« 飯能栗 | トップページ | ペタビウス拡大 2021/09/23 »

2021年9月24日 (金)

木星 2021/09/23-09/24

室内には日中の暑さが残って汗ばみながらの撮影でした。寒冷前線が通過した翌日という割には気流は荒れ狂うことも無く昨日と同じくらいでした。

Jup_20210923_1854
9月23日18時50分~58分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

高度が低くてぼけています。大赤斑の芯がかすかにわかる程度。
大赤斑の右で茶縞が折り返しているのが分かります。


Jup_20210923_2005
9月23日20時01分~09分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

白斑祭りで見栄えのいい面ですが気流が今一つでした。

Jup_20210923_2100
9月23日20時56分~04分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

平べったい白斑よりもぼやけ白斑のほうが明るいですね。

Jup_20210923_2211
9月23日22時07分~15分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=310、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

見どころの少ない面に移動していきますが気流は少し良くなりつつありました。
しかしこの頃から北風に変わって急に涼しくなるとともに北風にのって低い雲が流れ込んで木星を隠しました。一過性のものと思われましたが待つほどに木星の高度は下がるし昼間の疲れもあったので潔く終了。

| |

« 飯能栗 | トップページ | ペタビウス拡大 2021/09/23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 飯能栗 | トップページ | ペタビウス拡大 2021/09/23 »