« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月30日 (木)

木星 2021/09/29-09/30

南からは台風が北上し北は気圧の谷が接近中で関東地方はその狭間で東から張り出す消極的な高圧帯となり嵐の前の静けさで午前中はピーカンの上天気でしたが午後から雲が増えました。

秋雨シーズンのこの時期に台風が南から北上してくれば早い段階から南岸に前線が停滞するのが通常ですが、ここ数日前線帯は北にあり上空には北西風が吹き込んで雲が多いながらも晴れ間があったりするおかげで毎晩隙間から木星を見ることができています。

今日の日没頃は西の空は晴れて金星が見えていましたが木星のいる東から南はべったり曇っていました。それでも一時的な雲の切れ間を期待して望遠鏡はベランダでスタンバイ状態にしておきました。

Jup_20210929_2032
9月29日20時31分~34分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、7ms、Gain=430、8000フレームを60%スタック×4
、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

そんな期待に応えてくれたのか20時半ころに15分程度下層の雲が切れました。上空には台風から吹きあがった大外の薄雲が広がっていましたが昨日試した高gain高速シャッターで木星を撮影できました。

しかしせっかくのチャンスで撮影できましたが木星は昨日と同じ見どころの少ないエリアでした。あと30分もすれば大赤斑の端が見えてくるのですが今夜はこれ1枚だけです。
コロコロ縞の中央やや左にはリング状のコブが何とか見えます。

| | | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

NGC253 2021/09/29

日付が変わって木星が低くなったので寝る前に電視観望。
ちょうこくしつ座のNGC253銀河です。
Ngc253_20210928
9月29日00時30分 D=60mm、F=355mm、ASI294MC、SharpCap 4.0、SV183IRフィルター、8.0s×129フレームライブスタック、Gain350、トリミング

南の空低く透明度は良くありませんが電視観望ならよく見えます。
SV183IRフィルターで赤外撮影してみました。ホットピクセルのノイズ雨がにぎやかなのはご愛敬で。
後で考えたらASI294MCはNeptune-C IIより赤外感度低いんですよね。
ここには写っていませんが長いほうの辺は27分もあるのでお月さんと同じくらいの大きさになります。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/28-09/29

日中晴れ間があったものの夕方から低い雲が広がり曇り空が続きました。
木星の南中時刻をすぎた21時過ぎから雲が薄れ始めたのでベランダ天文台をオープン。木星のいるすぐ東の空は雲が消えて晴れていますが木星付近から西は雲の多い状態がしばらく続きじらされました。

今日は時間も中途半端になったので撮影条件を変えてみることにしました。
通常はgainを310、シャッタースピードを15msでヒストグラムで見ると30~40%あたりまで使って3500フレーム撮影し1ショット52.5秒です。
今回はgainを430、シャッタースピードを7msでヒストグラムで見ると70%あたりまで使って8000フレーム撮影し1ショット56秒としました。

Jup_20210928_2131
9月28日21時29分~32分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、7ms、Gain=430、8000フレームを60%スタック×4
、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

今日も北西からの気流で木星は揺れていました。見た目昨日より少し状態は良いようです。
4ショット終わりころから雲がかかったので4ショットでDe-rotationしました。衛星のからみも無く見どころの少ない面になっていたので実験するにはちょうど良かったです。

結果は悪くなく、高めのgainでも速いシャッタースピードで十分な光量とフレーム数を稼げばそれなりに写ってくれました。gainを高くするとノイズが増えるのですが1ショットのフレーム数が多いのでそれを打ち消してくれるようです。

Jup_20210928_2247
9月28日22時45分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、7ms、Gain=430、8000フレームを60%スタック×6、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

それでも気流が悪くなると当然写りも悪くなります。
上層と下層で風向きが違っているようで木星面の揺れ方が不規則に波打っていました。

Jup_20210928_2346
9月28日23時42分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=370、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

高度が25度くらいまで下がって気流の影響が大きくなってきました。
15msのシャッタースピードでヒストグラム上70%あたりまで使えるようgainを310から370に高くして撮影しました。gainを60上げるということは感度を2倍していることになるそうです。
フレーム数は増やさずにgainを高くしましたがDe-rotation効果でノイズは打ち消されています。
南半球高緯度の赤斑もかすかに見えているのでそこそこ写っているようです。
惑星撮影は撮影時、フレームスタック時、Wavelet処理時のパラメータが多く、どの組み合わせが最適なのかを探るのはなかなか面白いです。

| | | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

木星 2021/09/27-09/28

金星の処理を終え18時前には木星が見え始めていたのでそのまま続けて望遠鏡を木星に向けました。

Jup_20210927_1755
9月27日17時53分~56分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、10ms、Gain=340、5000フレームを60%スタック×3
、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

導入してピントを合わせると木星面に黒い点が見えたので高度が低かったですが撮影しました。
エウロパの影でした。小っちゃいですね。

Jup_20210927_1910
9月27日19時06分~14分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

高度が上がるにつれて気流が安定してきました。
コロコロ縞の中央付近のコブがリング状に写っています。
この後ガニメデの経過が始まるので期待が持てます。

Jup_20210927_2029
9月27日20時27分~31分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×4、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

ガニメデが木星に接近、接触してくる間は雲がかかって見えませんでした。ようやく雲の切れ間からの撮影で気流が荒れました。
大赤斑の左上でガニメデの木星面経過が始まりました。木星の左縁は日出ラインになっているので照度が低く相対的にガニメデは明るい光点として写っています。気流が悪いので濃淡も分かりません。

Jup_20210927_2146
9月27日21時41分~51分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

雲が多い中で大きな晴れ間が訪れ雲から離れて気流が回復しました。
大赤斑がほぼ中央でガニメデ本体、白斑列と今回も役者がそろいました。9月20日のときはガニメデの位置にガニメデの影が落ちていたので同じような写真に見えます。
大赤斑の右上で折り返していたコロコロ縞の一部が北を回って左側に流れ込むようになりました。
ガニメデ本体は真っ黒につぶれて写っちゃってます。でもガニメデ本体の右下に明るい模様があるため欠けたような形に写るのはお約束。
五つ子白斑先頭は間もなく大赤斑の左端に取り付きそうです。

