« 海王星の衛星を見る 2020/10/30 | トップページ | 10月2度目の満月 2020/10/31 »

2020年10月31日 (土)

木星 2020/10/31

自転車に乗れなくなって4週間が経過しました。仕事はテレワークで電車通勤せず、外科医院は徒歩3分だし、かなりの運動不足に陥っています。
今日は朝から快晴で午後は風も穏やか。昨日よりもましな惑星の姿が見られるかと期待して望遠鏡を向けてみました。
眼視してみるとアメーバほどではありませんが短い周期でゆらゆらしています。いつもの拡大率で撮影してみると、気流の乱れのせいで詳細な模様は写りませんでした。
試しに拡大率を落として撮影したところ意外とよく写ったので採用。

Jup_20201031_1754
10月30日17時54分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト、ADC、ASI224MC
SharpCap 3.2、5ms、Gain=250 6000フレームを70%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

2.5×バローを2.5×パワーメイトに交換してみました。拡大率は7割くらいに小さくなりましたがクッキリ感が全然違いました。拡大率が下がるのでシャッタースピードを5msまで短くしたのが気流の乱れの影響を小さくできた要因でしょうか?


Jup_20201031_1822
10月30日18時22分 D=60mm、F=355mm、ADC、ASI224MC
SharpCap 3.2、15ms、Gain=410 1000フレームを70%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

木星で撮影可能な衛星は4つだけ。4つの衛星を撮影するために6cm屈折の直焦点にしました。衛星は4~5等級なのでシャッタースピードを長くする必要があり木星面の模様と一緒に写すことができません。
この時間の配列は左からカリスト(5.6等)、ガニメデ(4.6等)、エウロパ(5.3等)、イオ(5.0等)

| |

« 海王星の衛星を見る 2020/10/30 | トップページ | 10月2度目の満月 2020/10/31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海王星の衛星を見る 2020/10/30 | トップページ | 10月2度目の満月 2020/10/31 »