« NGC3887、NGC3936、NGC4504など | トップページ | NGC2974、NGC4452、NGC4546など »

2022年5月15日 (日)

三脚の下にぶら下げる重りを作ってみた

3:30起床。
べた曇りですぐに二度寝。

6:00起床。
ヒンヤリと感じるどん曇りの朝で霧雨のようなものが落ちていました。早朝からの自転車走はためらい。最低。

結局昨日は日中しつこくかかっていた前線の雲が夕方になってようやく東にそれて西日が差して来て期待されましたが、直後から風のぶつかりによって発生した低い雲が一気に湧いてどん曇りに変化しISS通過は見られませんでした。
21時頃になって北風に変わり低い雲もばらけ月が見え始めたので望遠鏡を向けてみましたが気流が荒れ荒れで撮影する気にもなれず。

昨日昼間のうちに人工衛星自動追尾時の三脚の安定と振動を低減させるため三脚の下にぶら下げる重りを作ってみました。
使用したのは昔買ってあったリストアンクルウェイトという1.5kg×2の腕や足首に巻き付けて筋力アップ系のアイテム。
2つを付属のマジックテープで合体させて三脚真下のフックにぶら下げられるようにひもでぐるぐる巻きに縛り、丈夫な組紐を繋いで完成。

重りをぶら下げた図
P50_20220514
三脚部 :三脚2.9kg+重り3.0kg+エクステンションピラー0.8kg=6.7kg
望遠鏡部:経緯台1.3kg+望遠鏡3.3kg+カウンターウェイト1.9kg=6.5kg

三脚部の重さが上に乗る望遠鏡部の重さを上回りトップヘビーは解消されました。
これでどれだけ振動が低減されるかだったのですが、天気悪すぎ。



10時過ぎて少し明るくなってきたのでやる気を出して自転車走に出発。
10:30出発~二子玉川~多摩川CR~羽村~根がらみ前水田休憩~多摩川CRで15:30帰宅。

いつもの練習コースでした。昼頃羽村まで進むと雲の隙間から薄日がこぼれてきました。いつもの根がらみ前水田で持参した食料を食べながら弱弱しい太陽光を浴びて休憩。
ちょっとでも太陽光を浴びられて走って来た甲斐がありました。
家に戻れば相変わらずのどん曇り。今夜もISS通過があるのですがたぶんダメですな。

走行距離:102km

| |

« NGC3887、NGC3936、NGC4504など | トップページ | NGC2974、NGC4452、NGC4546など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGC3887、NGC3936、NGC4504など | トップページ | NGC2974、NGC4452、NGC4546など »