« いつもの練習コース走 | トップページ | 枯れ葉散る »

2021年11月20日 (土)

木星 2021/11/20

日中は秋らしくない白っぽい青空でしたが静かな夕暮れを迎えました。朝9時の高層天気図では気圧の尾根が接近してきていて西風の弱い領域がかかりつつあり期待できました。

Jup_20211120_1639
11月20日16時36分~41分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=280、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

日没直後で空が白く明るい状態なので金星でピントを合わせてから木星を導入。背景が明るいのでgainを下げました。
大赤斑が中央を過ぎたばかりで予想通りの好気流に恵まれておりやや興奮。今年の11月は去年より良い気流がたびたび現れます。経験的に日没後の薄明中が意外とよく見える時間帯です。

南半球の海老茶縞は大赤斑を大きく跨いでいます。
五つ子白斑の3番目は間もなく大赤斑の南通過を終え、4番目がこれから経過に入りそうです。
北半球の海老茶縞の中央付近にポチっと白い切れ目のようなものが見えます。ここも沸き上がりが始まるのでしょうか。
写真の左端の流れて写っているのはガニメデです。
最初の1枚が一番の見どころ満載の場所なのでこの後テンションが下がりそうです。

Jup_20211120_1736
11月20日17時36分~41分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=340、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

色付き白斑とぼやけ白斑が見えてきました。ぼやけ白斑は以前より白い輝きが無くなりました。

Jup_20211120_1833
11月20日18時36分~41分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=340、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

色付き白斑の北から左方向に暗斑の縞が形成されています。
色付き白斑の左下の白斑は五つ子白斑に続く6番目の白斑です。年内には色付き白斑の南を通過するのではないでしょうか。

この後雲がかかって終了。

1枚目と3枚目でMAPを作成してみました。
Jup_20211120_map

| |

« いつもの練習コース走 | トップページ | 枯れ葉散る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつもの練習コース走 | トップページ | 枯れ葉散る »