« 携帯食は魚肉ソーセージ | トップページ | カラダ測定2022/01/07 »

2022年1月31日 (月)

木星 2022/01/31

地上は冬型が強まり上空には寒気が流れ込みました。
日没とともに木星を導入しましたが低高度(20度)と相まってアメーバ化寸前の揺れ方でした。

Jup_20220131_1721
1月31日17時17分~25分 D=127mm、F=1500mm、2.5×バロー、ADC、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、15ms、Gain=320、350
0フレームを60%スタック×10、De-rotation、RegiStax 6でWavelet処理

かろうじて大赤斑の赤が見えているので採用。
3月6日の合まで5週間。視直径は33.6秒と衝の頃と比べて3分の2の大きさになりました。合の時でも33.0秒なのでこれ以上は小さくなりません。
この先一週間の予報では冬型の気圧配置が継続しそうで移動高による安定した気流は期待薄です。今日が最後かもしれません。

| |

« 携帯食は魚肉ソーセージ | トップページ | カラダ測定2022/01/07 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯食は魚肉ソーセージ | トップページ | カラダ測定2022/01/07 »