« SV165ガイドスコープを電視ファインダー化する | トップページ | 木星 2022/05/11 »

2022年5月10日 (火)

コペルニクスとエラトステネス

日中はおなじみの薄雲のかかった白空でしたが日差しがあるだけありがたい一日。
夜になっても薄雲だらけで次第に厚みが増してきました。
もはや月しか見えていないので望遠鏡でお月見しました。

Moon_202205101048_4capture_l5_ap237
5月10日19時48分 D=127mm、F=1500mm、Neptune-C II 、SharpCap 4.0、5ms、Gain=200、2000フレームを30%スタック、RegiStax 6でWavelet処理

薄雲越しの撮影でしたが気流はまあまあでちっこいクレーターまで写りました。
左の欠け際がコペルニクス(95km)、右上がエラトステネス(58km)
両者の間にある小さなグレーターの多くはコペルニクスが作られたときに放出された岩塊が落下して作られた二次クレータだそう。

| |

« SV165ガイドスコープを電視ファインダー化する | トップページ | 木星 2022/05/11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SV165ガイドスコープを電視ファインダー化する | トップページ | 木星 2022/05/11 »