路島に一番近い場所なのですが淡路島は2つの島陰の向こうにあるので見ることはできず。このあたりまでが紀伊半島としての海岸線が楽しめたエリアになります。


~県65~大川峠~県65~府65
P50_20180501_134005_01大川峠120m弱
ここが紀伊半島最後の峠でした。県道はトンネルで通過しますが最後なので車は封鎖されている旧道で越えました。峠で止まってしばし静けさを楽しみます。ここから先は大阪湾に沿うことになりのんびりムードを楽しむことはできないでしょう。



P50_20180501_135404_01大阪府に入る
海沿いの県65を走っていると突然前方に大阪府の標識が現れました。県境を境に大阪府側の路面にはセンターラインが引かれています。ここからは府65となります。左は養魚場で自転車がもたれかかっているポールの上には魚のオブジェが。



~府752~府250~15:10りんくう(160.8km)~府204~16:40大阪国際YH着。
大阪に入ると海沿いなのに海は見えず市街地が続き交通量が増えます。房総半島の西海岸で富津を過ぎると工業地帯に変わるようなイメージです。幹線はつまらないので紀州街道の旧道を辿りました。
P50_20180502_053600_01大阪国際YH
予約しておいたYHは高石市の羽衣公園内にありました。直営のYHでした。部屋数も多くドミトリー形式ではありましたが平日で空いていたので僕一人で一部屋占有。ほかには米国から来た夫婦の団体がいました。18時の夕食は何とバイキング方式。今日の米国団体客のおかげでなのでした。宿泊客数に応じて夕食の形式が変わるようです。ビンボー旅人に取ってバイキングとは有り難や。一泊夕食腹一杯食べて¥4500とはありがたや。米国団体は先に引き上げていきましたがバイキングの料理はかなり残っています。僕一人ではとても食べ切れません。賄いのおばちゃんに聞いたところ19時になったら食堂は閉めて残った料理はもったいないけど廃棄なのだそうです。だけどバイキングで料理が足らなかったらそっちの方が問題になるからということで多目に用意するそうです。ホントにもったいない。
これで今回の旅もほぼ終わりです。あすは雨の降りだす前の早朝に新大阪駅まで走って新幹線で帰ることになります。
走行時間:9h09m、距離:184.5km、AV.20.1km/h

| |

« 本州最南端に立つ | トップページ | 近況 »

コメント

おお、更新なされてたのですね
お元気で何よりです

投稿: | 2019年2月 5日 (火) 20時55分

まだ新大阪までの最後の行程が・・。
去年のまとめもしないと。

投稿: しいたけ | 2019年2月 5日 (火) 22時58分

初めまして。
かつて公開されていたコンテンツ『峠ガイド』を拝見して、あちこち出掛けていた者です。
長らく更新されておられないようで、気になっています。お元気に自転車旅を続けておられることと思いますが・・・
楽しい記事、いつもコメント残せず読み逃げになってしまい、申し訳ありません。
またお元気な姿を拝見できる日を心待ちにしております。

投稿: | 2019年9月17日 (火) 21時47分

コメントありがとうございます。
そういえば越えた峠のアルバムは容量削減のため消しちゃったのでした。ごめんなさい。
それでも容量満杯で更新を怠っております。
僕は相変わらず元気で、今年の夏は猛暑の頃、福島~石巻~北上川沿い~盛岡~八戸~三陸海岸南下~石巻~福島の8日間のツーリングを楽しんできました。
記事を書きたいのはやまやまですが・・・。
震災から8年経ってようやく現地を訪ねたわけですが、三陸海岸の復興はまだまだで各所防潮堤建設工事が続けられていました。災害は一瞬で街を破壊しますが、元に戻す努力は地道に延々と続けなければならないのですね。

投稿: しいたけ | 2019年9月17日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有田でみかんの香りに包まれる:

« 本州最南端に立つ | トップページ | 近況 »