この後しばし曇って日付が変わるころ再び晴れてガニメデの影の経過が見え始めましたが高度が下がって気流も悪くなり不採用。



| | | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

金星 2021/09/27

日中はどんよりでしたが夕方になって急速に雲が切れて晴れました。
高度が低くなってしまっていますが8日ぶりの金星撮影です。

Ven_20210927_1705
9月27日17時05分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=50、18000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

東方最大離角まであと1か月ほどとなりました。視直径は17.9秒で土星の本体よりも大きく見えます。

Ven_20210927_1717
9月27日17時17分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト 、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=1
50、18000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

| | | コメント (0)

木星 2021/09/26-09/27

土日とグズグズした天気でしたが夕飯を食べ終わって外を見ると晴れていました。
急いでベランダ天文台をオープン。木星を導入すると北西からの気流でプルプル揺れていました。

Jup_20210926_2018
9月26日19時14分~22分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10
、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

揺れていた割にはまあまあの写りでした。
白斑祭り領域が過ぎ去った後でしばらくおとなしい木星面が続きます。
コロコロ縞の北側に見える海老茶縞が今日は途切れ途切れに見えています。コロコロ縞が所々で北に広がり海老茶縞の上空を覆って隠しているようです。
南半球中緯度のちょっと左にある白斑から右に白い帯が広がっているようです。

Jup_20210926_2118
9月26日21時14分~22分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

気温が低下しているのでピントがどんどんずれていきます。撮影のたびに合わせるのが大変。
コロコロ縞はグレーで濃い部分と薄い部分が見えます。

Jup_20210926_2217
9月26日22時13分~21分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

南半球中央付近縦に白斑と高緯度に赤斑が並んでいます。

Jup_20210926_2316
9月26日23時14分~19分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×7、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

コロコロ縞の中央付近ではリング状になっているのが分かります。
北半球の海老茶縞の左の方がはっきりしないのはグレーの雲が海老茶縞の上空を覆っているためぼやけて見えているのでしょうか。


Jup_20210927_0008
9月27日00時04分~12分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

日付が変わってようやく大赤斑が見えてきましたが木星の高度は22度くらいまで下がっていて気流の影響を大きく受けています。
今夜はは幸運にも1時間毎に5枚撮れましたが今シーズンの木星観測も日を跨ぐのが難しくなりました。

| | | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

ガニメデの濃淡 2021/09/20

くどいようですがまたこの話題です。
9月20日のガニメデの木星面経過中の姿を撮影して模様のように見えた濃淡は果たして模様を写していたのか1ショットずつ画像処理しなおして確認してみました。

Gan_20210920
9月20日 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

左上は参考にWinJUPOSのガニメデの模様です。ちなみに木星の四大衛星は木星を回る公転周期と自転周期が同じ(地球と月の関係と同様)になっているので常に同じ面を木星に向けています。地球から見える模様は木星面からは見ることができないんですね。
木星面経過の前後ではいつも下側に白い模様があり右上に黒い模様が見えています。

19:51では背景の木星面の輝度が高くガニメデは濃いグレーですが円形ではなく右下が薄くなっています。
20:07以降では木星の縁近くで木星面の輝度が下がりガニメデと同じくらいの明るさとなったため相対的にガニメデは淡いグレーから白に。右下は明るく見え始めました。
20:12ではガニメデはほぼ白く見えていますが太陽光の当たっていない左欠け際がグレーで残っています。
模様というにはやっぱり厳しく、濃淡ですね。


ガニメデが木星面を離れた後の姿も確認です。
Gan_202109201
9月20日 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

漆黒の宇宙空間を背景としてガニメデは白く写っています。僅かに濃淡があるような無いような・・・。
背景が黒だとコントラストが強すぎて表面模様はかすかな濃淡のみで白く飛んでしまうようです。
しかし円形ではなく黒い模様のある右上が虫食いのように欠けています。どの画像もそのように写っているので大気による歪みではなさそうです。
模様は写りませんが模様による形状の見え方は写っているようです。

木星は衝から1か月以上経過して遠ざかっていきます。ガニメデの木星面経過はまだ見られますが小さくなる上に秋の気流の中ではチャレンジ不可能です。
やはり5インチでは明確な模様までは写らなかったということで決着しておきましょう。

| | | コメント (0)

2021年9月24日 (金)

木星 2021/09/24-09/25

日中は晴れて真夏日でしたが夕方になると雲がますます増えてきました。
それでもわずかな雲の切れ目で木星撮影しました。

Jup_20210924_1946
9月24日19時46分~47分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=330、3000フレームを60%スタック×2
、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

低い雲の切れ間でしたがその上には高い所の薄雲が広がっていて「薄曇り」状態での撮影でした。

イオの木星面経過が始まり左端に輝点として写っています。
この後影の経過が始まりそのあと大赤斑登場というスケジュールでしたが、羽田付近で発生した雨雲が次第に面積を西に広げて発達しあと数キロと迫ったので望遠鏡を撤収して終了です。

| | | コメント (0)

ペタビウス拡大 2021/09/23

木星をあきらめて寝る前に月に向けてみました。こちらにも薄い雲がかかり始めていましたが月は明るいので雲越しで欠け際のクレーターを狙ってみました。

Moon_20210923_2255
9月23
日22時55分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、10ms、Gain=400、3000フレームを25%スタック、RegiStax 6でWavelet処理 60%縮小、トリミング

