« 日高の栗は終わっていた | トップページ | 木星 2021/10/04 »

2021年10月 3日 (日)

木星 2021/10/03

大きな移動性高気圧に覆われて地上は乾いた空気で快適な日和でしたが上空には寒気が流れ込んで気流は荒れ気味で木星面は落ち着きがありませんでした。

Jup_20211003_1810
10月03日18時09分~11分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=350、3500フレームを60%スタック×3、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

初めの頃はイオとその影が木星面を経過中でした。高度が上がってそこそこ写るようになってきたので撮影開始。
イオの経過が終わって木星面から離れました。
大赤斑と五つ子白斑もありにぎやかですがボケボケです。やっぱりガニメデの影と比べると迫力にかけます。
昨日もそうでしたが五つ子白斑の3番目4番目は暗く写ります。


Jup_20211003_1912
10月03日19時11分~14分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=330、3500フレームを60%スタック×5、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

上空の気流が悪いのはすぐには治りませんね。
ボケながらもコロコロ縞の中に暗斑が連続しているのが分かります。


Jup_20211003_2140
10月03日21時37分~43分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=340、3500フレームを60%スタック×8、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

夜の初めよりも気流が悪くなったようです。見どころの少ない面だし気流も改善しそうもないので木星観測を打ち切って電視観望に切り替えました。

| |

« 日高の栗は終わっていた | トップページ | 木星 2021/10/04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日高の栗は終わっていた | トップページ | 木星 2021/10/04 »