« 狛江の多摩川堤防上最後のダートが舗装されたこと | トップページ | 金星 2021/12/13 »

2021年12月12日 (日)

金星と木星 2021/12/12

北日本の低気圧に向かって南風が吹き込み気温上昇。上空には山岳の風下につるし雲も見られ風が強まっているようです。

Ven_20211212_1629
12月12日16時31分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、1ms、Gain=80、20000フレームを10%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

視直径は46.7秒。モニター上では結構揺れていましたが直焦点撮影2万枚の中から上位10%の良い画像をスタックすることで形状は意外ときれいにまとまります。画像処理ソフト様様です。

Jup_20211212_1643
12月12日16時39分~47分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、3500フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

しかし拡大している木星の模様はそういうわけにはいきません。
たぶん南半球の右端に大赤斑の端っこがほんのり赤く見え、中央には色付き白斑の白い模様が見えますがぼけぼけ。
この後前線の雲も広がってきて気流は悪化の一途で早々に終了。

| |

« 狛江の多摩川堤防上最後のダートが舗装されたこと | トップページ | 金星 2021/12/13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 狛江の多摩川堤防上最後のダートが舗装されたこと | トップページ | 金星 2021/12/13 »