ペタビウス(177km)です。
満月から1日経過して欠け際が月の縁から移動し昨日より深い角度からの眺めとなりクレーター内の様子も窺えます。
複雑な中央丘とその影が上側のクレーター壁まで伸びています。中央丘から右下に白く伸びて見えているのは谷で谷壁に光が当たっています。
クレーター底は太陽光の当たり方が一様ではなく中央に向かって凸状に盛り上がっているようで何やらごつごつとした地形になっています。

クレーターの右リム上に円形の小クレーターPetavius C(11km)が見えます。
手前にあるクレーターはWROTTESLEY(58km)。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/23-09/24

室内には日中の暑さが残って汗ばみながらの撮影でした。寒冷前線が通過した翌日という割には気流は荒れ狂うことも無く昨日と同じくらいでした。

Jup_20210923_1854
9月23日18時50分~58分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

高度が低くてぼけています。大赤斑の芯がかすかにわかる程度。
大赤斑の右で茶縞が折り返しているのが分かります。


Jup_20210923_2005
9月23日20時01分~09分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

白斑祭りで見栄えのいい面ですが気流が今一つでした。

Jup_20210923_2100
9月23日20時56分~04分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

平べったい白斑よりもぼやけ白斑のほうが明るいですね。

Jup_20210923_2211
9月23日22時07分~15分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

見どころの少ない面に移動していきますが気流は少し良くなりつつありました。
しかしこの頃から北風に変わって急に涼しくなるとともに北風にのって低い雲が流れ込んで木星を隠しました。一過性のものと思われましたが待つほどに木星の高度は下がるし昼間の疲れもあったので潔く終了。

| | | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

飯能栗

5:40起床。
晴れていましたが明け方に降った雨で路面がウェットのため自転車の出発は乾くまで待機となりました。
先日購入した日高栗は渋皮からの実離れが良く大きな塊で栗を食べることができて大満足。これに味をしめて今日も栗購入に向かいます。

7:40出発~多摩川CR~都19、都12~ひばりが丘~県36~志木~羽根倉橋~荒川CR~入間川CR~R299~道端で栗購入
今日は都内を北に突っ切って荒川に出て川沿いに飯能に向かいました。
入間川CRに入ると草刈りが行われていないためCR両側のカヤのような2m近く伸びた草がCR上にもたれかかって走路が塞がれていました。我慢して走りましたがウデがチクチクで痒くなりたまらず堤防上の道に避難。しばらくチクチクが収まりませんでした。

飯能に出てから県30で日高に向かう予定でしたが飯能のR299道端で軽トラックで来て栗を売っているおばちゃんを発見。ちょっと冷やかしで寄ってみたところ先日のよりデカい栗だったのでたまらず購入してしまいました。近所に栗畑を持っているらしい。

栗の写真はブログの容量節約のためカットですが帰宅してからノギスで計測してみました。
 幅:4.5cm、高さ:3.5cm、厚み:3.5cm、重さ:40g
高さと厚みが同じってすごい。

これで目的を達したので日高に向かわずに帰途につきました。
~飯能~県195~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CR~多摩大橋~多摩川右岸~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~府中四谷橋~多摩川CRで15:30帰宅。

走行距離:147km

| | | コメント (0)

木星 2021/09/22-09/23

寒冷前線の前面で南西風がベランダを叩き続けて望遠鏡は大揺れでした。ROIを1024×768ピクセルに広げて撮影しても突風で木星が画面の外まで飛び出すほどで撮影もままならず。気流も荒れ気味となりました。
何回か撮影しましたがまともに写らずボツ。
20時を過ぎ高度が上がって何とかみられる写りになりました。

Jup_20210922_2039
9月22日20時38分~40分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、3500フレームを60%スタック×3、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

しかし10ショット撮影予定が3ショット途中で雲がかかりました。
気流が悪くボケていますが北半球海老茶縞が左の方で裂けているのが見えます。
大赤斑が見え始めています。これからというところですがレーダーを見ると東京湾に雨雲列が流れ込み箱根・丹沢方面から雨雲が侵入しつつありました。
外を見ると月光に照らされて東京湾方面に連なる積雲列が白く浮かび上がり、南西方向ではピカピカ雷が光っていました。木星は雲に隠れたので入浴タイムとして念のため望遠鏡を撤収。

雨雲列はわずかに西をすり抜けていきましたがそのまま終了。

| | | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

ネーパー拡大 2021/09/22

木星の周りに雲が増え高度も下がったので寝る前に南の空高く光り輝く満月を覗いてみると右側の欠け際ギリギリに大きなクレーターがあったので撮影してみました。
Moon_20210922_0058
9月22日00
時58分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、8ms、Gain=200、3000フレームを25%スタック、RegiStax 6でWavelet処理 60%縮小、トリミング

ネーパー(144km)
です。
月の縁にあるクレーターは見にくいためか名前が紹介されているものがあまりありません。幸いこのクレーターは「月の地形観察ガイド」に名前だけ書かれていました。
月の首振り運動によりこの日は東側がこちらを向いていたのでクレーターの内部が見下ろせる角度になっています。20日のピタゴラスよりも月面上を低空飛行している角度です。

現地は日没直前でクレータ内は半分日陰になっていて中央丘が向こう側のクレーター壁に影を投じています。中央丘の左上に見える白いラインはクレーター底にある小さなVIRCHOWという名のクレーター内壁上部に太陽光が当たっているのが見えています。

クレーターの左上は濃いグレーの平坦な「縁の海」という小さな海に接しています。衛星写真を見るとクレーター底も同じ色の溶岩で埋められています。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/21-09/22

日没後高い空に雲が広がっていましたが次第に隙間が増えて木星が見え始めました。雲はゆっくり南~南西から流れてきて雲周辺ではゆらゆらと揺れていましたが雲が遠ざかるとそこそこ安定しました。
昨日のような見どころ満載の面ではないのでテンションは低めでお月見しながらの撮影。

Jup_20210921_2051
9月21日20時47分~55分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

