« Satellite Trackerを試す6 | トップページ | Satellite Trackerを試す7 »

2022年4月24日 (日)

ロースぺーサーを忘れていたこと

昨日交換した後輪ホイールの試走で是政橋まで周回。
シフトチェンジがウマく決まらず何度も止まってはワイヤーのテンションを変えて見てもスッキリしない。おまけにスプロケットからチャリチャリ音がする。
何がダメなんだと考えつつ走っているとペダリングで血行が良くなって頭がさえたのか新しいホイールを買った時のことを思い出した。
ハブはシマノの105(FH-5800)を使っていて、今回のは11速化されているハブ。壊れたホイールから外して付け替えたスプロケットは9速。
たしか9速も使えるけどスペーサーが必要だったと思い当たった。

家に戻って調べてみると2019年に買った当時の袋の底にロースペーサー1.85mmが転がっていた。9速で使う時はこれをフリーボディの一番内側(ローギヤ側に入れるスペーサーだから「ロースペーサー」?)に入れてスプロケット全体を外側にオフセットさせる必要がある。

スペーサーを入れたことでスプロケットもしっかり固定されてチャリチャリ音は消え、ずらしたワイヤーのテンションも元の設定に戻して気持ちよくシフトチェンジした。

以前の10速対応の105ハブは9速スプロケットもそのまま使えていたはず。11速化したことでスプロケット全体の幅が広がりスペーサーが必要となったのだろう。
11速なんて必要なのと思ってしまう。ギヤ板は薄くなりチェーンは細くなるので消耗は9速よりも早いし価格は高いので余計に運用コストがかかるようになる。全然ありがたみが無い。
でもメーカーは新しいものを投入していかないと競争に負けてしまう?。ユーザーはそれに付き合わされている?
去年は12速化の商品が出ていた。いるの?そんなの。ロー側の34Tなんてどこで使うの?。ハイ側の11T、12Tなんて回せるの?

9速は生き残っていくのだろうか。今のうちに交換部品をストックしておいて9速ライフが続けられるよう自己防衛するか?
作業が終わるころ、いろいろと値上げのうわさがあるのでまとめ買いをしておいた9速用チェーン5本が到着。これであと4年は安泰。さっそく新しいチェーンに交換。

午後からは雨ふりで試走はせず終了。
昨日はメカトラ、今日は雨ふり。走って気持ちの良い4月なのに不発に終わった週末。

走行距離:33km

| |

« Satellite Trackerを試す6 | トップページ | Satellite Trackerを試す7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Satellite Trackerを試す6 | トップページ | Satellite Trackerを試す7 »