« 夏の赤い星雲を電視観望 2021/08/10 | トップページ | 見たかった木星の衛星現象 »

2021年8月11日 (水)

木星 2021/08/10-08/11

電視観望を楽しんで時間をつぶした後、望遠鏡を換装して23時から木星観測に入りました。
前日より気流は改善しましたがまだまだです。前日が悪すぎました。

Jup_20210810_2331
8月10日23時27分~34分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=280、2800フレームを60%スタック×8、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

高度が上がった分少し気流の影響は減りましたがまだまだボケボケでした。
大赤斑が右端に、五つ子白斑が登場してきているのがかすかに見えます。大赤斑の左上が大きく乱れているような感じですが欠け際でよくわかりません。
大赤斑の左に伸びる茶色の縞は継続しているようです。
この後上層の雲が広がってきたので一旦仮眠。

Jup_20210811_0211
8月11日02時09分~12分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×5、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

2時前に目覚めると上層の雲の切れ間から撮影できそうだったのですが8枚撮影中5枚目の終わりで雲に入りました。
寝る前よりも気流は改善しました。
北半球中緯度の中央付近はグレーの縞が南北に広がっているように見えます。
この後雲の切れ間も期待できなくなったので終了。良いタイミングで目が覚めてラッキーでした。

| |

« 夏の赤い星雲を電視観望 2021/08/10 | トップページ | 見たかった木星の衛星現象 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の赤い星雲を電視観望 2021/08/10 | トップページ | 見たかった木星の衛星現象 »