昨日の続きの面からです。
南半球右端のぼやけ白斑の北あたりで南に折れたコロコロ縞は左にある白斑あたりで北にカーブして海老茶縞に被っています。


Jup_20210921_2152
9月21日21時48分~56分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

南半球中緯度中央付近の白斑の白さが目立ちます。他にも点々と小さな白斑が散らばっています。

Jup_20210921_2353
9月21日23時49分~57分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

途中でべったりと動きの遅い雲がかかって1時間半ほど休憩。少し東の空では雲が消えているのに木星方面が使えませんでした。
コロコロ縞の中には相変わらずリング状のコブが見られ北側の海老茶縞と完全に分かれています。
この付近の北半球中緯度のミミズ縞の緯度に相当するあたりにははっきりとした縞が見当たりません。

| | | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

中秋の満月 2021/09/21

きっと皆さんも各地ベランダ天文台から撮影しているんでしょうね。
Moon_20210921_2122
9月21日21時22分、D=60mm、F=355mm、Neptune-C II
SharpCap 4.0、1ms、Gain=90、1000フレームを30%スタック、RegiStax 6でWavelet処理、40%縮小

木星撮影の箸休めに望遠鏡を換装して撮影。
満月は今日の午前中でした。右上が欠け始めています。

| | | コメント (0)

木星MAP 2021/09/19-20

昨日と一昨日の2晩で木星全周をそれなりに見ることができたので、ほぼ一か月ぶりに木星MAPを作成しました。
Jup_2021091920210920_map

真ん中にほくろのようにガニメデの影があります。
五つ子白斑が大赤斑に近付きました。

Map20210921

1か月間の動きです。
大赤斑も何気に左にちょっと移動しています。
両者の経度差は1番目の中心から大赤斑の中心まで25度くらいでしょうか。10月10日の週後半くらいで追いつきそうです。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/20-09/21

日中から夜にかけてずっと快晴が続き、前に予想した通り良い気流となりました。
19時過ぎには高度が30度を越えてくるので撮影と夕食時間との兼ね合いが悩ましくなりました。
根性を入れて撮影し1時間毎の写真を6枚掲載です。

Jup_20210920_1946
9月20日19時41分~51分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

木星面上右にガニメデ本体、左の欠け際にガニメデの影が半分くらい木星面にかかり始めています。
ガニメデは円形に写っておらず右下が明るくなっているように見えます。ひょっとして念願のガニメデの模様?。
北半球海老茶縞の中央やや左は裂けたような感じに縞が切れています。

Jup_20210920_2047
9月20日20時40分~54分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×16、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑が中央でガニメデの大きな影が左上にあります。
大赤斑の右から来た茶縞が右上まで持ち上げられた後折り返しているのが分かります。左側は茶の色というよりはグレーにオレンジ色が混ざり合ったような色。
北半球ミミズ縞とその南に連なる暗斑列がずっと左に続いています。

Jup_20210920_2146
9月20日21時41分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑、ガニメデの影、五つ子白斑。役者がそろいました。
大赤斑の左に続くコロコロ縞ですが、以前のようなグレー感が無くなりオレンジ色の周りをグレーで包んだような渦が連続しているように見えます。

Jup_20210920_2245
9月20日22時41分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑とガニメデの影がいっしょに沈もうとしています。ガニメデの影の動きは木星面の自転の速さと近いので10分間の撮影でもずれずに丸く写ってくれます。
コロコロ縞は左に流れるにつれ1つ1つの渦が小さくなり縞の幅が狭くなっていきオレンジ色がグレーに埋められていきます。
五つ子白斑列から北にはみ出している平べったい奴が一番明るい。

Jup_20210920_2345
9月20日23時40分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

ガニメデの影と大赤斑がいなくなり見える白斑も数が減り寂しくなりました。
色付き白斑と右上のぼやけ白斑の色の差が分かります。ぼやけているように見えるのは周りをグレーの雲が縁取っていないせいかも。
コロコロ縞はグレー色となりぼやけ白斑の北あたりで少し南に折れています。ぼやけ白斑が何らかの影響を与えているのでしょうか。
コロコロ縞がちょっと南に下がった分その場所に海老茶縞が見えています。海老茶縞は中央から右でコロコロ縞の下に続いているのでしょうか。

Jup_20210920_0041
9月21日00時34分~47分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×13、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

日付が変わって0:30過ぎると木星の高度は20度ちょっとまで下がりました。さすがに気流が良くても高度が低いと見え方が悪くなります。
南に下がったコロコロ縞は左の方で再び海老茶縞を隠している?

良く見えると楽しいですな。

| | | コメント (0)

2021年9月20日 (月)

ピタゴラス拡大 2021/09/20

木星観測を終え寝る前に眩しく輝く月に望遠鏡を向けてみました。

Moon_20210920_0106
9月20日01
時06分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、8ms、Gain=230、4000フレームを30%スタック、RegiStax 6でWavelet処理 70%縮小、トリミング

ピタゴラス(130km)です。満月に近い大きな月の北西側高緯度の欠け際に見えたクッキリとした輪郭のクレーターです。クレータの深さ5km、中央丘は高さ3kmもあります。
クレーターは明け方を迎えてクレーター壁が内部に影を落としています。中央丘の影がクレーター壁まで伸びています。高さ3kmで約60kmの影を落としていることになります。
月の縁で見下ろすような角度で見えるので月の上空を飛行しているような感じです。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/19-09/20

大きな明るい月の上に木星が光っていました。
北からの高気圧に覆われて雲のかかる心配も無く透明度は抜群な夜でしたが下層は北東風、上層は西風の組み合わせが気流を悪くしているのか揺れが収まりませんでした。

Jup_20210919_2046
9月19日20時42分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、10ms、Gain=330、5000フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

シャッタースピードを早くしてみました。
北半球中緯度やや左に目立つオレンジ斑が見えます。


Jup_20210919_2257
9月19日22時52分~01分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

ちょっと寝てしまって間が空きました。
大赤斑が見え始める直前です。コロコロ縞の中にはまだリング状のコブが存在しています。


Jup_20210919_0027
9月20日00時22分~31分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑が見えてきましたが高度がどんどん下がって揺れが大きくなってきました。
大赤斑の右で縞が折り返すようになって右側と左側で模様の差が大きくなりました。

| | | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

金星と水星 2021/09/19

栗買い付けから帰宅してシャワーを浴び昼寝を省略して金星撮影です。
もう秋分近く。太陽の位置が南に下がってベランダには日差しがたっぷり差し込んでいます。望遠鏡が熱くなりそうなので物干しざおにシーツをかけて影を作って撮影に入りました。

Ven_20210919_1544
9月19日15時44分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=50、18000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

視直径は17.1秒になりました。澄んだ青空の中で太陽の東に43度も離れているのでファインダーの中でもしっかり光って見えました。


Ven_20210919_1605
9月19日16時05分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト 、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=100、18000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

いちおう2.5×パワーメイトで拡大しておきました。

この透明度なら14日に東方最大離角となった水星も青空の中で見えるんじゃないかと思いお試しで導入を試みました。
Mar_20210919_1552
9月19日15
時52分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、2ms、Gain=100、18000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

さすがにファインダーの中には見えませんでしたが自動導入して周辺を上下左右捜索したところモニターの中にちっこい光点が現れました。
ピントは金星で合わせてあるので後は撮影するだけです。

視直径は7.6秒で金星の半分よりちょっと小さいくらで欠けている姿も写りました。明るさは0.3等級です。
太陽の東26度くらいの位置なので背景が明るく写っています。
年に一度くらいは水星のカタチを撮影しておかないと。

| | | コメント (0)

日高栗

5:20起床。
秋らしくない動き方をして台風は去り、まだ雲が多いながらも空は明るくなりつつあり路面も乾いていました。
曼殊沙華も咲きキンモクセイも香れば日高の露店で栗の販売も始まっているはずなので今日は買い付けに行きます。
ところが出発しようとした6時頃急に雨が降り始めて路面がウェットになってしまい乾くまで出発見合わせ。

7:30出発~多摩川CR~羽村~新奥多摩街道~東青梅~都28~県195~飯能~R299~巾着田~高麗川沿いの道~栗購入
青空も広がりやっと路面も生乾きくらいになったので1時間半遅れで出発。多摩川上流に進むにつれて雲は消えて気温も上がり爽やかな天気になってきました。

去年も今頃栗を買い付けに行っているので距離感と所要時間はだいたい頭に入っています。巾着田付近は曼殊沙華見物の車なのか各方面から向かう車線は混雑していました。

巾着田前の県15から高麗川沿いの道で高麗神社方面にそれると栗街道となり道沿いに栗の無人販売所があります。今日は迷わず3番目の販売所と決めていました。幸い3ネット残っていたので一番ツヤの良さそうなのを1ネット購入して目的達成し帰途につきます。今夜は茹で栗です。

~高麗川沿いの道~県30~R299~11:10飯能のかつや昼食~R299~飯能市街~県195~都193~都28~東青梅~新奥多摩街道~羽村~多摩川CRで14:30帰宅。
飯能のかつやで時間も良く空いていたので昼食に入りました。
帰路は快晴で透明度の高い青空となり金星を撮影したい気分を高めながらの走行となりました。

走行距離:143km

| | | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

木星 2021/09/16-09/17

西の山の方の空は東風の吹き込みで発生した雲が湧いて雨雲のエコーも見られましたが東から南の空は雲が少なく晴れています。
さっそく木星を導入して見ると今日も北からの気流で揺れていましたが昨日より揺れの周期がゆっくりになり少し落ち着いていました。

Jup_20210916_1909
9月16日19時04分~13分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=300、3000フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

まだ高度が低く気流の影響も大きかったですが大赤斑がギリギリ見えていたので撮影。
気流が悪くてぼやけていますが昨日の木星面より解像度が上がっています。大赤斑から五つ子白斑、色付き白斑まで同時に見えるようになりました。

Jup_20210916_1946
9月16日19時41分~51分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

1枚目から40分も経過していませんが2枚目。
大赤斑は沈み南半球中緯度は白斑がいっぱい。五つ子白斑列から北にずれているはみ出し白斑の白さと色付き白斑の右上にある白斑の白さが目立ちます。
赤道付近の中央あたりが天体衝突閃光の見られた場所です。

Jup_20210916_2032
9月16日20時32分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=300、2600フレームを70%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

イオが木星の背面に隠れようとしていたので1ショットで撮影しました。
左にいるのはエウロパでこの後木星面を経過しながら影を落とします。が、結局曇って見られませんでした。

Jup_20210916_2051
9月16日20時47分~57分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=300、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

雲が増え始めたので急いで3枚目。
色付き白斑が中央に来ました。右上にある白斑との距離は次第に開いているようです。

21時を過ぎると西から台風で吹きあげられた高層の雲が流れ込み、東から湿った東風で発生した下層の雲が押し寄せて挟み撃ちとなり全天に広がり終了。晴れ間が長続きしないので日を跨いだ撮影ができなくなりました。
でも週初めの週間予報からしたら3晩撮影できたのは見栄えは別として上出来でした。

| | | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

秋雨シーズンは続く

8月27日から昨日までの3週間の木星の見栄え結果を「週間予報支援図(FXXN519)」にまとめてみました。
今年は8月の終わりとともに秋雨シーズンが始まりました。太平洋高気圧が南に下がり前線帯が日本付近にかかり続けます。
上空の気圧の谷が周期的に北を通過し、時々その後面で雲の切れ間から気流の悪い木星を覗く生活です。
太平洋高気圧の北側は偏西風帯であり高度が下がるほど等高度線は混み合って風が強くなり気流が悪化します。もはや真夏のような気流は望み薄です。

20210916

この先も太平洋高気圧は南で頑張り続け秋雨傾向が継続のようです。でも
台風が東に過ぎ去った後の19日~21日頃、大きな移動性高気圧に覆われ高度が上がって上空の気流が安定しそうなタイミングです。下層雲に邪魔されないことを祈りましょう。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/15-09/16

夕方月を撮影した後広がった雲はなかなか切れず、八王子方面には雨雲のエコーが観測されていましたが、21時過ぎてから次第に雲に切れ間が現れ始め木星が見え始めました。

Jup_20210915_2141
9月15日21時35分~50分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×11、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

15分間17ショット撮りましたが途中で雲がかかった6ショットをすてて11ショットでDe-rotationしました。
月を撮影したときから気流の状態に変化は無く北から流れ込む上空の強風のため細かな模様は見えません。

大赤斑が中央付近に見えています。かろうじて芯も写っています。右から来た縞が大赤斑の右上に持ち上げられたところで右方向に折り返しています。大赤斑の左側に流れる動きはほぼ止まったようです。
北半球中緯度のミミズ縞は左に伸びて長く連続するようになりました。

14日、木星に小天体が衝突した閃光が観測されたそうです。衝突場所は五つ子白斑の5番目の北、赤道付近らしいのです。その場所がこの後見えてくるのですが残念なことに北から流れ込んできた雲に覆われました。 1994年のSL9彗星衝突の時のように衝突痕が見られたら面白いのに。

| | | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

直線の壁付近 2021/09/15

日没直後半月を過ぎた月が南の空低く見えていました。
今夜はISSが南西から北東に向かって見やすい位置を通過する予報で望遠鏡を準備していたのでウォーミングアップに撮影してみました。
気流は悪く月面はかなり激しく揺れていました。

Moon_20210915_1805
9月15日18
時05分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、5ms、Gain=250、3000フレームを20%スタック、RegiStax 6でWavelet処理、トリミング

直線の壁付近です。直焦点撮影ですが気流が悪いのでシャープさがいまいち。
右から低い角度で太陽光があたっていて断層壁の影が直線状に見えています。長さは134km。
壁は大きなクレーター内にあり、クレーターの左半分が落ち込んで低く海の溶岩に埋められ黒っぽく、右側が高く白っぽい色をしています。左右の標高差は約300mだそうです。左側のクレーター壁のあったところはかすかにリッジが円形に見えています。

壁の左にあるクレーターは白っぽい飛散物が壁の右側にも連続して伸びているので壁ができた後に形成されたものと思われます。
左の方の海の中のしわしわが複雑で面白い。

このあと低い雲が広がってISSは撮影できず。

| | | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

木星 2021/09/13

夜に入ってからは台風から吹きあがった上層雲が流れ込み始めて空全体に広がり木星はスリガラス越しのように弱い光り方でした。それでも夜の初めは雲が薄れるタイミングがあったので撮影を強行。

Jup_20210913_1940
9月13日19時37分~42分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=370、2500フレームを60%スタック×7、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

7ショット途中で雲が厚くなり木星が見えなくなりました。
どう見ても光量が不足なので拡大率を落として×2.5のパワーメイトを使用しました。それでもこんな写り方しかしません。
大赤斑の芯が全く写っていません。
大赤斑の北側から左側に回り込む縞の量が圧倒的に減ったようです。

Jup_20210913_2043
9月13日20時38分~48分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=350、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

1時間後、再び雲が薄れるタイミングが来たので木星が雲で陰るまで連続撮影しました。結果12ショット撮影。
でも雲越しなので写りは改善しませんでした。
かすかに五つ子白斑が3つか4つ見えています。
北半球のミミズ縞に連なる縞は長くはっきりして来たようです。

| | | コメント (0)

金星 2021/09/13

自転車走を終えてシャワーを浴びて昼寝して目覚めると雲が薄れていたので金星を狙ってみました。またしばらく天気が悪そうですし。

Ven_20210913_1640
9月13日16時40分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=50、18000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

薄雲越しで背景が明るくなってカラーバランスが崩れました。
今日の視直径は16.4秒で10日より0.4秒大きくなりました。

Ven_20210913_1653
9月13日16時53分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト 、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=200、15000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

拡大率を上げると背景が暗くなりそれなりの写りです。
この拡大率だと66ピクセルくらいに写っていますが内合近くなるとこの切り出しエリア(330ピクセル)からはみ出す大きさになります。

| | | コメント (0)

秋のスイッチが入っていた

5:40起床。
今日は夏休み。昨晩は星見も無かったので自転車走。

6:30出発~多摩川CR~羽村折り返し~府中四谷橋折り返し~羽村~新奥多摩街道のかつや昼食折り返し~羽村~多摩川CR~多摩大橋~多摩川右岸~浅川CR~万願寺歩道橋~浅川CR~府中四谷橋~多摩川CRで13:50帰宅。

P50_20210913_1137281
9月に入ってからの秋雨と10月頃の低温の影響が、早くも多摩川土手などでは彼岸花が咲いていました。また、走行中どこからか風に乗ってキンモクセイの香りが漂ってきます。
桜並木の葉は赤くなる前に一気に黄色くなって散り始めているし秋のスイッチが入って例年より10日くらい早いペースです。
日没がどんどん早くなって天気が悪かったりすると16時頃には夕方のようになるのも気分を滅入らせます。

走行距離:138km


| | | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

木星 2021/09/11-09/12

日が沈んだ頃から曇り空になりましたが気象衛星の赤外画像を見ると西から小さな切れ間が波状的に来そうなので望遠鏡だけは出して待ち構えていました。

Jup_20210911_2109
9月11日21時07分~10分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=350、3500フレームを60%スタック×4、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

木星は薄雲越しで4ショット目以降は曇りました。
昨夜とは比べ物にならないくらい悪化して南半球の白斑もボケて大きめに写っています。

Jup_20210911_2241
9月11日22時38分~45分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=350、3500フレームを60%スタック×9、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

1時間半後に次の切れ目が来ました。薄雲はかかったままで透明度は悪いままです

| | | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

木星と土星 2021/09/10-09/11

夜になって日本海にある前線帯から高い雲が頻繁に流れ込む天気となり雲の切れ間を待っての撮影となりました。

Sat_20210910_1924
9月10日19時21分~27分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、25ms、Gain=400、2000フレームを70%スタック×7、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

木星の高度が上がるまで土星を撮影


Jup_20210910_2001
9月10日19時57分~05分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

20時頃には木星の高度は30度を越えてきて気流の影響が少なくなります。
大赤斑が見えてくるちょっと前のエリアです。


Jup_20210910_2232
9月10日22時29分~36分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×9、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

頻繁に雲がかかり連続撮影できないまま大赤斑が中央に来るタイミングで切れ間が訪れました。12ショット撮影予定が9ショット後半で雲がかかってしまいました。
北半球のミミズ縞は所々切れ目があるもののずっと左まで続くようになりました。
大赤斑の左に回り込む縞が薄れています。
今日は大赤斑の左に黒斑が2つ並びました。これが左に流れて行ってグレーのコロコロ縞を形成しているようです。
大赤斑が中央の位置で五つ子白斑が2つ見えています。大赤斑に追いつくまであと1か月の予想です。

Jup_20210910_2346
9月10日23時41分~51分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

大赤斑の左で発生した暗斑が崩れながら左に流れ次第に丸いグレーの渦に変化しているのが見えます。
五つ子白斑の3番目と4番目の北側に結構黒い暗斑が見えます。
ミミズ縞の左の方では段差のある部分で赤茶からグレーに変化しています。これは別の縞なのでしょうか。
北半球の海老茶縞の北にある2つの濃い斑点は、周辺の模様を見ると反時計回りの低気圧回転しているようです。

このあと日付が変わる前にべた曇り。ひまわりの画像を見ても西に雲が連なって切れ目はなさそうなので終了。
思ったよりも良く見えました。

| | | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

金星 2021/09/10

金星がちょうど南中を過ぎたくらいなので撮影してみました。
前回撮影したのが8月30日ですから秋雨にやられている間に11日も経過しました。

Ven_20210910_1432
9月10日14時32分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=0、15000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

視直径が16.0秒。木星の3分の1の大きさで、
土星本体よりもちょっと小さく見えています。
欠け際の丸みが少なくなってきました。

Ven_20210910_1443
9月10日14時43分 D=127mm、F=1500mm、2.5×パワーメイト、 Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=100、12000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

念のためパワーメイトで拡大しました。やはりなにも模様は見えません。

| | | コメント (0)

天王星 2021/09/10

木星が南西の空低くなってしまったので次の目標に向かいます。海王星はちょうど雲がかかっていたので天王星を導入してみました。8月中は庇の向こう側で見ることができませんでしたが季節が進んでギリギリ庇から姿を現すようになりました。

Ura_20210910_0240
9月10日02時40分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、30ms、Gain=450、3000フレームを50%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

木星と同じ拡大率で撮影しています。視直径3.6秒、明るさ5.6等級。ピントはシャッタースピードを長く、Gainを上げて像を明るしてバーティノフマスクを使いました。
単純な緑の円盤像ではなく右が明るく左が少し暗く写っています。


衛星を撮ってみる
Ura_20210910_0322
9月10日03時22分 D=127mm、F=1500mm、ASI294MC、SharpCap 4.0、4s、Gain=440、15フレームをライブスタック、RegiStax 6でWavelet処理、トリミング、150%拡大

天王星の衛星は暗いので光量を稼ぐために直焦点撮影とし、ライブスタックしないと写らないのでカメラをセンサーサイズの大きなASI294MCに変えました。
シャッタースピードとGainを調整するとライブスタックできる設定を発見。1分間の撮影です。
4つの衛星が写りました。いづれも15等級よりは明るい衛星です。天王星は露出オーバーで大きく膨張して写っています。右に同時刻の衛星配列を比較のため張り付けておきます。
ミランダも位置的には分離できていそうです。16.5等級と暗いですが矢印の先、天王星が作る回析リングの中にかすかな光点が見えます。

| | | コメント (0)

木星 2021/09/09-09/10

昼過ぎに雨が上がったもののなかなか北関東の晴れ間がこちらに広がってきません。夕方雲が薄れてきたのでベランダに望遠鏡を展開して待ち構えましたが、雲の切れ間に木星が見えたのが21時前。大急ぎで木星を導入して撮影に入りました。

Jup_20210909_2108
9月09日21時05分~12分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×9、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

10ショット撮る予定が9ショット後半から雲に邪魔されました。南を通過した低気圧の後面で木星はもやもやと揺れていましたがめちゃくちゃ悪い気流ではなかったようです。
しかし見えているエリアが一昨日撮影したところとほぼ同じでちょっとがっかり。
このときエウロパが木星面の赤道やや左を経過中ですが模様に埋もれて見えません。

Jup_20210909_2138
9月09日21時38分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=300、3000フレームを70%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

衛星が3つ絡んで木星周辺がにぎ
やかなので広めの画角で撮影。クリックするとデカくなります。
木星面を経過中のエウロパの影が木星面に落ち始めました。イオが木星の左側で木星の影から出現して見え始めました。
右のほうに離れてガニメデが見えています。ガニメデはやっぱり微妙に濃淡があるように見えます。

Jup_20210909_2330
9月09日23時30分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=300、3000フレームを70%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

雲が広がり撮影できるかどうか危ぶまれましたが幸運にも雲が切れ木星周辺に4つの衛星をとらえました。クリックするとデカくなります。 
左側に木星の裏側からカリストが出現しました。
木星面に影を落としているエウロパは木星面から離れて右側に姿を現しています。
ガニメデは木星の裏に回り込もうと右端に近付きました。
イオは左にどんどん離れていきます。
南半球高緯度に白斑と赤斑が縦に並んで見えています。もうすぐ大赤斑が昇ってきます。木星面の一番寂しいエリアでしたが衛星がいっぱいでにぎやかでした。
この拡大率で四衛星を同時に撮影できるチャンスってなかなか無いんですよ。スバラシイ。

Jup_20210910_0105
9月10日01時05分~10分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×12、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

久しぶりに長時間観測できて大赤斑が見えてきました。高度は30度を切っていて気流の影響が大きくなっています。もうこのあとはふにゃふにゃの木星になりました。

| | | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

木星 2021/09/07

今日は珍しく都内に出勤。夕方帰宅途中で木星が低く明るく見えていたのでかすかな期待を込めて急いで帰りました。
帰宅して望遠鏡を展開する頃にはすでに薄雲が一面に広がり木星がかすみ始めていましたが普段よりシャッタースピードを長くしてgainを高くして強行撮影してみました。

Jup_20210907_1952
9月07日19時48分~56分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、20ms、Gain=410、3000フレームを60%スタック×9、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

昨晩富士山に雪をもらたした寒気渦は東に抜けて気流は昨夜より少し良さげでしたが木星の高度はまだ30度に達しておらず揺れ揺れでした。それでも何とか白斑がぼんやり見える程度写りました。

色付き白斑が右下隅に沈もうとしています。
中央左下には南北に並んでいた2つの白斑の南側が追い抜いて前に出ました。

この後ほぼ本曇りとなり木星は見えなくなりました。まだかすかな奇跡を信じて望遠鏡は木星を追尾していますが、たぶんこれ以降に画像が追加されることは無いでしょう。

| | | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

木星 2021/09/06

昼から夕方にかけて上空に寒気を伴った気圧の谷が通過してにわか雨が降った後、夜には一時的な下降流場に入り雲の隙間から一週間ぶりに木星が見えました。
大赤斑が見えていたようですが気流の悪さと北から流れれ来る雲が頻繁にかかるため撮影できずしばらく様子見でした。

Jup_20210906_2153
9月06日21時46分~00分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×16、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

北からの寒気を伴った気流で木星はプルプルとせわしなく揺れていました。もはや夏の安定した気配は消え失せています。15分間16ショットでDe-rotationしてやっとこの写りです。
五つ子白斑の4番目と5番目の間にある平べったい白斑は5番目よりも白さを増して明るくなりました。
色付き白斑の右上にある白斑も白く目立ちます。北側に広がる白いゾーンと同じくらいの白さです。

この後再びベタ曇りとなって終了。次はいつ見られるでしょうか。

| | | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

ガニメデの模様は見えないか

木星が接近する衝前後で何回か衛星のガニメデの模様が写らないか試してきましたが、5インチ望遠鏡では難しいのかもしれません。
それでもディスク内整理中にスタックしておきながらWavelet処理していなかったデータを発見したので懲りずに処理してみました。

Gan_20210825_2354
8月25日23時54分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

衝から5日後、視直径1.8秒のガニメデです。
単なる円盤像では無くわずかに濃淡があるように見えます。でも確実に模様だとは断言できません。
戦艦の主砲級(30cm以上)の口径を持つ師匠たちの画像では明らかに表面模様が写っていますが、駆逐艦の主砲クラスの口径では射程距離(解像力)不足です。せめて重巡洋艦の主砲(20cm)クラスが必要なのかもしれません。

| | | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

木星 2021/08/27の再処理

星見も一休み中なのでパソコンのディスク内を整理するため過去のデータを振り返ってみていた時、消されていない連続撮影されたデータが残っていました。
8月27日の大赤斑が中央に来るタイミングで撮影したデータで未処理であったことが判明し画像処理しました。

Jup_20210827_0114
8月27日01時08分~20分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=340、3500フレームを60%スタック×14、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

この日は気流も良く、大赤斑が中央に来るタイミングでいつもより長く20ショット連続して撮影していました。初めの6ショットはちょっと気流が悪かったので捨てて14ショットでDe-rotationしました。12分15秒の撮影時間です。
木星と土星 2021/08/26-08/27」の最後の2枚の間に入る画像です。
我ながら今シーズンでかなり良い写りです。それなりの気流の時10分以上の撮影でDe-rotationすると効果抜群みたいです。
もう秋雨に入ってしまいこの先これ以上良く写る気流に恵まれるときが来るでしょうか。

| | | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

2020夏の五つ子白斑

今はキレイに揃って並んでいる五つ子白斑ですが、去年木星を撮影していて気付いていません。
そこで去年の夏頃の画像をあさって当時の五つ子白斑の様子を再現します。

20210826_20210826132801
2020年8月20日~21日撮影の3枚から作成しました。
去年のこの頃は拡大率は今と同じですがカメラがASI224MCだったのでセンサーのピクセルサイズの関係から得られた木星像は現在の77%ほどの大きさです。撮影と画像処理のウデもいまいちなので細かい模様は今ほど写っていません。

青矢印が現在の五つ子白斑に対応したものです。この頃も大赤斑の左側にあったので1年でほぼ一周しています。以前1日1度の右方向への移動と書いてましたが当時から同じペースだったようです。
現在は1番から5番までほぼ等間隔に70度ほどですが当時は2番目から5番目の間隔が開いていて全体で120度くらいに広がっていたので同時に5つ見ることが難しかったものと思われます。

2か月後の2010年10月20日の画像を改めて見ると1番目は大赤斑の南を通過し2番目が大赤斑に追いついたところでした。この頃は木星も小さくなり、火星の接近があったし鎖骨骨折中で不自由な暮らしだったりして見えているものが何なのか理解できていなかったようです。

大赤斑の下の赤矢印は色付き白斑です。これも大赤斑を追い越したあと五つ子白斑に相次いで追い抜かれ現在は5番目の白斑の後ろにいます。

| | | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »